ロボット ファン コミュニティサイト = ロボット製作者 と ロボット愛好者 =

ホーム 最新ニュース 初めての方へ コンテンツ紹介 FAQ 掲示板の使い方 お問い合わせ
 
月別過去ログ
楽しむ
読む
知る
学ぶ
買う
サイト情報
三月兎
オンライン状況

30 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが WordPress を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 30

ロボットサイトランキングにエントリーしています。(^^)
ポチっとクリックしてみてね☆
ロボットサイト ランキング
サーバーは、 ここをつかってます。

2007年7月8日(日曜日)

レスキューロボットコンテスト

カテゴリー: - 三月兎 @ 23時43分35秒

レスキューロボットコンテスト
レスキューロボットコンテストを初めて見ました。
面白かったです。

レスコンの見所は、「もどかしい」だと思いました。
ダミヤン(要救助者役の人形の愛称)の傍らまでロボットが行っているのに、救助できそうでできない。
ダミヤンに痛いことをすると、ダミヤンのヒットポイントが減ってしまいます。
ダミヤンにガレキぶつけたり、強く掴んだり逆さづりにしちゃうとHPが減ります。
ロボットがダミヤンを轢いちゃうなんて言語道断です(–;

予選は目視でロボット操作だったけれど、本選ではロボットに搭載されたカメラから送られてくる映像だけで操縦してダミヤンを救わなくてはなりません。
あぁ、考えただけでもどかしい。
とはいうものの、目視だとロボット本体でダミヤンが隠れた時にお手上げになるので、カメラの方が有利な場合も多々あるわけなので、いちがいには言えません。
カメラにしても目視にしても、距離感が掴みづらいのがとてももどかしい・・・

助けたいのに助け出せない、一生懸命ロボットを操縦しているのに思い通りにならない。
そのもどかしさが、レスコン見学の肝だと思いました。
観客は無責任です(^^; すみません。

競技が終わるとチームリーダーにインタビューをする時間があるのだけど、「練習不足でした」という言葉が多かったです。
練習不足で救助できないのは、悲しい・・・ 本気でそう思ってしまうくらい、ダミヤンに感情移入してしまいました。

本選では一人でも多く救助されるといいな と思います。


コメント

RSS feed for comments on this post.

TrackBack URL : http://www.robot-fan.net/modules/wordpress/wp-trackback.php/122

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

12 queries. 0.016 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

ロボット・ファン.net