ロボット ファン コミュニティサイト = ロボット製作者 と ロボット愛好者 =

ホーム 最新ニュース 初めての方へ コンテンツ紹介 FAQ 掲示板の使い方 お問い合わせ
 
月別過去ログ
楽しむ
読む
知る
学ぶ
買う
サイト情報
三月兎
オンライン状況

25 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが WordPress を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 25

ロボットサイトランキングにエントリーしています。(^^)
ポチっとクリックしてみてね☆
ロボットサイト ランキング
サーバーは、 ここをつかってます。

2007年3月30日(金曜日)

予選結果の傾向

カテゴリー: - 三月兎 @ 07時35分47秒
大会 予選1位 予選2位 予選3位
第1回 R-BlueIII 468 YRCドム 432 TA-17 428
第2回 R-Blue IV 379 Adamant 2nd 357 A-Do 350
第3回 R-Blue-4.1 475 Metallic Fighter 468 Brownie02 419
第4回 A-Do 459 OMNIHEAD 454 HSWR-03 431
第5回 OmniStriker 406 Metallic Fighter 397 ヨコヅナグレート不知火 384
第6回 A-Do 322 OmniCovered 307 HSWR-05 262
第7回 DYNAMIZER2 429 OmniZero 388 Arichyon 386
第8回 ARIUS 413 Dynamizer 408 R-Blue 388
第9回 OmniZero.2 437 アリキオン 416 ダイナマイザー 415
第10回 AFURO(A-Do Type10) 414 トコトコ丸 405 Neutrino X 396
第11回 OmniZero.4 453 マジンガア 432 キングカイザー 409

過去大会の予選上位を集計してみました。
Omniが予選1位3回目だったのは、判っていたけれど。会話している中で、A-Doって3回だっけ? 4回? とちょっと自信がなくなりました。
これだけたくさんのロボットが出場していて、11回開催中1位をR-Blue、A-Do、Omniの3名で独占しているとゆーのは、すごいですね。
それだけ、予選は得手不得手が出やすいということでは? と思います。
1位のみで語れば、3名がタイ記録ですが。
Omniは上位率が非常に高い。ちなみに8回大会は4位。10回大会は19位でした(<センサーがうまく働かなかった)。

今回の予選は、規定演技に「ぞうきんがけ」選んだ人多かったです。
ばっさり言っちゃいますが、誰もが思いつくようなことをやっていては、予選を通過するのは難しい。とゆーレベルになっている。
予選に求められているのは、ロボットの性能+デザイン+プレゼンテーション。
Robo-One大会の予選は技術者としてのスキルだけではなく、人間力も試されているのです。
“人間力”は観客席でネタになったキーワードだったり。

私はRobo-One大会の一番の見所は予選だ! と思っているので。
次回のテクニカルカンファレンスには、この3名様に予選をテーマに語っていただきたい。
などと思っちゃいます。


2007年3月29日(木曜日)

66キロを動かすロボット登場

カテゴリー: - 三月兎 @ 10時36分04秒

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070328-00000124-mai-soci
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070329-00000007-maip-soci.view-000

[記事引用]
 30キロの荷物を抱え上げたり、横になった66キロの人体模型を抱き寄せる人型ロボットが28日、東京都文京区の東京大で公開された。腕や腹など全身の人工皮膚に約1800個の触覚センサーを埋め込んだ世界初のロボットで、物をわずかに浮かせ、「せーの」と一息で引き寄せる、人と同じような動きが特徴だ。
 ロボットは国吉康夫教授(知能機械情報学)と大学院生の大村吉幸さん(27)が開発した。身長155センチ、体重70キロ。人体模型を引き寄せる場合、ベッドにひざを押し当ててテコの原理を使い、瞬発力で動かす。この方法で、ロボット本体の重量の約10分の1が持てる重さの限界という従来の常識を破った。
 「モーターを大きくすると家庭では危険。一つの関節は小さな力しか出ないが、触覚で持ち方を制御し、重い物を動かすことに成功した」と国吉教授。引っ越しシーズン真っただ中だが、いずれは「プロ並みの技能」で荷物運びや介護の現場に役立たせたいという。
[–引用終了]

すごいー。
「動かす」と「持ち上げる」、「持って歩く」の壁は大きいだろうけども。
またひとつロボットが進化したのね。

動いているところを見たい!
ロボット・ウォッチに動画掲載されるかなー。わくわく


2007年3月28日(水曜日)

どきどき ばくばく

カテゴリー: - 三月兎 @ 07時20分27秒

朝起きて、吉日日記を読みました。

石川さんがビッグボスに直談判したそーです。
「有志がDVDを作るのはかまわない。作って配布するなら委員会に「こんなの作ったんですが・・・」と一言連絡が欲しい。」
ほんと? ほんと?

私もその場にいたかったよー(><)

勇気を出してボスにメールをしたら、道が開けるのでしょうか?
誰か私に勇気のタネをください。


2007年3月27日(火曜日)

第11回Robo-One大会 予選動画

カテゴリー: - 三月兎 @ 22時42分16秒

ロボットウォッチに第11回Robo-One大会の予選レポートが掲載されています。
by 森山さん

動画も盛りだくさんです。

次回本戦出場を目指すためには、ライバルの予選デモンストレーションのチェックは超重要。
「人の役にたつ」という規定課題は、参加者にとっては漠然としすぎていて、内容を考えるのが難しいかもしれないけれど、いろんなアイデアが出ると観客は楽しいです。
次回も同じ規定があるとしたら、ここに紹介されてないものをガンバって考えて、観客(&審査員)を楽しませてほしいなー と思います。


2007年3月25日(日曜日)

第11回Robo-One予選

カテゴリー: - 三月兎 @ 00時44分38秒

第11回Robo-One大会予選を見てきました。
100体のロボットのデモンストレーションは見ごたえありました〜〜。

早速、第11回Robo-One大会予選リザルトをアップしています。
もひとつ、好き勝手〜〜〜に観客席で呟いている兎のRobo-Oneレポート

いやぁ、先日人前でロボット動かそうとして、(^^;;な思いしたばっかりなんで。
ロボットをちゃんと動かすのって、すっごくすっごくタイヘンなんだよねっ
って思ったうえで、それでも好き勝手ゆっちゃう〜〜〜、、、のでした。

今回もほんと楽しかったです。明日の本戦も期待しています(^^)/


2007年3月24日(土曜日)

待機中

カテゴリー: - 三月兎 @ 07時13分53秒

おはよーございます。三月兎です。

夜行バスで朝イチに東京着。
東京駅から水道橋に出るのに、御茶ノ水で総武線に乗り換えなきゃいけないと思って、電車を30分待ちました(;_;)
中央線の快速は、水道橋に停車します・・・しくしく

とゆーことで、今は、ネットカフェで待機中。
みなさんが到着するのを待ってまーす(^^)/

では、のちほどお会いしましょう☆


2007年3月20日(火曜日)

OmniZero.4

カテゴリー: - 三月兎 @ 17時26分08秒

先週、土曜日にロボプロステーションがオープンしたのは、お伝えしたとおり。

控え室では前田さんのOmniZero.4が注目浴びまくっていたです。
「ロボプロステーションに前田さんが常駐していたら、ユーザー数増えますよー」って、私は思うんだけど、難しいでしょーかねー(笑)

ロボットウォッチに、ロボプロステーションの記事が掲載されました。
OmniZero.4の動画も掲載されてますよ〜〜。

私のお気に入りはRB2000の2on2サッカーです。
効果音ってほんとに効果ありますね。
見ている時の面白さが全然違います。


ロボットを動かす。

カテゴリー: - 三月兎 @ 01時35分03秒

先日、人様の前で、ロボットのお話をする機会がありました。
茶話会の茶飲み話ってノリで。
まぁ、せっかくの機会ですし、ホビー用の二足歩行ロボットを見たことのある人はいないだろうから、実物を動かして見ていただこう〜〜。
と思ったんですけど。

準備不足で動きませんでしたー、、、、_no
ごめんなさい。

ロボットを動かすのって、ほんっとにタイヘンなのね!!
考えてみたら、私、ロボットを動かしたことって、数える程しかないんですよ。

あ、まー、当たり前なんですけど。
私はロボット製作者じゃないですし、、、(^^;;;

とゆー言い訳を自分にしたところで、「いっつもえらそーなことゆってるのにさー」と、ココロで突っ込み入れまくりで、めちゃくちゃ恥ずかしかったです(><)

自分で作ったロボットを動かしている人達は、みんな偉いっ。
いつもそう思って応援してきたけれど、週末のROBO-ONE大会は初心に戻って応援できます。

みんな頑張ってね☆


2007年3月17日(土曜日)

ロボプロステーション

カテゴリー: - 三月兎 @ 19時55分48秒

今日、関西にロボプロステーションがオープンしました。
早速、見に行ってきました。

広さも十分。
家庭にはなかなか置けないような、工具の貸出もあって、
ロボット製作者の方達には、よい集会場になりそうです。
最初の3ヶ月は無料。それ以降は、ユーザーさんの意見も聞いて検討するらしい。
まぁ、月1回の公開なんだけど。
大勢の方が活用して、要望だしたら、公開日が増えるかもって話だし。

なんかねー、
早速控え室で、最近ロボットはじめた方が、パワーユーザーさんにいろいろ質問していたりして。すっごくいい雰囲気でした。

前田さんのOmni4の盗撮会とか(笑)

関東や九州に続いて、関西にもこーゆー場所ができたのは、本当に喜ばしいことです。
みんなで大切に活用していってほしいなー と思いました。


2007年3月12日(月曜日)

楽しんでやるとゆーこと。

カテゴリー: - 三月兎 @ 21時10分05秒

私はよくロボットのイベント会場に行って、客席からロボットを見ることが多いです。
そうすると子どもが「ロボット作りたい」と親に言うのを見ることもあるです。
すると保護者の方が、「すごく頭がよくなきゃできない」とか、「いっぱい勉強したらね」とか、「作るのに1億ぐらいかかるぞ」とか(^^;;
ゆってたりするんですよねー。

大人って、子どもに勉強しろってゆーのに、どうして、
「勉強すると、こんなに楽しいことができるようになるんだよ」というのを、教えないんだろう。

せっかく子どもがやりたいってゆーのなら、楽しく遊んでるつもりでうっかり勉強しちゃってるとゆー方法もあるのになー。
もったいないなー と思うのでした。


2007年3月8日(木曜日)

動画配布について

カテゴリー: - 三月兎 @ 01時44分13秒

2002年に、二足歩行ロボット格闘競技 第1回ROBO-ONE大会が始まりました。
第1回大会は参加者38名。前回の第10回大会は113体のエントリーがありました。

つまり、現在では、第1回を知らない参加者の方が多いわけです。
第11回大会は、後楽園ホールで開催。一般の入場者も多いでしょう。
そうしたみなさんに大会をより楽しんでほしい。そのために、私に何ができることないかなー と考えて、これまでの大会を紹介するダイジェスト動画を作成しました。

各大会の予選3位〜1位のデモンストレーション。決勝と3位決定戦をピックアップして編集しました。これを見ると、どんなロボットと製作者が、大会の歴史を築いてきたのかが判ります。第11回大会へ向けて、予習/復習にご利用ください。観戦の楽しさが倍増すること、間違いなしです。

特別編として、「メタちゃん成長記録」も用意しました。
森永氏が製作するMetallic Fighterは、第1回大会から参加して、ロボットのデザインは変えずに性能アップしていくというコンセプトで開発されています。メタリックファイターの成長記録を見ると、二足歩行ロボットの進化を感じることができます。

私自身、歴史動画を編集していて懐かしくって楽しかったです(^^)ノ

希望者は、動画配布サービスから詳細を確認してください。

もひとつ。大事なお知らせがあります。

Robo-One公式委員会のプレスリリースに、「有料配布目的の動画撮影禁止」と記述されています。なので、第11回Robo-One大会の動画はロボット・ファン.netでは行いません。

これまでの流れで期待される方もいらっしゃるだろうなー と思うので、事前にお伝えします。

「今まで、ありがとうございました」のご挨拶。


2007年3月6日(火曜日)

投稿の規制について

カテゴリー: - 三月兎 @ 07時15分52秒

三月兎@管理人です。

先日、掲示板へのスパムがあまりに多いので、投稿権限をユーザー登録してくださった方にしました。
そうしたら、イベントレポートのコメントにスパムが移動しました。
コメントに権限を設けたら、イベントレポートがスパム対象になりました・・・_no

私は、多くの方が気軽に発言できるようにしたいから、ユーザー登録の強制をしたくないのに、、、、(><)

訪問者の方の発言よりスパムが多く、その削除に追われてしまうのなら、もうどうしようもないです。
とゆーことで、イベントレポートの投稿もユーザー登録してくださった方限定になりました。

ごめんなさい。


2007年3月4日(日曜日)

オタクが世界に広がる

カテゴリー: - 三月兎 @ 22時30分57秒

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070304-00000612-reu-ent

政府が、外国人観光客向けにに日本のアニメや漫画のサブカルチャーの中心地である東京の秋葉原の無料ツアーを提供しているらしい。
多国籍の旅行者が、ガイドに先導されて、アキバの裏道にあるアニメ系ショップやフィギュア、コスプレショップに行くそうだ。

ぜひ、ロボットショップにも案内してもらって、日本のロボットの魅力を伝えてほしいなぁ。。。。


2007年3月3日(土曜日)

パーフェクトセンサー!?

カテゴリー: - 三月兎 @ 11時10分51秒

“パーフェクトセンサー洗浄機能”って、なに?
ウォシュレットや食洗機、洗濯機に“パーフェクトセンサー洗浄機能”があるのなら、
ほほぉ〜〜〜 と。
具体的に何使ってる判らなくても、なんかセンサーを使って洗浄状態をチェックしているのだろう・・・たぶん。とか、思うんだけど。

“パーフェクトセンサー洗浄機能”の働きで、どんな肌悩みも理想の洗い上がり!

洗顔器ならまだ判る・・・

実は、“パーフェクトセンサー洗浄機能”は、洗顔パウダーに搭載(?)されている。
ようするに「洗顔石鹸」。パウダーだから、粉石鹸。

私はガンバってネットで“パーフェクトセンサー”を検索したけれども、実体が掴めなかった。
くやしい。


2007年3月2日(金曜日)

イノベーション25戦略会議

カテゴリー: - 三月兎 @ 10時51分34秒

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070227-00000019-san-bus_all

2025年までに実現可能な技術。
「走れば走るほど空気をきれいにする自動車」
「土砂・洪水水害予測で被害の劇的減少」
「カプセル1錠で寝ながら健康診断」
「家庭ロボットで家事から解放」
「自動翻訳ヘッドホンで言葉の壁が解消」

実現に向けた戦略を5月末にまとめる最終報告に盛り込む。

ロボットに関しては、
家庭にロボットがいることが前提。

会話するロボット「イノベー」が掃除や風呂わかし。夕刻、自室で在宅勤務を終えた母に家事を報告し、居間では103インチのディスプレーに留学先の長女の元気な姿が映し出された。
<asahi.comから引用>

一番、実現が近そうなのはどれかなぁ・・・


2007年3月1日(木曜日)

今夜 Weird-7とかづひさんが NHKに登場!!

カテゴリー: - 三月兎 @ 09時56分32秒

NHK総合テレビ 22:00〜

プロフェッショナル =仕事の流儀=

シリコンバレー、疾風怒濤(しっぷうどとう)
〜技術者・渡辺誠一郎〜

世界中から超一流のエンジニアが集うハイテク産業の聖地・シリコンバレー。その中で生き抜く日本人技術者・渡辺誠一郎(56)の仕事を追う。
もともと、日本で働いていた渡辺だが、一念発起し46歳のとき、この地にベンチャー企業を立ち上げた。世界初の高速無限連写機能を誇るデジタルカメラの心臓部や、ハードディスク・ムービーカメラのコア技術を生み出すなど、高い評価を得てきた渡辺。現在、ベンチャー企業のCTO(最高技術責任者)として、競争が熾烈(しれつ)な半導体業界の荒海をこぎ続ける。
シリコンバレーでよく使われる言葉は、「ブレイクスルー」ならぬ「マドルスルー」。出口が見えない泥の中をもがき続けながら、解決策を見つけるという意味だ。
今、渡辺は“破壊分子”と呼ぶ個性的な部下たちと、デジタルカメラの新しい楽しみかたを提案した、ある新規機能開発の「マドルスルー」に挑んでいる。
国際見本市までの1か月に密着し、熾烈な技術開発の裏側を描く。

という渡辺さんの「破壊分子と呼ばれる部下」としてかづひさんがWeird-7 & 72と共に出演します。

再放送
・NHK総合テレビ (月)16:05〜
・BS2 (水)17:15〜
・NHK総合テレビ (木) 1:10〜 (水曜深夜)

3年ぶりにTVのアンテナ接続完了!!
「テレビって映るんだー」と感動した三月兎です。<<以前の部屋はアンテナ繋いでも映らなかった(^^;


10 queries. 0.052 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

ロボット・ファン.net