ロボット ファン コミュニティサイト = ロボット製作者 と ロボット愛好者 =

ホーム 最新ニュース 初めての方へ コンテンツ紹介 FAQ 掲示板の使い方 お問い合わせ
 
月別過去ログ
楽しむ
読む
知る
学ぶ
買う
サイト情報
三月兎
オンライン状況

25 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが WordPress を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 25

ロボットサイトランキングにエントリーしています。(^^)
ポチっとクリックしてみてね☆
ロボットサイト ランキング
サーバーは、 ここをつかってます。

2006年10月29日(日曜日)

関経連 ロボットフェスタ

カテゴリー: - 三月兎 @ 21時31分07秒

関経連ロボットフェスタに行ってきました。
60体のRobovie-iが揃うというのは、なかなか壮観!! でした。
ワンメイクのロボット大会としては、最大規模だと思います。

関西の子供たちって、マニアだと思いました(笑)
今回、エキシビションの招待選手として、メタリックファイター、トコトコ丸、アフロ、OmniZero.2、繭、キングカイザー、ガーディアン、WRと、そうそうたるメンバーが揃っていました。
招待選手が登場すると、子供が言うんですよ。
「お父さんっ! また有名なロボットがきたよー」って。

ロボプロファイトで、アフロとトコトコ丸がバトルした時なんて、マイク握っている実況中継のお兄さんに向かって、ロボットの解説を始める観客がいましたから(笑)

メインのRobovie-iは、トコトコ相撲トーナメント、100cm走、モーションコンテスト、プレゼンコンテストと多彩な盛り上がりをみせていました。

次世代ロボットで展示されたアクトロイドは新型機でした。
やった〜〜〜(^^)
気になるウエストラインは、写真でみた時より細かったです。

盛りだくさんのイベントで、とっても楽しかったです。
子供達がみんなとても楽しそうで。
このイベントを通じて仲良くなった子供達が、ロボットで一緒に遊んでいるのもすごく微笑ましくてよかったです。
この子達が、これかもロボットを続けてくれたら、嬉しいなー って思いました。


2006年10月27日(金曜日)

RB2000カスタムバージョン

カテゴリー: - 三月兎 @ 21時12分18秒

まだ発売前のRB2000のカスタム動画が届きました。

あちこち(?)からのリクエストに応えて、鉄棒から、後方宙返りで飛び降りています。
最近の二足歩行ロボットは、運動神経いいですねー。

他にも、思わず(^o^)な動画が届いているのです。
公開は後日。お楽しみに〜〜☆


2006年10月26日(木曜日)

中国のロボット事情

カテゴリー: - 三月兎 @ 13時46分15秒

ロボットウォッチに2006年中国国際机器人(ロボット)展覧会のレポートが掲載されている。

んで。
どっかで見たようなロボットのポスターやら展示やら。

実は、1ヶ月前に
ttp://www.hangood.com/index.html
とゆーURLを受け取っていて。
どうしたもんかなー と思いつつ、放置してたのねー。

RoboOne委員会には報告した方がいいんだろうなー と思いつつ。

私なら、サイトデザインはもうちょっと選んでパクるけどな・・・(^^;
そういう問題じゃないって(爆)


2006年10月25日(水曜日)

ロボット専門サイト「Robonable」オープン

カテゴリー: - 三月兎 @ 21時36分43秒

日刊工業新聞社がロボット専門サイト「Robonable」(ロボナブル)を10/20にオープンしました。

“Robonable(ロボナブル)”って、“Robot”の“Robo”に、「できる」という意味の“enable”をプラスした造語だそうです。
「ロボットで、いろんなことができる」と意味があるんですね。

春にロボットのニュースサイト、ロボットウォッチができて。
夏にホビーロボット専門誌の「ロボットライフ」が創刊。
同時にROBOLEPもオープン。
名古屋にはロボットミュージアムもオープンしましたし。

にぎやかになってきましたねーーーー。

これまで、ロボットに関しては、企業さんが大々的にニュースになるか、技術系の方が個人で情報発信してきました。
それだとどうしても技術者同士の情報交換になってしまうんですね。

「技術者同士の情報交換」はとても大切なことだけれど、それだけだと、「技術から生まれた製品を使う人」が置いてきぼりにされてしまうし、ユーザーの意見が製品に反映されるのは、ワンテンポどころか数テンポ遅れになってしまう。

ロボットに漠然と興味と夢を感じている“ふつーの人”が、「ふぅ〜〜ん、今のロボットってこんな感じなんだー」って、なんとなぁ〜〜く肌で感じることができる場が、こうやって少しずつ増えていけばいいなぁ……(*^^*) と思います。

ロボット・ファン.netは、管理人がロボットに関する専門的知識がないゆえに、技術者ではない「ふつーの人」が、気軽に遊びにきてくださるサイトです。
いろんなジャンルでロボットに携わっている方、深〜〜くハマっている方からちょっと興味もった方まで「ロボット・ファン」として交流できる場になったら嬉しいなぁと思っています。

ロボットのいろいろな可能性を伝えるサイトになれたら嬉しいですね。


2006年10月24日(火曜日)

第1回水中ロボコンの記事

カテゴリー: - 三月兎 @ 10時28分14秒

ロボットウォッチさんに、第1回水中ロボコンの記事が掲載されました。

動画も載っているから、見てみてー。
鯉が可愛いのーー。
私の一押しお気に入りです(*^^*)


2006年10月23日(月曜日)

LAWSON TICKETでRobovie-iをゲット!

カテゴリー: - 三月兎 @ 21時50分43秒

関東・甲信越のローソンで配布されている無料冊子「LAWSON TICKET」の懸賞コーナーで、Robovie-iのプレゼント告知が載っています。

限定1名様! に
Robovie-i ゴールドが当たります。

Robovie-i工作教室参加券もついてるから、初心者も安心(^^)

当選者は、SISOさん発案のRobovie-2000 i に改造してほしいなぁ〜〜☆
ぜひっ!


2006年10月22日(日曜日)

NHKロボコン2006

カテゴリー: - 三月兎 @ 23時10分00秒

NHKロボコン2006 近畿地区大会を見てきました。

最初の試合が2体とも一個めの障害をクリアできずにいたので、どうなるんだろう〜〜(^^; と心配してしまいました。
NHKロボコンて、毎年TVで放映するけど、やっぱりあれはいいとこ撮りで、実際はほとんど動かないロボットばかりなのかなー なんて。

けど、心配は杞憂でした。面白かったでーす(^^)

今年は「ふるさと自慢特急便」とゆーことで、各産地の特産品をロボットがスタートからゴールまで、障害を乗り越えながら運ばなくちゃならない。
ロボットだけじゃなく、オブジェクトも力いれて作ってます。
大きな梅干。金魚。自ら鍋を被った猪。風景を模した見事な箱庭・・・特産?
一刀彫の奈良の大仏。奈良の大仏って特産品? (^^;
そーゆーお国自慢も面白かったですねー。

NHK総合テレビで放映があるです。
11/23(祝)総合13:05 各地域で各地方予選を放映。

競技の最終課題は、ロボットが縄跳びしてました。3重跳びするロボットもいました。
まぁ、二足じゃないし。何でもありだから。比較にはならないんだけど。
逆に何でもありの方が観客としては、面白いのよねー。
なにやってくれるかな〜〜 って楽しみだから。


2006年10月21日(土曜日)

第1回水中ロボットフェスティバル

カテゴリー: - 三月兎 @ 23時18分19秒

神戸で開催された第1回水中ロボットフェスティバルを見てきました。

水の中をぐんぐんすいすい進むラジコン潜水艦、魚そっくりの新鯉やGrowFish、ヒレをはためかせて泳ぐイカロボット。
たくさんの水中ロボットを見てきました。

ホームページで動画を見たことはあったけれど、実際に水の中で泳ぐ(?)様子は見ているだけで楽しかったです。

今回は技術交流会がメインということで、すごくアットフォームな会でした。
水の中をゆらゆら泳ぐロボットと重なって、ゆったりした気分で1日、ロボット見学ができました。

ロボット製作者の方は、ロマンティストが多いなぁ〜 と常々思っていますが、+海になると、果てしなくロマンが広がりますね。

来年以降、コンテストも企画しているということです。
難しいジャンルだけに、今回のような交流会やコンテストを通じて、多くの方に水中ロボットの意義や重要性を伝えて、若い方がどんどん参加できるようになるといいなぁ と思います。


2006年10月20日(金曜日)

テクノオーシャン2006

カテゴリー: - 三月兎 @ 23時14分20秒

神戸の国際展示場で開催されているテクノオーシャン2006に行ってきました。

水中ロボットは初めて見るので、とても興味深かったです。
といっても、今日は展示のみだったんですが、、、。

ロボット系の方は、ジャンルに関わらず熱い人が多いです。
水中になると熱くて深いって感じ。
熱のこもったお話を伺えて、とても楽しかったです。

世界中の海に、2500基の水中ロボットが浮遊している・・・というのは、初耳ですごく面白かったです。
海流に乗って浮き沈みしながらデータを集め、気象の長期予報に役立っているそうです。

水中で活躍するロボットの開発には、地上で動くロボットとは異なる課題がたくさんあるのは、素人の私にもわかります。
私が想像する以上の難しさがあるんでしょう。
これから、ロボット開発が進んで、海の中のデータを収集できるようになったら、どんなことが起こるんだろう。

未知のお話を聞くと、とてもワクワクします。

明日は、神戸で第1回水中ロボットフェスティバルが開催されます。
今日見たロボットのうちのいくつかが、明日、水中で稼動するところを見ることができるので、とても楽しみです。


2006年10月18日(水曜日)

RB2000の動画をアップ

カテゴリー: - 三月兎 @ 08時17分45秒

RB2000が派手に大車輪を決めて、早速ニュース等で話題になっています。
見せ方がうまいですねー。

鉄棒は、手で握っているわけではなくて、RB2000のフレームに棒を通しているわけです。
これはもぉ、「やったもん勝ち!!」ですよー。
派手だし格好いいし、動画映えするから、メディアさん大喜び。
ただし、新聞社系の方は、「速すぎて写真取れないー(><)」と言っていたけど(笑)
いや〜〜〜、ほんとくるくる回転が速いんだもん。

けど。RB2000のウリは大車輪ができること、じゃなくて。
やっぱり基本性能だと思う。

バッテリー搭載時、1.1kgという軽量ボディ。
13軸という自由度で、歩行〜前転、後転、側転までこなす運動性能。
共通フレームで19軸のRB1000を始め、2軸単位で拡張可能。

最大30軸まで制御できるCPUボードは、USB接続可能で通信速度向上。
プレステのゲームパッド変換コネクタが標準で付属していて、操縦がカンタン。

動画で紹介したように、音声出力機能を搭載してあって、ロボットの動きに同期して音声再生が可能なのねー。最大2WのD級アンプ内蔵で、スピーカを接続するだけで音が出るらしい。

拡張基板が抱負で、ジャイロ/加速度センサ基板、LED基板、アナログ入力基板、デジタル入出力基板などの販売が予定されている、と。

ここらへんの情報は、ロボットウォッチやロボコンマガジンに詳細記事が出るのではないかと。楽しみ楽しみ。

RBシリーズの「初心者がカンタンに始められて、スキルを積んだらどんどん拡張していける」というコンセプトは嬉しい。
RB300なら、小学生から始められるものね。

発売は11月下旬〜12上旬。
今は、ヴイストンで予約受付中。
たぶん初期ロットはあっという間に、売り切れちゃうでしょうねー。
欲しいなー って人は、早めに予約しないとお正月に遊べないです。

こちらで予約受付中。
RB2000詳細ページ&予約受付

動画は、RB2000 鉄棒競技 大車輪で10点満点

歩行のモーションはちょっとしか紹介していないけど、どうやって歩いているかは要チェック!

そうそう。
「取説はとても判りやすくなった」というコメントをいただきました。
期待したいところですね(^^)


2006年10月16日(月曜日)

ロボット動画をアップしました。

カテゴリー: - 三月兎 @ 08時37分30秒

最近、ロボット動画の更新が滞っていてごめんなさい。
あ、いつの間にか、「週1更新」の看板が外れているし(笑)
久しぶりにアップしました。

DVD編集の方はどうなっているの〜〜〜 と、気になっている方も、いらっしゃるかもしれません。
これがねー、進んでいるんですよ。ぼちぼちだけど。
とりあえず、予選は終了。
バトルに取りかかっておりますよー。

いつもなら、配布アナウンス出してもいいような進捗状況なんです。
どうしたもんかなー と逡巡しているわけですが。ま、いろいろとね(^^;

頭痛いのは、マスター保存用のHDDがエラーを起こしていて、データが読めない、と。困った困った(><)


2006年10月14日(土曜日)

アクトロイド-DER2

カテゴリー: - 三月兎 @ 00時38分21秒

愛・地球博のガイドロボット、アクトロイドが新型になったというニュース
ロボット・ウオッチさんの写真を見ると、ほんと小顔で可愛い。
素足を出してミニスカートOKになったとゆーのは、これからいろんなところで活躍で
っきるようになるんだろうなー って思う。
マネキン代わりにショーウィンドウに置いても話題になるし。
コストパフォーマンス、あうかなー??

あちこちのブログを見ると、反応が様々でおもしろいです。
リアルすぎて気持ち悪いとゆー人、萌えてる人、もっと萌えたい人(笑)

私はまだ実物を見てないので、写真と動画を見ただけの感想。

ウエストが太い。

だってー(笑)
モデルさんやアイドルって、「ありえない〜」ってくらい細いのが標準でしょ。
SFやアニメに出てくる女性型ロボットのウエストはそれ以上に細い。
実在ロボットの例でゆーと、高橋さんのFTだって細く見せることに苦心している。
ついでにゆーと、FTの場合、背中ラインにフェチ入ってる。
なんのかんおゆって、ウエストラインって、女性型ロボットつくる上で、こだわりポイントだと思うのよねー。

たぶん、アクトロイドも相当がんばって細くしていると思う。
で、実現可能なのがこのラインかー・・・と。

私は、このラインは、人間ぽくてよいと思うのね。
モデル体系や男ドリーム全開の女性型ロボットにしたら、「リアル人型」ってゆーのと
はちょっと違ってくる気がする。
なんか見ていて親しみと安心感があるですよ。あのウエストライン。

アクトロイドの音声認識には、株式会社アドバンスト・メディアさんの技術が採用されています。ロボット・ウォッチさんに「音声認識技術を利用したコミュニケーションインターフェース」の記事が掲載されているので、読んでみてみて。


2006年10月12日(木曜日)

トヨタ わくわくワールド

カテゴリー: - 三月兎 @ 07時06分07秒

トヨタ わくわくワールドが10月9日に開催されました。
ロボットウォッチに記事が載ってます。

イベントの参加者は、トヨタ技術会の方々。トヨタの社員さんが任意で集まる親睦団体。とゆー括りの中で、37体もロボットが集まるとゆーのがすごいです。
すごい人が集まって、車作ってるのねー。

写真と動画を見ると、二足歩行ロボットがバーを使って谷越えしたり。
カゴを運んだりしている。
「二足歩行ができる蛇型ロボット」や二足歩行する3脚ロボット。
面白そうなロボットがたくさん〜〜。

読んでて、わくわくしました。


2006年10月10日(火曜日)

国際ロボット・ファン.net

カテゴリー: - 三月兎 @ 06時49分12秒

掲示板に、国際ロボット展の紹介をいただきました。

リンク先を拝見したら、海外サイト〜。
英語じゃないとゆーのは、わかるけど、何語? というのが判らない・・・
せっかく情報くださったのに、ごめんなさい>>roboticsさん

どうやら、ロシア語らしいです。

なんだか、サイトが国際ロボット・ファン.net って感じで嬉しい〜〜(^^)


2006年10月5日(木曜日)

国際フロンティア産業メッセ 2006

カテゴリー: - 三月兎 @ 21時33分30秒

国際フロンティア産業メッセ 2006
神戸国際展示場で開催されている「国際フロンティア産業メッセ 2006」に行ってきました。
ロボット・ウェアラブルコンピュータステージを中心に見てきました。
関西はロボットが盛んなんだなー と改めて感じました。

自分の興味がホビーロボットから、他の分野にまで広がっていくのが楽しいです。


2006年10月3日(火曜日)

ラジコンマガジン11月号

カテゴリー: - 三月兎 @ 12時06分56秒

朝イチで宅配便のおにーさんが届けてくれました。

今、ラジコンマガジンには、ビギナーによるビギナーのためのロボット入門「Y.ROBOT(ワ〜イ! ロボット」が連載されていて、RB1000の組立レポートが掲載されています。
んでね。
ライターさんは、ロボット・ファン.net「二足歩行ロボット組立キット RB1000 組立解説講座」をちょこっと参考にしてくださったそうなのです(*^^*) 嬉しー。
そのご縁で、ラジコンマガジンの「遠隔制御電脳網」コーナーにロボット・ファン.netを紹介していただけたのでした。わーいわーい。

・・・RB1000講座が頓挫していて、ごめんなさい(><)
えっとー。。。
ラジコンマガジンさんのRB1000連載が、あと2ステップで組立終了ってことなので、私もそれに遅れないように更新しますっ。
・・・2ステップって、連載2回分だよね?
年内まで時間あるよね? ね?

KHR-1は、ロボット・ファン.net内では中途半端ですが、「兎姉 KHR-1にチャレンジ!!」ではイベント参加まで完結してまーす。
「この連載を読んで、ロボット道にハマった」なんて嬉しーことゆってくださる方も、いらっしゃいます(*^^*)
11月には、ロボットフォースさんのイベントもあるし。サイトを読んで興味が湧いたら、ぜひイベント会場にも遊びに来てください!!


10 queries. 0.056 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

ロボット・ファン.net