ロボット ファン コミュニティサイト = ロボット製作者 と ロボット愛好者 =

ホーム 最新ニュース 初めての方へ コンテンツ紹介 FAQ 掲示板の使い方 お問い合わせ
 
月別過去ログ
楽しむ
読む
知る
学ぶ
買う
サイト情報
三月兎
オンライン状況

24 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが WordPress を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 24

ロボットサイトランキングにエントリーしています。(^^)
ポチっとクリックしてみてね☆
ロボットサイト ランキング
サーバーは、 ここをつかってます。

2007年11月21日(水曜日)

デザインと機能

カテゴリー: - 三月兎 @ 22時15分41秒

ユニバーサルデザインに興味があります。
ユニバーサルデザインの概念は、老若男女障害者も健常者も全ての人にとって使いやすいデザインであること。

んで。
いきなりなんですが。

私は最近のトイレにとまどうことが多い。
小洒落たお店は、トイレまで小洒落ている。
内装だけではなく、便器もデザイン便器(?)でお洒落。
そーゆー洒落た便器は、ぶっちゃけた話、用件がすんだ後に、水を流そうとして「??」となることが多い。
一見、どこに水洗があるのかわからない。水タンクにはなく、壁にリモコンがついていることもある。タンクにそれとわからぬような「美しいデザイン」で搭載されていることもある。

これがオブジェなら、デザインとして美しくてOKなんだけど。

モノは便器です。実用品です。誰が使うのかわかりません。

40代の私は使えます。私よりもっと年配の方は大丈夫でしょうか? 小学生の子は、このトイレを使えるの?
それよりもっと切実なのは、目の見えない方は、こうしたトイレの使い方をどのように理解するのでしょうか?

目の見える私が、水タンクの周りを見回し、壁を見回し、あちこちのボタンをこれかな? と確認するようなトイレ。通りすがりの誰かに助けを求めることができないトイレの個室で、目の不自由な方はどのようにして水を流すのだろう?

かつてトイレの種類は、和式・洋式くらいで。
和式なら、ここ。洋式ならここ。と、水の流し方はほぼ決まっていた。
まれに天井から垂れ下がっているチェーンを引っ張る式のトイレもあったけども。

最近のトイレはどんどん高機能化されていて。
個室にはいった途端、洋式トイレの蓋があいたり、勝手に水が流れたりする。
そこまで至れり尽くせりしなくても…… という気もするけど。まぁ、それはいいとしよう。

けれど、機能をよそにおいて、見た目のデザインに拘って、万人にとっての使い勝手を無視するのは、デザインとして間違っている。
機能美というのは、ユーザーにとって使いやすいデザインをいう。見た目の美しさ優先でユーザーに負担をかけるようなものはデザインとして間違っている。

便器はオブジェじゃない。切実な道具なのだから、使うことを前提としたデザインをしてほしい。

−なぜこれが、「おたわごと?」じゃなくて、ここに書かれているかとゆーと、ユニバーサルデザインとロボットとの関係にとっても興味があるからなのです。−


2007年7月29日(日曜日)

成層圏へ飛び出そう。

カテゴリー: - 三月兎 @ 14時08分21秒

風船に、カメラとビデオとGPS、無線装置をつけて空に飛ばしたら、上空28km前後に到達したらしい。。

http://www.makezine.com/blog/archive/2007/07/successful_high_altitude.html#more

私もやってみたい。

その時は、もちろん、ロボットも乗せる(^^)


2007年7月14日(土曜日)

一歩前進

カテゴリー: - @ 00時18分16秒

ロボット・ファン.netにMyブログ計画。

パーマネントリンクができたので、一歩前進。
嬉しい:-D

1)Permalinkの設定が可能

2)ユーザーさん毎に背景やタイトルが付けられるようになるといいなー
3)RSS2でいままでのブログデータを移行できる
4)携帯メールから画像を含めて投稿ができる
5)携帯からアクセスすると携帯用の画面になる

3ができたら嬉しいなぁ。

4、5もできるという情報あり。
便利な機能に私がついていけないのが、一番問題(^^;


2007年7月12日(木曜日)

努力中です。

カテゴリー: - @ 10時36分30秒

テスト・・

ロボット・ファン.netのサイト内に
ユーザーさんのMy ブログができたら楽しいかなぁ??
と設定を確認して、テスト中。

んーー??
できるハズはんだけどなー。

コメントの応援が嬉しいです(><)


2007年6月29日(金曜日)

R2-D2がプロジェクターになった!

カテゴリー: - 三月兎 @ 13時38分12秒

「スターウォーズ」の人気キャラクタ「R2-D2」がDVD内蔵プロジェクタになって登場。
商品名は「R2-D2 DVDプロジェクター(770000A)」。株式会社ニッコーが今秋より発売するらしい。
価格は388,500円。1,000台入荷予定。家電量販店やネットショップなどで販売予定。

1/2スケールで、プロジェクタ、DVDプレーヤー、スピーカー、メモリーカードスロット、iPod接続Dockなどの機能があるらしい。

欲しい人、いるだろうなー。

http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20070628/nikko.htm


2007年3月20日(火曜日)

ロボットを動かす。

カテゴリー: - 三月兎 @ 01時35分03秒

先日、人様の前で、ロボットのお話をする機会がありました。
茶話会の茶飲み話ってノリで。
まぁ、せっかくの機会ですし、ホビー用の二足歩行ロボットを見たことのある人はいないだろうから、実物を動かして見ていただこう〜〜。
と思ったんですけど。

準備不足で動きませんでしたー、、、、_no
ごめんなさい。

ロボットを動かすのって、ほんっとにタイヘンなのね!!
考えてみたら、私、ロボットを動かしたことって、数える程しかないんですよ。

あ、まー、当たり前なんですけど。
私はロボット製作者じゃないですし、、、(^^;;;

とゆー言い訳を自分にしたところで、「いっつもえらそーなことゆってるのにさー」と、ココロで突っ込み入れまくりで、めちゃくちゃ恥ずかしかったです(><)

自分で作ったロボットを動かしている人達は、みんな偉いっ。
いつもそう思って応援してきたけれど、週末のROBO-ONE大会は初心に戻って応援できます。

みんな頑張ってね☆


2007年3月12日(月曜日)

楽しんでやるとゆーこと。

カテゴリー: - 三月兎 @ 21時10分05秒

私はよくロボットのイベント会場に行って、客席からロボットを見ることが多いです。
そうすると子どもが「ロボット作りたい」と親に言うのを見ることもあるです。
すると保護者の方が、「すごく頭がよくなきゃできない」とか、「いっぱい勉強したらね」とか、「作るのに1億ぐらいかかるぞ」とか(^^;;
ゆってたりするんですよねー。

大人って、子どもに勉強しろってゆーのに、どうして、
「勉強すると、こんなに楽しいことができるようになるんだよ」というのを、教えないんだろう。

せっかく子どもがやりたいってゆーのなら、楽しく遊んでるつもりでうっかり勉強しちゃってるとゆー方法もあるのになー。
もったいないなー と思うのでした。


2007年3月3日(土曜日)

パーフェクトセンサー!?

カテゴリー: - 三月兎 @ 11時10分51秒

“パーフェクトセンサー洗浄機能”って、なに?
ウォシュレットや食洗機、洗濯機に“パーフェクトセンサー洗浄機能”があるのなら、
ほほぉ〜〜〜 と。
具体的に何使ってる判らなくても、なんかセンサーを使って洗浄状態をチェックしているのだろう・・・たぶん。とか、思うんだけど。

“パーフェクトセンサー洗浄機能”の働きで、どんな肌悩みも理想の洗い上がり!

洗顔器ならまだ判る・・・

実は、“パーフェクトセンサー洗浄機能”は、洗顔パウダーに搭載(?)されている。
ようするに「洗顔石鹸」。パウダーだから、粉石鹸。

私はガンバってネットで“パーフェクトセンサー”を検索したけれども、実体が掴めなかった。
くやしい。


2007年3月2日(金曜日)

イノベーション25戦略会議

カテゴリー: - 三月兎 @ 10時51分34秒

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070227-00000019-san-bus_all

2025年までに実現可能な技術。
「走れば走るほど空気をきれいにする自動車」
「土砂・洪水水害予測で被害の劇的減少」
「カプセル1錠で寝ながら健康診断」
「家庭ロボットで家事から解放」
「自動翻訳ヘッドホンで言葉の壁が解消」

実現に向けた戦略を5月末にまとめる最終報告に盛り込む。

ロボットに関しては、
家庭にロボットがいることが前提。

会話するロボット「イノベー」が掃除や風呂わかし。夕刻、自室で在宅勤務を終えた母に家事を報告し、居間では103インチのディスプレーに留学先の長女の元気な姿が映し出された。
<asahi.comから引用>

一番、実現が近そうなのはどれかなぁ・・・


2007年2月28日(水曜日)

カウントダウン!

カテゴリー: - 三月兎 @ 08時01分53秒

トップに第11回Robo-One大会までのカウントダウンを表示しました。

以前は、大会100日前にカウントダウン開始していたんですよね〜〜。
このカウントダウンは、ロボット・ファン.netがオープンした当時から密かに人気コンテンツ(?)で、

「自分で大会までの残り日数を計算しなくていいから便利」
「1日1回、ロボット・ファン.netを見ると、ロボット製作に気合いが入る」

と好評だったのに。

すっかり忘れてましたぁ〜〜(爆)
・・・すみません(^^;;;

また表示したので、ロボット・ファン.netを日々の巡回ルートに入れてくださーい☆

この表示がイベントカレンダーと連動したら、超便利なのになぁ〜〜。


2007年2月27日(火曜日)

ロボットサイトランキング

カテゴリー: - 三月兎 @ 10時56分18秒

ロボットサイトランキング

「ロボットサイトランキング」を覗いてみたら、エントリーが全てアニメロボット/ゲームロボットのサイトでした。

いままで、サイトランキングに興味はなかったのだけれども。
これは放っておけないでしょう〜〜。

いまや、ロボットはアニメやゲームだけのものじゃない。
「本物のロボット」が、私たちの手で動かせる時代になったんだーーーっ
と、力強くアピールしなくては!

とゆーことで、ロボット・ファン.netもエントリーしてみました。
このマークを見かけたら、1回ポチっとクリックしてみてね☆
ロボットサイト ランキング


2007年2月16日(金曜日)

エヴァンゲリオン 飲料

カテゴリー: - 三月兎 @ 07時50分43秒

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070214-00000090-myc-sci

要約:『新世紀エヴァンゲリオン』の名セリフがデザインされたドリンクが4月12日から発売される。「飲んじゃダメだ(ブラックコーヒー)」「LCL注水完了(オレンジジュース)」の2種類。単品発売の他、オマケ特典付"「新世紀エヴァンゲリオン」 飲料全五缶収納セット"も。販売は、「アニメイト」、「ガイナックス」のWeb直販サイトを予定。

ほんとゆっちゃうと、私はエヴァンゲリオン見たことありませーん(^^;
ネタレベルでしか判らないの。

だから、「飲んじゃダメだ」って言われたら、素直に「はーい」ってゆって飲まないかも。
「中身もわからないのにこんなの、飲めるわけないよ!!」って箱に書いてあったら、「そ、そうだよね、、、」ってしょんぼりしちゃいます。

とゆー、エヴァンゲリオン音痴な私には、なぜYahooがこのニュースを「テクノロジー」に分類しているのか、さっぱり判らないのです。

Yahooさん、中身わかってるのかなぁ・・・?


2007年2月10日(土曜日)

雑草対策・・・

カテゴリー: - 三月兎 @ 22時54分15秒

掲示板等に海外からの雑草が多いー(><)

まぁ、本来ならユーザー登録してくださった方だけに、書込権限を開放するのが、このツールの使い方なんですが。
それだと、「初めまして(^^)」の方が参加しづらいんじゃないかな、、、と思って、ハードルを低くするために、全面開放しているワケです。

ゲストさんの書込よりも雑草の方が多いのなら、サイトの運営方針を考え直す方がよいのでしょうね、、、シクシク。

私としては、さくさくとPHPのベンキョーして「足し算認証の書込形式にしたいな」というつもりだったのだけど。
そうすれば、ゲストさんに書込権限開放したまま、自動巡回の雑草を排除できるもの。

勉強してない私がいけないのかー。がーーん、、、、


2007年1月21日(日曜日)

まん延するニセ科学

カテゴリー: - 三月兎 @ 13時28分01秒

2006年12月18日(月)に放映された、HNK 視点・論点より。
「まん延するニセ科学」大阪大学教授 菊池 誠


科学者が誠意を持って発言しようとした場合、断言はできない。
というのが、とても判りやすい指針だなぁ と思います。

断言しているのは、眉唾(笑)

上記が削除された時の為に、文章掲載。

みなさんは、「ニセ科学」という言葉を耳にしたことがあるでしょうか。

これは、見かけは科学のようだけれども、実は、科学的とはとても言えないもののことで、「疑似科学」や「似非科学」などとも呼ばれます。

『そんなものがどこにあるんだ』とお思いの方も、例として、血液型性格判断や、マイナスイオンや、ゲルマニウムブレスレットなどの名前を挙げれば、『ああ、そういうもののことか』と納得されるかもしれません。それとも、かえって、『え?』と驚かれるでしょうか。

例えば、皆さんもよくご存知のように、『マイナスイオンは健康にいい』と盛んに言われ、ひところは大手家電メーカーもこぞって製品を売り出すほどのブームになりました。マイナスイオン製品がよく売れたのは、もちろん、マイナスイオンの健康効果に科学的な裏づけがあると信じた人が多かったからでしょう。テレビや雑誌などでも頻繁に取り上げられましたから、それを疑えという方が無理な話かもしれません。

しかし、実は、マイナスイオンが身体に良いという科学的な根拠は、ほぼない、といってよいのです。あのブームは、まったくの空騒ぎでした。大手メーカーまでが、なぜ、その空騒ぎに乗ってしまったのか。きちんと検証しておく必要があります。

いまは、ゲルマニウムを使った製品に、人気が出てきているようです。しかし、実のところ、ゲルマニウムを身に付けたところで、せいぜいお守り程度の効果しか期待できません。

いま、このような、科学のようで科学ではない、「ニセ科学」が蔓延しています。

こういった「ニセ科学」のなかに、しつけや道徳に関わるものがあります。その話をしたいと思います。

よく知られている例の一つは、『テレビゲームをし過ぎると、脳の機能が壊れる』といういわゆる「ゲーム脳」説です。しかし、この説に、科学的に信頼しうる根拠はないのです。その意味で、これもまた「ニセ科学」です。

もちろん、どんなゲームにもそれなりの物語性がありますから、人格形成に影響することはあるでしょう。しかし、それだけなら、小説やテレビドラマなどでも同じです。脳の機能が壊れるかどうかとは、まったく別の話なのです。

ところが、この説は、教育関係者に広く受け入れられています。全国各地で、教育委員会やPTA主催の講演会が開かれているようです。

もちろん、子供がゲームばかりするので困っているという親は多いでしょうし、学校の先生もそういう風潮を何とかしたいと思っているのでしょう。

そういうみなさんにとって、「ゲーム脳」説が一見、福音に思えたことは分かりますが、科学的根拠のないものに飛びついても、仕方がありません。

そもそも、ゲームのし過ぎを何とかしたいというのは、科学の問題ではなく、しつけの問題だったはずです。子供が四六時中ゲームをして困ると考えるなら、やめるようにきちんと指導するべきでしょう。しつけの根拠を科学に求めようとしてはいけません。

もう一つ、今度は、水にまつわる奇妙な説を紹介しましょう。

水に「ありがとう」と言葉をかけると、きれいな結晶ができ、「ばかやろう」と言葉をかけると、きれいな結晶ができないというのです。

水の結晶というのは氷のことですから、これは、言葉の良し悪しが氷の形に影響を与えるという主張です。しかし、もちろん、そんな馬鹿なことはありません。

水は、ただの物質です。言葉を聞く耳も、文字を読む目もなければ、言葉の意味を感じる心もありません。『水が言葉に影響される』など、いい大人が信じるような話ではなかったはずです。ところが、これが広く信じられています。『ありがとうは水にも分かるほど良い言葉だ』といわれると、それだけで、『いい話』だと思い込んでしまう人は、意外に多いらしいのです。

この説が、いくつもの小学校で、道徳の授業で使われていることが問題になっています。言葉遣いを教えるのに、格好の教材と思われたようです。

しかし、本当にそうでしょうか。

この授業は、たくさんの問題をはらんでいます。

まず第一に、明らかに科学的に誤っています。理科離れや学力低下が言われる今、道徳だからといって、ここまで非科学的な話を、事実であるかのように教えていいはずがありません。

しかし、それ以上に問題なのは、言葉遣いの根拠を、水という物質の振るまいに求めようとしていることです。

言葉は、人間同士のコミュニケーションの手段ですから、その使い方は、あくまでも、人間が自分の頭で考えなくてはならないはずです。「ありがとう」はどんな状況下でもいい言葉なのか。それを考えてみれば、この話のおかしさは分かるはずです。

「ゲーム脳」がしつけの根拠を科学に求めるものだったのと同様、ここでは、道徳の根拠を自然科学に求めようとしています。それは科学に対して多くを求め過ぎです。

しつけも道徳も、人間が自分の頭で考えなくてはならないことであって、自然科学に教わるものではないはずです。

さて、「ニセ科学」が受け入れられるのは、科学に見えるからです。つまり、ニセ科学を信じる人たちは、科学が嫌いなのでも、科学に不審を抱いているのでもない、むしろ、科学を信頼しているからこそ、信じるわけです。

たとえば、マイナスイオンがブームになったのは、『プラスは身体に悪く、マイナスは身体に良い』という説明を多くの人が「科学的知識」として受け入れたからです。

しかし、仮に、科学者に、『マイナスのイオンは身体にいいのですか』とたずねてみても、そのような単純な二分法では答えてくれないはずです。

『マイナスのイオンといってもいろいろあるので、中には身体にいいものも悪いものもあるでしょうし、身体にいいといっても取りすぎればなにか悪いことも起きるでしょうし、ぶつぶつ……』と、まあ、歯切れの悪い答えしか返ってこないでしょう。

それが科学的な誠実さだからしょうがないのです。

ところが「ニセ科学」は断言してくれます。

『マイナスは良いといったら良いし、プラスは悪いといったら悪いのです。

また、ゲームをし過ぎるとなぜ良くないのかといえば、脳が壊れるからです。

ありがとうは、水がきれいな結晶を作るから、良い言葉なのです。』

このように、「ニセ科学」は実に小気味よく、物事に白黒を付けてくれます。この思い切りの良さは、本当の科学には決して期待できないものです。

しかし、パブリックイメージとしての科学は、むしろ、こちらなのかもしれません。『科学とは、様々な問題に対して、曖昧さなく白黒はっきりつけるもの』科学にはそういうイメージが浸透しているのではないでしょうか。

そうだとすると、「ニセ科学」は科学よりも科学らしく見えているのかもしれません。

たしかに、なんでもかんでも単純な二分法で割り切れるなら簡単でしょう。しかし、残念ながら、世界はそれほど単純にはできていません。その単純ではない部分をきちんと考えていくことこそが、重要だったはずです。そして、それを考えるのが、本来の「合理的思考」であり「科学的思考」なのです。二分法は、思考停止に他なりません。

「ニセ科学」に限らず、良いのか悪いのかといった二分法的思考で、結論だけを求める風潮が、社会に蔓延しつつあるように思います。そうではなく、私たちは、『合理的な思考のプロセス』、それを大事にするべきなのです。

水からの伝言を信じないでくださいも面白かったです。


2006年12月17日(日曜日)

高松冬のまつり

カテゴリー: - 三月兎 @ 16時16分43秒

高松冬のまつりで行われる ロボカントリーIVのロボットパフォーマンス&ファイト大会を見るために、高松に来ています。
到着した途端に、すっごいカミナリが鳴り響き、アラレが降っています……。

ひょぇぇ〜〜〜。
身動き取れません(><)


2006年12月14日(木曜日)

視点を変える。

カテゴリー: - 三月兎 @ 13時36分41秒

友人とウィンドウショッピングしていて。
「財布を買いたい〜」ということで、おつきあい。

聞いた話だと、財布と眼鏡って、今まで使っていたのと同じようなものを選ぶことが多いんだって。

眼鏡は、私は使わないから判らない。
財布については、「確かにそうだなー」って思う。
決まった形、大きさ、色。何より機能。

んで。友人が選ぶ財布の機能条件が、私と全然違うのが、面白かった。
私にとって使いやすいと、友ちゃんにとって使いやすいは、違うのねー。

そう思って見ると、お財布売り場は同じメーカーが同シリーズで、デザインは一緒で、機能が少しずつ違うものを並べている。

デザイナーさんて、えらいわ。
私は自分にとって使いやすいものを考えることはできるけど、私以外の人が欲しいものや使いやすいものを考えることはできない。
超苦手(><)

ロボット・ファン.netを開設して2年。
時々、リニューアルしてきたのは、大勢の方から、使い勝手やコンテンツのアイデアや様々なことに関して、意見をいただいてきたおかげです。
感謝ですー(^^)

7月のリニューアル以降、バタバタしていてちゃんと更新できなくなっていたけど。
「細く・長く・誠実に」を心掛けてこれからも続けていきたいのです。

よろしくね☆


2006年12月2日(土曜日)

Asimoからのメール

カテゴリー: - 三月兎 @ 08時28分43秒

下*昭*(仮名)さんのメルアドは、

A.Simo@****-.**

私は差出人を見て、何の疑いもなく、「アシモからメールが来てるなー」と
思ってしまいました。


2006年12月1日(金曜日)

ボールですか・・・

カテゴリー: - 三月兎 @ 11時35分25秒

引越しましたー(^^)
お部屋は足の踏み場がちょっとあります・・・

荷物の梱包は引越しのお兄さんがやってくれました。
ダンボールにはちゃんと、「場所」「内容」がメモってあります。

場所:押入れ
内容:かばん、ボール2個

?? 押入れにボールってなに? ボールなんて持ってないけど?

箱の中から出てきたのは、

ピンクのハロと、緑のハロでした〜〜(^O^)

ボールかぁ・・・


2006年11月11日(土曜日)

センサーってね

カテゴリー: - 三月兎 @ 09時44分37秒

どもども。冬眠中の三月です(^^;

私は先日、飲み屋のトイレですごいことに気づいて、へぇぇぇぇ〜〜〜と驚きました。

あのね。
水道が自動水洗で手を蛇口の下に入れると、センサーが働いて水が出るでしょ?

なのにね。
コップを蛇口の下に出しても、水がでないの。

あれ? 壊れてるのかな???
って思って。

でも。手を出すと水は出るのよ。

そこで私はようやく、「コップのように透明なものはセンサーが反応しない」ということに気づいたのです。

ちゃんと自分で気づいたってことが、エライなって思いました。

まる


2006年10月23日(月曜日)

LAWSON TICKETでRobovie-iをゲット!

カテゴリー: - 三月兎 @ 21時50分43秒

関東・甲信越のローソンで配布されている無料冊子「LAWSON TICKET」の懸賞コーナーで、Robovie-iのプレゼント告知が載っています。

限定1名様! に
Robovie-i ゴールドが当たります。

Robovie-i工作教室参加券もついてるから、初心者も安心(^^)

当選者は、SISOさん発案のRobovie-2000 i に改造してほしいなぁ〜〜☆
ぜひっ!


2006年9月25日(月曜日)

実在ロボット辞典

カテゴリー: - 三月兎 @ 20時17分32秒

ロボット辞典で検索すると、スーパーロボット大戦のロボット辞典がヒットするんですよ。各キャラについての、詳細データが辞典になっているの。

いーなー〜〜〜。

学天則から、ASIMOはもちろん、各企業・研究機関、ベンチャーが作った実在ロボットの辞典があればいいのに!!
もちろん、その中には、ホビーストの製作したロボットもちゃんと掲載されているの。

二足歩行ロボットだけじゃなくて、マイクロマウスやロボット相撲や川崎ロボット、レスキューとか。
誰かが作って実在したロボットの辞典が、欲しい!!

学天則やキュリオと一緒に、自分の作ったロボットが辞典に掲載されていたら、嬉しいじゃん(笑)
とゆー、コンセプトな企画なんですよ。
実在ロボット辞典

まずは、ホビーストが製作した二足歩行ロボットの名前・身長/重量と、製作者名/サイトなどを登録してみました。
んで。力尽きております(^^;

・ロボット名
・製作者名(個人/研究室/会社)
・製作年
・製作コンセプト
・製作歴
1 概要
2 開発史
3 関連項目
4 外部リンク

・戦歴

なんかが充実すると、楽しいな〜〜〜。
とゆーことで。
登録ユーザーさんが、自由に編集できるように設定してあります。
執筆ボランティア募集中です☆☆☆☆

現在、マニュアル製作中です。
しばしお待ちくださいませ☆


2006年9月19日(火曜日)

それぞれのポジション

カテゴリー: - 三月兎 @ 13時06分22秒

吉日ツアーのいしかわさんが、いーました。

「兎さーん。ぼく、ロボット作らずにこんなことしていていーんでしょうか?」

えー。だってーー。
私もたまに、「兎さん、ロボット作らないの?」って言われるけど。
私がロボット作ったら、ロボット・ファン.netができないじゃん。

散財さんがロボット作ったら、実況レポートアップしてくれる人がいなくなちゃうじゃん。

Tempusmasterさんがロボット作ったら、海外に日本のロボット情報発信してくれる人がいなくなっちゃうじゃん。

いしかわさんがロボット作ったら、吉日ツアーはどうなるのーーー。
だから、いーのよ。こんなことしていて(笑)
けど、いしかわさんがロボットを全力で作るために宴会幹事を降りるのなら、私は心から応援するよぅん(^^) 楽しみにしているわぁ〜〜〜。

ロボット作って、ロボットフォースやって、吉日ツアーに「未練」と裏書(笑)したケルビム君パネルを送り込んでくる岩気社長のエネルギーって、しみじみとすごいわー。
尊敬するですー。


2006年9月14日(木曜日)

高速化・・・?

カテゴリー: - 三月兎 @ 09時23分11秒

どもども。三月です。

友人から、「ロボット・ファン.netは表示が遅いー」と
ご指摘いただいていました。

うん。
私もそう思う。
リロードするのに、時間かかるしー。

んで。最速キャッシュハックなるものをいれてみました。
私のPCでは、あー 早くなったなー って思うんだけど。
皆様の環境ではどうでしょう。

気づいたことあったら、教えてくださいね(^^)



・・・いきなり、ツッコミいれたい状況になってるし(^^;
この追加文章はちゃんと反映されるのかなー。
はたして、それが早いのか?


ハックをもっかいハックして(^^;
これでゲストさんにも最新データを表示できるようになった。

・・・けど、スピードは元に戻ったんじゃないかなー って気がするなー(^^;

現状で私に理解できていること。
・このハックをいれると、アクセスカウンターやオンライン状況の表示に意味はない。


2006年9月13日(水曜日)

ロボットしりとり

カテゴリー: - 三月兎 @ 00時29分40秒

ロボットしりとりが一部でウケていて、私はとても嬉しい(^^)
ロボットに対するコメントが、どんどん熱くなっていくので見ていて楽しいです。

私の自己ルールは「検索を使わない」。
ロボットの名前はそれなりに知ってるハズなのに、いざとなると出てこないのね。

「む」、、、むいむい ?ちゃう。それは人の名前。
「す」? スギウラファミリー 住井ファミリー、、、ロボットじゃなーい。

自分の中で、人名とロボット名がごちゃに記憶されているというのが、改めて判りました(笑)
アンテナetcで検索すれば、絶対ヒットするー って思うけど、なんか口惜しいから、一生懸命記憶を辿ってます。

逆に
「め」メタリックファイター とか。
「と」トコトコ丸 みたいに、誰もがカンタンに思いつきそうな有名どころは、敢えて答えずにおいて、他の方のコメントを楽しみにしてみたり(^^)

ロボット製作者の方が、自分のロボットの頭文字の時、わーいわーいと名乗り出てくれたら楽しいなー
なんて、いろいろ想像して遊んでいます(笑)


2006年9月12日(火曜日)

オタク2.0

カテゴリー: - 三月兎 @ 00時09分53秒

Web2.0は、ネットの進化論。
Life2.0はあなた自身の進化論?

とゆーことで、Life2.0がネタを募集している。

1.0は今あなたが見ている世界、常識にとらわれた世界、現状維持。努力をすれば成果はあがるか、進化はしない。

2.0は新ルール・新発想で日常を面白く変えること。身近なことから始めるプチ・イノベーション。

・・・よくわからんなー(^^;
Web2.0は読んだけど。

とりあえず、Life2.0で気に入ったネタ。

●オタク2.0 投稿者:し〜たさん
何かにハマってオタクになる。
グッヅ、データ、関連商品、収集しだして1.0。
集めるだけじゃあ飽き足りず、生産しだして2.0。

思考が嗜好を飛び出して、
同志がハマる元ネタを、創造しだして3.0。

私は生産してないから、データ収集レベルで1.0?
けど、ある意味同志をハメまくっているから、3.0に足を踏み入れているかもしれない・・・(笑)


2006年8月28日(月曜日)

みゅー(><)

カテゴリー: - 三月兎 @ 11時04分44秒

じみーに、スペシャルリンクページを作ったり、初めての方へサイト紹介ページを作成したり。
じみーにコツコツ頑張っているのにー。

兎的ニュースが壊れた・・・。

自分がテーブル消したにもかかわらず、「やられたー(><)」と思ってしまうのは、なぜ(^^;
バックアップツールが動かないのは、何故・・・。
修行中だから仕方がないとはいえ、みゅーO-O O-O


2006年8月26日(土曜日)

三月兎・・・

カテゴリー: - 三月兎 @ 22時16分55秒

と、ゆーことで。アバターを登録してみた。

三月兎
・・・か、かわいい?

でぶー(^^;
お尻のあたりが、りあるにDEBU。

自虐自戒アバターなのであった・・・


12 queries. 0.082 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

ロボット・ファン.net