ロボット ファン コミュニティサイト = ロボット製作者 と ロボット愛好者 =

ホーム 最新ニュース 初めての方へ コンテンツ紹介 FAQ 掲示板の使い方 お問い合わせ
 
月別過去ログ
楽しむ
読む
知る
学ぶ
買う
サイト情報
三月兎
オンライン状況

11 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが WordPress を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 11

ロボットサイトランキングにエントリーしています。(^^)
ポチっとクリックしてみてね☆
ロボットサイト ランキング
サーバーは、 ここをつかってます。

2009年10月25日(日曜日)

電通大杯 ヒト型レスキューロボットコンテスト2009

カテゴリー: - admin @ 19時35分04秒

11月1日(日)に、大阪電気通信大学で「電通大杯 ヒト型レスキューロボットコンテスト2009」が開催されます。

ヒト型レスキューロボットコンテストは、遠隔操縦のヒト型ロボットによる災害救助をテーマにしたロボットコンテストです。全国から18体のロボットが参加し、「トンネルくぐり」「段差乗り越え」「ガレキ除去」「要救助者搬送」のタスクを競います。

先日、ロボファイトで参加者のdautoさんが、練習を行いました。そのようすをUSTEAMで披露しています。
初の競技会なので、動画データは参加者の皆さんの参考になると思います。
dautoさん、情報ありがとうございました。

dautoさんの練習風景
動画の最初は、ロボットが動いていません。

各タスクは、次の時間に行っています。
「トンネルくぐり」20:38〜 、22:30〜 
「段差乗り越え」21:20〜、 23:15〜
「要救助者搬送」24:00〜、24:50〜、26:50〜

大阪電通大 自由工房の出場者によるモーションも、ブログで公開されています。
大阪電通大自由工房 活動日誌:レスコン 乗り越えモーション

「電通大杯 ヒト型レスキューロボットコンテスト2009」
日時:2009年11月1日(日)12:00〜17:00
場所:大阪電気通信大学 寝屋川キャンパス 実験センター5階
(大阪府寝屋川市初町1-8) →アクセス
観覧料:無料


2009年5月7日(木曜日)

第15回ROBO-ONE大会

カテゴリー: - admin @ 22時56分17秒

第15回ROBO-ONE大会に行ってきました。

ROBO-ONE史上初の予選なし!
認定大会選抜のトーナメントということで、
どんな風に雰囲気が変わるかな?
というのが、個人的に楽しみにしていました。

個性的なロボットが多くて、面白かったです。
選抜の基準が、各イベント主催者に一任されているから、バトル系ロボットばかりが集まったわけでもなくて。
ちっこいロボットや変形ロボットもいたし。

ロボナブルに速報でてます。
http://robonable.typepad.jp/news/2009/05/20090507-robo-o.html


2008年9月7日(日曜日)

マイクロマウス中部地区 初級者大会

カテゴリー: - 三月兎 @ 22時23分42秒

エイプリルフールに宣言したとおり、
マイクロマウス中部地区初級者大会のロボトレース競技に参加してきました〜

すっごく楽しかったです。
どのくらいかとゆーと、
朝、会場に一番のりして、調整を始めて他の競技を全く見ずに、ずーっとずーっとお昼ご飯も食べずに調整しちゃうくらい楽しかったです。

それくらい、楽しかったんです。
調整不足だったわけじゃ、・・・ありますけど(^^;

だってだって、ロボトレースのコース、自宅じゃ用意できないもの。

久しぶりに、「真剣に遊んだっ!!」 という充実感があります。

残念ながら、制限時間内にゴールすることはできなかったけれども。
ちゃんと周回できました。
とゆーか、ゴールに辿り着くまで待ってていただきましたm(..)m

主催者の皆様、観客の皆様に感謝なのです。
ありがとうございました。


2008年8月12日(火曜日)

レスキューについて考える

カテゴリー: - 三月兎 @ 07時42分35秒

レスコン本選ファイナルを見てきました。
昨日行われた1stの結果から、1ヶ月前の予選と比べて、各チーム共、格段にレベルアップしていることを想像していましたが、予想以上でした。

ファイナルのフィールドには、端から見てても「もーやだ」と言いたくなるくらい、大量のガレキが散乱。(私が“やだ”って思うのは、撮影しにくくなるからですが・・・)
いくらなんでも、これでは救助活動しづらいだろうに と思ったのですが、素晴らしい結果がでていました。

競技に関しては、別途、記事にします。

競技中にひとつの問題提起がありました。

救助したダミヤン(要救助者)を搬送中に、路上へ落としてしまうというアクシデントが発生。ロボットはトラブルがあったようで、ダミヤンを置いてベースに戻りました。

同時に活動している別チームのロボットが、自チームのダミヤンの救助に向うためには、その地点を通るのが最短距離です。実際、ロボットはそのルートをとり、路上に横たわるダミヤンを発見しました。
ところが、レスコンルールでは、相手チームのダミヤンに触れてはいけないというルールが明文化されています。

もし、あなたがレスコン参加者で、路上に倒れている自分が助けることが許可されていないダミヤンを発見したら、どうしますか?


2008年8月9日(土曜日)

レスコン本選

カテゴリー: - 三月兎 @ 22時36分33秒

8月9日(土)〜10日(日)、神戸市の神戸サンボーホールで、「第8回レスキューロボットコンテスト」競技会が開催されています。

今日の本選には7月の予選で優秀な成績だった12チームが出場。上位6チームが、明日のファイナルで競います。
なんと、6チーム全てが今年から3体に増えたダミヤンを見事に救助しています。

明日は、各チームがどのようなレスキュー活動を行うのか、とても楽しみです。

大阪日日新聞 澪標コラム
↑クリックで本文が読めます。


2008年6月26日(木曜日)

組込みZine ムラタセイサク君の記事

カテゴリー: - 三月兎 @ 13時39分42秒

先日、インテックス大阪でET WEST 2008が開催されました。
基調講演「自転車型ロボット「ムラタセイサク君」の開発とその活用」のレポートが、
翔泳社の組込みZineに掲載されました。

最初、編集の方から「何か記事を書きませんか?」とお話をいただいた時に、
う〜ん・・・組込みって分からないなぁ・・・ と思ったのですが、
考えてみたら、ロボットって組込システムなんですね!!

これからシステムやソフトにも、もっと興味を持ちながら
ロボットを見ていくことができればいいな と思っています。


2008年6月5日(木曜日)

ET WEST 2008 ムラタセイサク君

カテゴリー: - 三月兎 @ 21時33分17秒

ET WEST 2008の基調講演「自転車型ロボット“ムラタセイサク君”の開発とその活用」 を聞いてきました。
楽しかったです。

ムラタセイサク君は、いつ見ても可愛いのですが、
開発中の自転車特訓中の映像が、めっちゃ可愛かったです。
一生懸命で。
あ、この場合、頑張っているのは、ムラタセイサク君じゃなくて、開発メンバーの方々なんですよね。でも、なんだか、ムラタセイサク君も一緒に頑張ってるように見えました。

小学校の出前授業などで、子ども達に「どうして転ばないんだと思う?」と質問すると、
ませた子が、
「コンピュータで制御してるから当然!」なんて言うことがあるんだそーです。

いやいや、その制御するためには人が苦労してプログラムを組んでいるんだよ、大変なんだよーーー と伝えたくても、子どもは、コンピュータは何でもできる魔法の機械と思っているのでしょうか? できるのが当たり前じゃん? というところから抜けられないそうです。

そんな風に思ってしまう子どもの気持ちも、なんとなく分かるなー って思いました。

だって、ムラタセイサク君はいつも上手に自転車に乗っているし、他のコンピュータ制御されているロボット達も、失敗してテレ笑いしている様子は見せてくれません。
成功しているところしか見たことがなかったら、「できる」ことに感動するのは、難しいかも。

「カンタンにやっているように見えること」が実はすごいことで。
それができるようになるまでには、大勢の人が、一生懸命頑張ったんだよ。
その頑張る過程が、すっごく楽しいんだよー というのが、子ども達に伝わればいいなぁ と思います。


2008年6月2日(月曜日)

ロボットアームで抱きしめて(仮題)

カテゴリー: - 三月兎 @ 08時28分01秒

星出さんが、ディスカバリーで宇宙に旅立ちました。

星出さん同級生の方々が、応援歌「ロボットアームで抱きしめて(仮題)」を歌ったと記事にあったので、どんな曲なんだろう? と興味があって、調べたら、YouTubeに掲載されてました。

暖かくて可愛い曲です。

作詞/梅村太郎・松本零士 作曲(唄)/塙裕介


2008年5月28日(水曜日)

お掃除ロボットバトル

カテゴリー: - 三月兎 @ 17時52分26秒

先日、大阪日本橋のJ&Pテクノランドで、「家庭用お掃除ロボットバトル」が開催されました。
前日にイベントのご案内をいただき、わくわくして見てきました。

面白かったです〜〜。

同じ価格(29,800円)のロボット(3メーカー)を店頭に並べて、
メーカーの社長さん自ら製品PRを行い、
実際に3分間でお掃除能力を競っちゃうと。

お店に伺うまでは、そこまでシビアなバトルをするとは思っていなかったので、
驚いてしまいました。

家庭にロボットが入ってくる過程では、こうやって、ロボット同士の性能比較が行われていくのが普通なんだろうなぁ〜 と、大阪らしいチャレンジを見ることができて嬉しかったです。

「家庭用お掃除ロボットバトル」の様子は、ロボットウォッチにレポートを掲載していただきました。
読んでいただけたら嬉しいです。


2008年5月25日(日曜日)

笑っていいとも! ロボカップ

カテゴリー: - 三月兎 @ 17時26分07秒

TVの前でスタンバイして、見ちゃいました。
笑っていいとも! 増刊号 ロボカップ。

京商MANOIと、HPIのG-Robot、KONDOのKHR-2HV、ヴイストンのRobovie-Xが競演してました。

TVってすごいメディアですねー。
さすがに、見せ方が上手いなぁ〜 と思いました。
二足歩行ロボットというと、すぐにバトルしたがるけど、ちゃんとオリジナルで競技をやって、ロボットの性能をしっかり見せて観客を楽しませているところがよいなぁ と思いました。

あぁ、でも、これって各メーカーのロボットの水準が高いからできることかも。

少し前までは、二足歩行ロボットって、まだまだ“歩くこと”は得意じゃなかったんですよね。
バトルだと、ぶつかりあって転んでいてもスリップしても、バトルしているように見えるからOKだったけど。
歩行競技をやると、「まだまだだな〜〜〜」って感が強かったもの。

こうして二足歩行ロボットの歩行競技で、オペレータも観客も楽しめるくらい、ロボットの性能は上がったんだなぁ…… と、改めてロボットの進化を感じました。

初めましての方とおしゃべりする機会があると、ホビー用に二足歩行ロボットが発売されていることを知らない方の方が、世の中多い!! と知って、愕然とします。
だって、私の周囲は、みんな圧倒的にロボット好きな人が多いんだもの(^^;

かつて、日テレのワールドレコーズでロボットバトルをやっていたころ、
あの番組を見て、二足歩行ロボットに興味を持った方が大勢いました。
ただ、ワールドレコーズでは、ROBO-ONE大会最高レベルの自作機が出演していたから、
一般初心者の方には、いかんせん、ハードルが高すぎたんですよね。

あれから4年たって、二足歩行ロボットは市販キットで、誰でも始められるホビーになりました。
各地のイベントや交流会も増えたし、新しくロボットを始める人が増えたら嬉しいな〜〜 と思っています。

ロボットについて、判らないことや知りたいことがある方は、気軽に掲示板で質問してくださいね!


笑っていいとも!

カテゴリー: - 三月兎 @ 01時12分19秒

J&Pテクノランドで、ロボットイベントをしていたので、出かけてきました。
MANOIがお客さんとじゃんけんして、
G-Dogが元気に動いてました。

今日(25日)の笑っていいとも増刊号には、MANOIとHPIが出演するということです。
MANOIは、25日もJ&Pテクノランド4階でデモをしているので、
TVで見て、すごいなーーー と思ったら、
ぜひ、動いているMANOIを見に行ってください♪


2008年5月20日(火曜日)

大阪日日新聞 コラム掲載

カテゴリー: - 三月兎 @ 09時03分23秒

大阪日日新聞 「澪つくし」5/16 掲載分
ロボファイト7の開催にあわせて、掲載日を調整していただきました。
(見本誌が届いたのが、昨日なので、サイトには事前掲載できなかったです。残念〜〜)

澪つくし2008年5月16日 ロボット・ファンを増やしたい
写真はキャプテンPECO VS ガーディアンです。

ネット上でも読むことができます。ご一読いただけたら嬉しいです。
大阪日日新聞 「澪つくし」


2008年5月18日(日曜日)

ロボファイト7

カテゴリー: - 三月兎 @ 23時33分52秒

今日は、ロボファイトORCでした。参加者の皆様、お疲れ様です!!

昨日、会場に到着した私が一番最初に言った言葉は、
「なんでここにいるんですかーーー」>>散財さんっ
ほんと、びっくりしちゃいましたよ。
ロボファイトは2つのリングで同時進行だから、
いつもの実況中継はタイヘンだろうなぁ・・・ と思っていたのだけど、
ちゃんと両リングのレポートをアップされています。
さすがに2×2はスルーされておりますが。
素晴らしいです。見事な職人技です。>>散財さん

今大会は、参加ロボットがSRCもORCもユニークな機体が多くて楽しかったです。


2008年5月17日(土曜日)

ロボファイト7

カテゴリー: - 三月兎 @ 21時54分02秒

今日は、ロボットフォース主催のロボファイト7が、大阪産業創造館で開催されました。

昨日の大阪日日新聞のコラム「澪標 ―みおつくし―」には、
ロボファイトのことを書きました。 掲載誌はまだ手元に来てないので、後日(^^)

今日は、午後から観戦者がとても多かったのですが、澪つくしを読んで来てくださったかたもいるのかなぁ?? と、気になりました。

明日は、第14回ROBO-ONE大会決勝出場権を巡って本気のORC(オーバーレギュレーションクラス)のトーナメントが行われます。
会場に出展されている企業ブースで「澪つくしを読みました」と申し出ていただくと、ロボットの体験操縦ができます(^^)

ぜひ、見に来てくださいね。


2008年5月5日(月曜日)

ロボカップジャパンオープン

カテゴリー: - 三月兎 @ 22時41分05秒

“盛り上がりはジュビロとエスパルスによる「シズオカダービー」に迫るかもしれない”
と、静岡新聞の大自在(朝日の天声人語にあたるコラム)に書かれていました。

さすが、静岡新聞!!

サッカーとなると熱いです。

ロボカップジュニアは、ほんと、すごい熱気でした。
参加者たちは、ゴールが決まるとガッツポーズだし、勝てば喜び、負けると泣いて悔しがっていました。
みんな、本気です。

本気でガンバって、悔しい思いをするのは、優勝して喜ぶのと同じくらいの価値があると、参加者を見ていて思いました。

表彰式後、世界選抜チームからもれてひときしり泣いていた選手が、入賞チームのメンバーのところへいって、涙をこらえて「世界大会出場おめでとう。よかったね」と声をかけているシーンを見ました。

ロボカップジュニア大会の技術だけではなく、心を育てるという大会のポリシーがちゃんと参加者たちに伝わっているなぁ と感じました。
来年、またがんばる彼らに会いたいです。


2008年5月2日(金曜日)

RB2000 自律キャッチボールモーション

カテゴリー: - 三月兎 @ 10時56分17秒

ロボコンマガジン#57 のRB2000 キャッチボールモーションの参考動画をアップしました。
記事だけではイメージできなかったことが、動画で判る部分もあると思うので、ぜひご覧ください。

それと記事では写真が小さくて、読めなくなってしまったものがあるので、こちらに掲載いたします。(クリックで拡大します)

RB2000自律キャッチボールモーション解説
写真1 キャッチボールモーションの作例

・本文内では説明できませんでしたが、モーションとモーションの間に「待機」を入れることで、動きに緩急がうまれます。

RB2000自律キャッチボールモーション解説
写真2 Rovovie Maker2の初期画面

・コメントが読めなくなるので、誌面では省いてしまいました。参考になれば嬉しいです。

RB2000のモーション作成で、「こんなことが知りたい」「こんなことができるようになりたい」というご意見やアイデアがあったら、掲示板やメールでご連絡ください。


2008年4月25日(金曜日)

バリアフリー2008

カテゴリー: - 三月兎 @ 23時15分56秒

インテックス大阪で開催されている「バリアフリー2008」に行ってきました。
福祉関係はロボット化が期待されるジャンルだと思うのですが、
あまりRT関連製品は見えませんでした。私のアンテナが感度低いのかな・・・

会場ではHONDAの歩行アシストを体験することができます。
これは、お勧めします。


2008年4月24日(木曜日)

学天則 復元

カテゴリー: - 三月兎 @ 22時41分18秒

大阪市立科学館が「学天則」を復元。
記者発表があったので、取材に行ってきました。

取材がすごく多かったです。

動いた瞬間、隣でカメラ構えていた男性が、「わほほ〜〜」という感じで笑ってらして。
あ、この方はマニアだわ・・・と。

思ったら、やっぱりでした。

7/18に科学館がリニューアルされる時に、一般公開開始なので、
ぜひ、夏休みは大阪へ学天則を見に来てください。


2008年4月13日(日曜日)

大阪日日新聞 コラム掲載

カテゴリー: - 三月兎 @ 23時21分15秒

大阪の地元紙、大阪日日新聞のコラム「澪標〜みおつくし〜」に半年ほど連載することになりました。
友達から、リアルバトンが回ってきたのです。

「明るく元気な大阪のまちづくりに寄与できるような・・・」という依頼でした。
他に持ちネタもないので、私の身の回りに大勢いるロボットで元気な方々の活躍ぶりをPRできたらいいなぁ〜〜 と思っています。

大阪日日新聞 2008/04/13

せっかくなので、あまりロボット情報をキャッチする機会がない方々に、ロボットを身近に感じてもらえたら嬉しいなぁ と思います。


2008年4月12日(土曜日)

50万ヒット 御礼

カテゴリー: - 三月兎 @ 20時35分07秒

今日、ロボット・ファン.netのカウンタがこっそり50万を超えました。

2004年12月に開設して以来、3年4ヶ月。
めまぐるしく自分をとりまく環境が変わりました。
この1年位、更新が滞って放置がちにも関わらず、訪れてくださる皆様に感謝しています。

ロボット・ファン.netを始めた時には、
自分が情報発信するということは、想像もしていませんでした。
「ちょっとサイト管理の練習してみよう」で始めたことが、
ここまで大きくなるなんて。
ほんとうに驚いています。

ロボットを通じて出会ったたくさんの方々とのご縁に感謝しながら、
これからも楽しんでロボット・ファンを続けてゆきたいです。

末永くよろしくお願いします。


2008年4月11日(金曜日)

2008国際ウエルディングショー

カテゴリー: - 三月兎 @ 10時39分04秒

インテックス大阪で開催中の「2008国際ウエルディングショー」を見てきました。
溶接機械などの展示会です。

日本には35万台の産業用ロボットが稼働していると聞きますが、
私たちが間近に産業用ロボットを見る機会はないわけです。

今回、会場で間近に溶接ロボットが火花を散らして溶接しているのを見て、
ドキドキワクワクしました。カッコイイですよーーーっ

開催期間は、12日までなので。お近くの方はぜひ!
入場料1000円だけど、サイトから事前登録すれば無料になります。


2008年4月1日(火曜日)

ロボコンに挑戦!

カテゴリー: - 三月兎 @ 08時58分29秒

四月になりました。

春になると、新しいことにチャレンジしたくなりますね〜〜

とゆーことで、今年の私はロボコンにチャレンジします。
自分でロボットを組み立てて、プログラムかいて参加するのは初めてです。

参加するのは、マイクロマウスのロボトレース競技
目標は、マイクロマウス中部地区初級者大会です。

途中で挫けないように、皆さんあたたかく見守ってください。
応援よろしく〜〜!


2008年3月30日(日曜日)

バカロボ見学

カテゴリー: - 三月兎 @ 23時48分46秒

昨年、吉本ルミネで開催された笑えるロボットコンテスト「バカロボ2007」
すっごく興味があったのだけど、私は見ることができず、とても残念に思っていました。

明和電気事業報告ショーに、関西出身のバカロボ2体が出演すると聞いたので見てきました。
ロボットフォースのプッシュくんと、ロボプッチョです。
ステージにロボットが登場して、(たぶん)普段あまりロボットを身近に見ることのない観客の方々が笑っているというのが、すごく嬉しかったです。
ロボットが動くだけで、こんなにウケるというのは、なんとゆーか、すごく平和でいいですねー。「役に立たない」というコンセプトのロボットなのに、見る人に笑いという感動を与える。
素晴らしいっ:hammer:

今年もバカロボを開催するというので、私は今からとても楽しみです。


2008年3月27日(木曜日)

第13回ROBO-ONE大会

カテゴリー: - 三月兎 @ 23時26分56秒

22〜23日に第13回ROBO-ONE大会に行ってきました。
久しぶりにお会いできた方が大勢いて、嬉しかったです。

キングカイザー優勝おめでとうございます。
KAZZさん、宇宙大会チャレンジ2回成功おめでとうございます。

今回も、とても楽しかったです。

13回ROBO-ONE大会について、のりさんが鋭いレポートをアップしてくださいました。
ありがとうございます>>のりさん

キングカイザーがカメラ目線でバトルしていたとは!!
Naoさんがレポートにレスを入れてくださってますが、確かに、バトル中「こっち向いて戦って〜〜」って言いたくなることあるんですよ。うん。
ビジュアル系のロボットは特に。

けど、そんなことも言えないしなぁ・・・ と思っていました。

キングカイザーには、それが出来ちゃうのですね(驚)
パイロットにバトル中のカメラ目線を指示するNaoさんもすごいですが、
それを実戦して、優勝しちゃうパイロット:Ken君、すごすぎます。

試合中にそんな余裕かまされていたと知ったら、対戦相手の方々は悔しくなっちゃうのではないかと。
もちろん、Naoさんがやるべきこと出来ることを全て工房で万全な体勢にしているからこその余裕なわけですが。
しみじみ脱帽です。

ROBO-ONEって誰か一人飛び出ると、全体レベルもぐんとそちらに向けてあがりますから。
今後のバトルで、より観客から見て楽しめるものになるかも!? と思うと、ワクワクします。

ワクワクと言えば、宇宙大会選抜大会。
第1回目の時は、「せっかく作ったロボットを投げるなんてー」と、壊れる前提で悲しく見ていましたが。
今回は、壊れちゃうロボットもありましたが、惜しいっ! とか 立った! 歩いた! のロボットを見て、感動しました。

KAZZさんが成功した時に、両手上げて喜んで、会場から楽屋裏まで走り回っていたのが忘れられません。あんな風に100%本気の嬉しいを体感できるというのが、羨ましいです。


2008年3月21日(金曜日)

鈴鹿でASIMOに会ってきた

カテゴリー: - 三月兎 @ 14時55分45秒

鈴鹿サーキットに行って、ASIMOに会ってきました。

実は、走るASIMOを見るのは初めてです。やっぱり、実際に見ると驚くというより感動します。
詳細レポートは、後日、ロボットウォッチにて。

友達に、「鈴鹿で走るASIMOを見たよ」と伝えたら

「サーキットのコースを走ってるの?」と、聞かれました。

・・・いや、それはさすがにまだ無理(だと思う)から。

世間の方が、ロボットに持つ夢と期待は限りなく高い。


2008年3月19日(水曜日)

1000年先に残るもの

カテゴリー: - 三月兎 @ 06時48分20秒

滋賀県の石山寺で、「源氏物語千年紀in湖都大津」のメイン行事、「源氏夢回廊」が18日から始まったという。
田辺聖子さんの「新・源氏物語」直筆原稿が展示されているらしい。
見てみたい〜〜〜

で、ロボットクリエーター・高橋智隆さんのロボットの展示も行われている。

って。

光源氏とロボットと。どこで繋がるの?????

と思ったら、

“次の千年に何を残すか”という「未来千年館」のアートとして展示されているもよう。

夢があるなぁ〜 かっこいいなぁ〜
源氏の世界にロボットが展示されているところ、見に行きたい・・・

石山寺


2008年2月22日(金曜日)

ロボット動画

カテゴリー: - 三月兎 @ 12時02分30秒

すっかり放置状態になっておりまして、ごめんなさい。

久しぶりにロボットの動画をアップしました。
発売中のロボコンマガジン 56号に掲載されている。
RobovieMaker2 活用事例(1)
「RB2000でアナログスティックで全方向移動モーション」の解説

のサンプル動画になります。

動画を見ながら、記事を読んでいただけると嬉しいな〜〜 と思います。

これを実装すると、ロボットの操縦が楽しいですよーー。


2008年1月13日(日曜日)

2008年の抱負

カテゴリー: - 三月兎 @ 07時43分51秒

新年が(とっくに)明けました。
さて。今年の兎チャレンジは。

自発的にロボットコンテストに初出場してみよう! かなぁ〜〜

などと。大それたこと、ふと年末に考えてしまったり。

これまで、ロボット製作のお手伝いをしたり、作ってもらったロボットでオペレータとして出場したりは経験がありますが、自分で組み立ててプログラミングして出場したことはありません。

ここらで、一回チャレンジしてみようかなー って。

何にチャレンジするかは、まだ、ひ・み・つ(^x^)です。


2008年1月7日(月曜日)

初夢

カテゴリー: - 三月兎 @ 21時57分58秒

今年の初夢は・・・

イベント会場でカメラを取り出したら、バッテリーが充電されていなくて私は、顔面蒼白!!
会場には、お客さんが一人もいなくて、イベント運営者とロボット製作者が呆然・・・

とゆーものでした(^^;;;

飛び起きて、カメラのバッテリーをチェック。予備も改めて再充電したことは言うまでもありません。
けど、会場の客入りまでは私にはどーもできません〜〜(^^;

もちろん、ロボットフェスタin和歌山の会場は親子連れで朝から晩まで大賑わい。
とても楽しい1年のスタートになりました。

本年もよろしくお願いいたします。


2007年12月20日(木曜日)

EMIEW 2 が可愛い〜〜

カテゴリー: - 三月兎 @ 08時53分37秒

ロボットウォッチで、「日立製作所の変形ロボット「EMIEW 2」を見てきました
の記事を読みました。

EMIEW2、可愛い〜〜〜。
てっきり女の子だと思ったら、一人称が「ボク」になっている。
男の子なんだー。

写真の印象だと幼い女の子なんだけどなぁ・・・。実際に見るとまたイメージが違うのかな。

いやぁ、でも。
跪いて挨拶したり、物を運んだりのモーションがあって。
これで、女の子とゆー設定は、いろいろまずいだろう なんて、自主規制入っていたら面白いな。

宝塚にすみれコードがあるように、ロボット研究者にもRコードが自然発生するかも。
公的には「ロボット三原則」があって、自主規制はやっぱりRコードだよね。うん。


2007年12月8日(土曜日)

ロボットイベント盛りだくさん

カテゴリー: - 三月兎 @ 09時06分19秒

この週末は、各地でロボットイベント盛りだくさんですね!
関西では、土日に神戸市立青少年科学館でこうべロボット夢工房・2008
同じく、神戸市立青少年科学館でレスコンシンポジウム
川崎で、初のHITEC CUP 1st Competition in Japanも開催!
秋葉原 UDXは、第2回 KYOSHO アスレチクスヒューマノイドカップが!

私は神戸でロボット三昧してきます☆

ロボットサイトランキングにエントリーしています。(^^)
ポチっとクリックしてみてね☆
ロボットサイト ランキング

2007年12月6日(木曜日)

Naoさんのレポート

カテゴリー: - 三月兎 @ 11時11分43秒

イベントレポートに、NaoさんがROBO-ONE グランドチャンピオンシップへの道 1/2を投稿してくださいました。
ありがとうございます〜〜!>>Naoさん

前半戦は、チャンピオン目指しての準備編です。
森山さんがロボットウォッチにNaoさんのインタビュー記事を掲載しておりますが、こうして、Naoさんのレポートを読むと勝つためにやるべきことをやっているというのが、ほんとーによく判ります。

ワクワクしながら読んで、続編を楽しみにしています!


2007年11月28日(水曜日)

ロボットバトル in 名古屋モーターショー

カテゴリー: - 三月兎 @ 00時21分24秒

ロボットバトル in 名古屋モーターショーに行ってきました。
バトルだけじゃなくて、ロボット企画展が行われていて、大学の研究室がブースを出していて楽しかったです。
ロボット系も興味深かったですが、ITS(高度道路情報システム)の展示にそそられました。

ITSの技術って、大阪や神戸だとRT(ロボットテクノロジー)として扱われてます。
ロボットを産業にしたい大阪・神戸と、自動車がすでに産業として確立されている愛知県との差がテクノロジーの切り口に現れているんだー というのが、とても興味深くて。

名城大学のブースで、アドホックネットワークを車に積むと、こんな用途にもできるんだー なんて思いながら展示をみていたら、ブースの方がとても親切に解説をしてくれました。
アドホックとかメッシュネットワークとか、知ってる単語に反応して「ふぅーん」「へぇ〜〜〜」と聞いていたら、私がちゃんと理解していると思われてだんだん深い説明に移っていったので、焦ってしまいました。勉強不足でごめんなさい。

今までロボットの切り口でしかみていなかった技術が、こうして他のジャンルにもちゃんと活用されていくんだー ということを改めて知ることができてとても面白かったです。
ロボットが家庭や社会に入ってくる時は、“ロボットの形”はしていなくて、技術が自然に機能に組み込まれているだろう というのは、予想しているけれども、じゃぁ具体的にそれはどんなところで、どんな風に? というところまでは見えていなかったので。

車は直接人命に関わる道具だから、カンタンにRTの搭載ができるわけではなくて。
車のロボット化とか、かなりハードルが高いのですが。
車に限らずいろんなジャンルにロボット技術は転用されていくというのが、前より身近に感じられるようになった気がします。

レポートは後日


2007年11月23日(金曜日)

ロボファイト6

カテゴリー: - 三月兎 @ 22時49分56秒

ロボファイト6に行ってきました〜。

こっそりi-Sobotバトル大会をやったりして。
楽しいイベントでした。

優勝して、第13回Robo-One大会決勝出場認定権をゲットしたのは、なぐさんです。
おめでとうございます>>なぐさん

明日は、市販ロボットキットがベースのSRCトーナメントです。
ROBO-ONE大会出場認定大会が前座になってしまうというのが、ロボファイトのすごいところですね(笑)

明日も楽しんできます☆


2007年11月20日(火曜日)

マイクロマウス2007

カテゴリー: - 三月兎 @ 08時19分37秒

マイクロマウス2007を見てきました。
今年もエキサイティングでした。
エキスパート決勝戦の会場全体が息をつめて、ロボットの走りを見守っているあの緊張感は、現場にいないと味わえません。

去年は8秒を切るマウスを見ると「速っ」と感じたけれど、
今年は、7秒前半か6秒台でないと、スピードを感じません。
スピード感というのは、相対的なものなので。
エキスパートクラス常連の方々の走りを、予想外にゆっくりに感じてしまうくらい、
大会全体のスピードがアップしているんです。

上位入賞した方々のマウスは、当然、昨年より性能アップして速くなっているけども、
そのアップ率よりも、中堅〜エキスパートデビュー組が急上昇で能力アップしているのでしょう。
このあたりはデータの裏付けなしで、私の感覚によりますが。
昨年、一昨年のタイムと今年のタイムをちゃんとチェックすれば、裏付けができると思います。

エキスパートクラスには、15年前にマイクロマウスをやってらした方が、お子さんにご自分の技術を教えて、お子さんが競技会に出場していたり。そういうのを見ると、改めて28年間の歴史を感じます。
親から子へ技術が伝承されるようになったら、それは「文化」ですよね。
技術や文化を世代を超えて伝えるのには、25年の時間が必要だといいます。
マイクロマウス大会は今年で28回目。
30回大会に向けて、1/2規格のマウスも提示されている。
世の中、「次世代ロボット」といいつつも、なかなか動き出さない感があるけれども。
マイクロマウスは競技会の中で、リアルに次世代に向けて始動しているというのがすごいです。

その変革を間近で見ることができるということに、とてもワクワクしています。
参加している皆さんのワクワク感にはとてもかないませんが(笑)


2007年11月16日(金曜日)

つくばロボチャレンジ

カテゴリー: - 三月兎 @ 23時44分28秒

筑波にきています。
今日は、つくばロボチャレンジ:-)の予選を見学しました。
「つくばロボチャレンジ」は自律ロボットが、公園内の遊歩道を1km自走するという競技会です。

今日の予選は、12分間で100mを走ったら合格。明日の本戦へGO! なのです。
自律ロボットが屋外で一般道を使って競技するというのは、初めての試みです。
にもかかわらず、30台以上のエントリー。出走したのは30台近く。そして、100m完走が11台と、予想を遙かに上回る成績でした。

今日は、観戦しているのはほとんど関係者とプレスでしたが、明日はいよいよ一般観客も交えてのレースです。

自走するセグウェイとか、面白いロボットがいっぱいいたので、明日が楽しみです。


2007年11月15日(木曜日)

日経PC ロボット特設サイト

カテゴリー: - 三月兎 @ 01時00分49秒

日経パソコンオンラインが、ロボット特設サイトを開設しています。

サイト担当の松元さんは、自らKHRを組み立ててイベントにも参加してらっしゃる方です。
もちろん、ROBO-ONEはじめさまざまなロボットイベントの取材もされています。

ロボット・ファンの皆様は、日経PCのロボット特設サイトも巡回経路に入れて要チェック!! です:-D


2007年11月11日(日曜日)

長野中学生ロボコン

カテゴリー: - 三月兎 @ 07時51分24秒

趣味と実益兼ねて、各地の学生ロボコンに出没しています。神出鬼没と言われるようになりたいです:-)。

昨日は長野中学生ロボコンに行ってきました。

先日、金八先生最新作を見た人から、「中学生が先生にタメ口ってどうなのよ?」という意見があり、TVを見ていない私にはピンとこないのだけど、今時はそれが普通なのかー ふーん と思っていたのですが。

ロボコン会場で。開会式を始める時に、先生がマイクで中学生に招集かけた言葉を聞いてすっごく驚いてしまいました。

「そろそろ開会式を始めるので、集まってくれると嬉しいなぁ〜」

う、嬉しいなぁ〜〜 ・・・って。

な、なんか違うー。
私の中学時代は、生活指導教員や体育教師だけじゃなく、男の先生はもちろん、国語や英語の女性教師も竹刀や棒で生徒を威嚇しながら指導していたんですよ。時代が違うというよりも、異世界って感じ(@_@)。

んで。中学生の皆さん、とてもいい子達でした。

大会が終わった後は、先生方の指示で、会場の撤去作業を手伝って。椅子やテーブルパネルを撤去して、床に一面敷いてあるビニールシートを手分けして畳んで運んで、最後にモップまで掛けて。前もって分担が決まっているわけではなく、手の空いた人が気づいて動いている。

最後、私は駅で中学生の一団と一緒になったのだけど。
切符を買おうとして並んでいたら、前にいた子が私に気づいて、「一般の人、優先」って周囲の子にゆって私に順番を譲ってくれました。
そんな風にしてもらうの、初めてだから驚いてしまいました。ありがとう〜。

大会は、勝敗を競いあうことよりも、技術力や努力に対して評価をするロボコンで、大会運営にさまざまな工夫があって面白かったです。
特許システムで技術アピールを事前に行うというのは、とてもいいシステムだなぁ と思いました。

レポートはまた後日。


2007年11月9日(金曜日)

QRIOと一緒っ!

カテゴリー: - 三月兎 @ 08時45分50秒

朝、NHK教育の番組「ピタゴラスイッチ」を見ていたら、アルゴリズム体操が始まりました。

んで、今日のアルゴリズム体操は「QRIOと一緒!」だったんですよー。

以前、ROBO-ONEの予選でアルゴリズム体操を披露した方がいました。
審査員も観客もNHK教育の子供番組は見ていなくて、ついていけない人がほとんどでした(^^;
今なら私、ついていけます!

ロボットウォッチには、森山さんの「QRIO」は子供達と仲良くなれるのか―PNASで論文発表 記事が掲載されています。

いーなー 私もQRIOと一緒に幼稚園に通いたい。
でもって、一緒にお遊戯したいっ。


2007年11月8日(木曜日)

i-SOBOT

カテゴリー: - 三月兎 @ 09時05分03秒

i-SOBOTがあちこちで話題になっていますね。

私はまだ、実物を見ていません。出遅れています。しくしく。

ロボットウォッチで梓さんのタカラトミー「Omnibot 17μ i-SOBOT」緊急レポート
〜31,290円のヒューマノイドロボット、ついに発売
読んで、ほーー と思っていましたが、ぴしいさんのタカラトミー「Omnibot 17μ i-SOBOT」分解・解析レポート は、読んで思わず笑ってしまいました。
ぴしいさん、楽しそう〜〜〜っ。

サーボモーターやパーツを持っている写真に指が写っているから、
「小っちゃっ」というのが視覚で伝わってきて、なんとゆーかもー、写真見ているだけで笑みがこぼれます。

私は技術的なことや難しい話はわっかんなーいのですが、ぴしいさんの写真で「ちっちゃいっ!」というのが、とってもとってもよく判って、それだけでほんとーに嬉しいです。

・・・i-SOBOTを手に入れたら、後先考えずに分解しちゃいそうで怖いです(笑)


2007年11月4日(日曜日)

つやまロボットコンテスト

カテゴリー: - 三月兎 @ 23時49分18秒

第12回つやまロボットコンテストに行ってきました。

とても楽しかったです。早起きして、ローカル電車も久しぶりですごく嬉しかった。
里の秋という風景を車窓から眺めるのは、贅沢な気分でした。

イベントはサッカーをベースとしたロボット競技。
ユニークなチャレンジや、画像認識に挑戦しているチームもあり、とことん勝つことに拘ったロボットもあって、技術チャレンジもゲームとしても見応えがあり面白かったです。

津山市には初めて訪れました。市をあげて、ロボットコンテストを行っているというのが伝わってきました。会場には、親子連れの観客も多く、私の隣にいた男の子はこの3年間、毎年楽しみに観戦していると他社さんの取材に答えていました。
ロボットコンテストって、参加者身内以外の観客って少ないことが多いので、12年間大会を企画運営を続けてこられた関係者の方々の継続力を感じました。

詳細レポートはまた後日。


2007年11月1日(木曜日)

マイクロマウス中部地区大会

カテゴリー: - 三月兎 @ 23時20分55秒

日曜日にマイクロマウス中部地区大会に行ってきました。

マイクロマウス中部大会 リザルト
支部会サーキットリザルト

中部地区大会は、20台出場して完走したのが19台!!
マイクロマウス競技の難易度を考えると、とてもすばらしい完走率です。

優勝した井谷さんが、「マウスは地味な競技だから・・・」とおっしゃってましたが、初めてみた人は、目を点にして驚いちゃう競技ですよ〜〜。
ロボット・ファン.netにも過去の動画があるので、ぜひ見てください。
マイクロマウス無料動画
ロボット・ファン.netで初めてマウスの動画みて、マウスファンになった人が何人もいます。

ただ、初めてチャレンジするには難易度がネックなんですよねー。

来年の夏に発売される1/2マウスキットは、1/2迷路だけじゃなく今までの迷路も走破することができるから、キット発売を期にマイクロマウスに未経験者が参入してくれたら、いいなぁ〜〜 と思います。


2007年10月14日(日曜日)

ロボット相撲大会 中国大会

カテゴリー: - 三月兎 @ 20時18分24秒

ロボット相撲 中国大会予選に行ってきました。
中国大会に参加している高校生の皆さんは、挨拶の声も大きくてすごく礼儀正しいな〜 と思いました。

今まで見たことのない、面白い相撲ロボットを見ることができて、楽しかったです。
本戦切符ゲットした皆さん、おめでとうございます。

2007年の地区大会は残すところ10/28の九州大会のみ。
最後の切符目指してガンバってください。

レポートは後日。


2007年10月7日(日曜日)

愛知中学生ロボットコンテスト

カテゴリー: - 三月兎 @ 21時28分15秒

愛知中学生ロボットコンテストに行ってきました。
WEBの情報だけでは、どのくらいの規模かわからなかったのですが、行ってみてびっくり〜!!
愛知県下57校から、158台のロボットが出場しているのです。
各学校、1部門に3台までしかエントリーできないので、学内予選をくぐり抜けたロボットが、178台ですよー。

1回戦からレベルの高い試合をみることができたし、1日中、わくわく楽しく会場を飛び回って見てきました。

大会は、三河地区の技術家庭科教員の自主研修組織「コイルの会」がしていて、これだけの規模の大会をとてもスムースに運営していました。予選ブロックが16もあると競技進行が大変なんですが、細かいところに工夫を凝らしていて。「技術系の先生が運営システムを考えているんだなぁ〜」と、妙なところで感心してみたり。

コンテンツも面白く、運営も上手なのに、話題になってないのがすごく残念だなぁ〜〜〜 と思いました。
私はたまたまネットで遊んでいて情報を見つけたのだけど。
今、Googleで、「愛知 中学生ロボット」を検索すると、公式サイトじゃなくて、ロボット・ファン.netのイベントカレンダーがヒットするんだもの(^^;

愛知と冠がついているけども、県外からの参加もOKということなので、
来年はもっと参加者が増えるといいなぁ〜〜 と、今から来年を楽しみにしています。

イベントの記事は、また後日(^^)


2007年9月23日(日曜日)

ROBO-ONE 反省会

カテゴリー: - 三月兎 @ 00時35分12秒

ROBO-ONE 反省会
関西のROBO-ONE反省会に行ってきました。

予選順位下位から、一人ずつ、自分のデモンストレーションを振り返って、どこが失敗したのか。
それに対して、アドバイスが飛ぶ。

なかなか本気な反省会でした。

最後に、予選1位のマルさんが予選に挑む心構えをレクチャーしてくれました。
あれは、飲み会モードで伺うのはもったいないお話でした。
テクニカルカンファレンス並に、パワーポイント用意して、
マルさんが実践していることを、全てお披露目してくださいました。

今回、聞いた話を次回に向けて実践したら、必ず予選突破できますよー。
ほんと。

とゆーか。
あのお話を「ROBO-ONE予選突破テクニック」として聞いていては、いけないなー と思います。
マルさんのお話は、「仕事に対する心構え」です。
予選にでない私にとっても、大変勉強になりました。
ありがとうございました。

えっと。
私も「本戦まであと一歩 〜予選突破のプレゼンテクニック〜 」と題して(生意気にも)主観に満ちたレポートをアップしています。
よかったら参考にしてください。
ユーザー登録者限定コンテンツとして、ダウンロードの中に入ってます(^^)


2007年9月16日(日曜日)

第12回ROBO-ONE大会 トーナメント速報

カテゴリー: - 三月兎 @ 16時01分11秒

第12回ROBO-ONE大会 トーナメントが終了しました。
参加者の皆様、お疲れ様でした!!

軽量級優勝 おめでとうございます>ガルー

総合優勝おめでとうございます。>GADGET-2

決勝トーナメント結果

予選順位


2007年9月15日(土曜日)

第12回ROBO-ONE大会速報

カテゴリー: - 三月兎 @ 18時53分22秒

今日は、第12回ROBO-ONE大会予選でした。

参加者の皆様お疲れ様でした!
予選通過した皆さん、おめでとうございます。


予選デモレーション順位


明日のトーナメント表です。

決勝トーナメント組み合わせ


2007年9月12日(水曜日)

ロボット相撲

カテゴリー: - 三月兎 @ 10時56分53秒

1年ぶりにロボット相撲を見てきました。
実は、私のロボット競技会のおっかけ歴は、ロボット相撲がスタートなのです。

私にとって、ロボット相撲の魅力は狭い土俵の中を猛スピードで走りまわりつつ、相手を捉えてガッツりぶつかりあって、空中で一回転しながら土俵から吹っ飛んでいく。勝ったほうは、土俵の上をぎゅんぎゅん言わせながら勝ち名乗りあげてるみたいな。

そーゆーのを見るのが、快感です(^^)

製作者の方のコンセプトによって、ロボットのタイプはいろいろあるんだけども。
私は、コンパクトで高速型で頭がいーロボットが好きなのねー。でもって、パワーがある子。

近畿大会では、そーゆー見事に私好みの「カール君」が優勝したので、すごくうれしかったです。
カール君とトーナメントでぶつかってしまった、花火は残念だったーー。
絶対、全国クラスのロボットなのに! あそこでカール君と花火がつぶしあいをするなんて。トーナメント戦って、残酷。

地方予選はまだまだ始まったばかりなので、この先、もっともっと熱い戦いが各地で繰り広げられると思うとワクワクします。


2007年8月17日(金曜日)

明日、ASIMOに会いに行こう(^^)

カテゴリー: - 三月兎 @ 23時32分41秒

大阪電気通信大学の寝屋川キャンパスに、ASIMOが来るので会いに行ってきます(^^)

■場所:寝屋川キャンパス
■日時:2007年8月18日(土)

1st 13:00〜
2nd 14:30〜
3rd 16:15〜  (エンディングステージ)

最新型だと嬉しいなぁ・・・
パンフレットに身長120cmって書いてあるから、違うのかなー??

ASIMOに会うのは久しぶりだから、とっても楽しみです。


2007年8月11日(土曜日)

レスコンが面白い

カテゴリー: - 三月兎 @ 00時21分08秒

明日から2日間(11日、12日)に神戸の神戸サンボーホールで開催される「第7回レスキューロボットコンテスト競技会」が、面白い。
今日、ちょっとテストランを見学させていただいたのですが、、、、
予選と雰囲気が全然違うー。
ちなみに予選のレポート

競技前にプレゼンがあるから、競技者がどういう意図でロボットを製作したのかが判る、とか。
予選では表示されていなかった、ダミヤンが痛がっているゲージがあって、ロボットが何をしてダミヤンがどういう状態なのか、判りやすいとか。
ただの観客が感情移入しやすいという珍しいロボット競技会だと思いました。

近い将来、ダミヤンが「痛いよぉ〜(;_;)」ってゆったり、泣き声出したりするようになるのだろーか。HPが減ってしまったダミヤンの泣き声がか細くなってしまったり・・・リアルすぎるな・・・(没)

まぁ、それはさておき。
レスコンの面白さは、競技を実際に見ないとなかなか判らないと思うので、大勢の見学者があるといいなー と思いました。
私は11日は行けないんだけど・・・(残念!)


2007年8月6日(月曜日)

Transformers: The Movie

カテゴリー: - 三月兎 @ 00時58分19秒

映画「トランスフォーマー」を見てきましたよ〜。

映画館で涙流して笑ったのは、久しぶり。
いや〜 なんてゆーかもー、突っ込みどころ満載すぎて。
ここまでやってくれたら、全て許す!! と寛大な気持ちになりました。

超最先端ロボット = 日本製だ!

というのは、ありがたいといっていいのか?
中村博士のHSWR-07は、You TUBEの動画が320万ヒットですよ。
先月チェックした時から、1ヶ月で+100万。
HSWR-07を見て、「やっぱり日本はすごい」と思ってくれる人がいると思うと、嬉しい(^^)

映画の中で、バンブルビーが可哀想で可愛かった。
私もあの子欲しい。

この映画は、映画館の大きなスクリーンで見て爆笑するのがお勧めです。


2007年8月4日(土曜日)

ロボットバトル in 大同工業大学

カテゴリー: - 三月兎 @ 23時06分12秒

ロボットバトル in 大同工業大学 に行ってきましたよ〜。

関東勢が大活躍!!

優勝のくままさんおめでとう〜。
2位が吉田ファミリアさん。
3位がくぱぱさん。

くままさんとくぱぱさんは、準決勝で夫婦対決をしてました。
息の合ったバトルでしたね(^^)

変形3m走、チームde箱押し、ロボビリヤードと、オリジナルな予選競技も面白かったです。
こういう誰にでも参加できて楽しめて、ロボットの基本性能やタスクが自然にアップする競技っていいですね。
個人競技あり、団体戦ありという形式も、参加者みんなで楽しむにはよいアイデアだと思いました。

ぶっちゃけちゃうと、予選のリングはなかなか厳しい条件でした。
あのリングで徒競走できる! 競技できる!!
というのは、ほんとーにすごいです。
「それが当たり前」とういところまでロボットのレベルが上がっているんだなぁ〜〜 と改めて思いました。

参加者の皆様も、大会運営委員の方々もお疲れ様でした(^^)
次回開催が楽しみです。


人工筋肉

カテゴリー: - 三月兎 @ 09時01分40秒

8/3のサイエンスZERO(再放送)のテーマが「人工筋肉」だった。

人工筋肉の技術が携帯電話のついてるカメラのフォーカスをあわせる装置に応用されるという話が面白かったな。
樹脂の板に電気を流して、マイナスイオンと水の分子を引き寄せて一方向に伸縮させることで、動く人工筋肉。モーターを使わないから、小さく作ることが可能。

携帯電話を一種のPCだと理解している人って、今でも少数派だと思う。
数年後には、携帯電話ってロボットだよ? ってことになるんだろうなぁ。


2007年7月28日(土曜日)

第2回ロボット相撲オープンセミナー

カテゴリー: - 三月兎 @ 17時04分44秒

第2回ロボット相撲オープンセミナー

今日は、電気通信大学で行われた「第2回ロボット相撲オープンセミナー」に行ってきました。
電気通信大学の自由工房で相撲ロボットを製作している学生さん6名と、指導教員の高木先生。そして、関西地区でロボット相撲を製作している社会人4名が参加しています。

関西は、ロボット相撲の強いメンバーが揃っています。
実は、私の一番古いロボット仲間がこのロボット相撲の人たちです。

ロボット相撲は1.5mの土俵内をすごいスピードでロボットが走り回り、相手を吹っ飛ばすくらいの勢いくらいパワーでぶつかりあうので、間近で見るとすごく迫力があります。

学生さん達は、毎年本戦出場を決めている社会人のロボットに果敢にチャレンジしてました。
トーナメント戦では、準決勝で高木先生のロボットに学生さんがキレイに2本勝ちして、拍手喝さいの場面もありました。

ロボット相撲は、機体のつくり込みももちろん大事だし。
立会いのタイミングもテクニックのひとつだから、何度も練習していました。
練習試合をたくさんこなすほど、さまざまな問題点が見えてきて改善点が判ります。
9月2日から始まる地区予選に向けて、みんな頑張ってください。


2007年7月26日(木曜日)

8本の脚・車輪を持った移動ロボット「Halluc II」

カテゴリー: - 三月兎 @ 21時31分49秒

ロボットウォッチで8本の脚・車輪を持った移動ロボット「Halluc II」の記事を読みました。
面白いなぁ〜〜。
いいなぁ。実物、見たいなぁ。

私もコックピットでHallucIIを操縦してみたいよぅん。

古田所長がまた痩せているように見えるのが気がかりです・・・


2007年7月14日(土曜日)

一歩前進

カテゴリー: - @ 00時18分16秒

ロボット・ファン.netにMyブログ計画。

パーマネントリンクができたので、一歩前進。
嬉しい:-D

1)Permalinkの設定が可能

2)ユーザーさん毎に背景やタイトルが付けられるようになるといいなー
3)RSS2でいままでのブログデータを移行できる
4)携帯メールから画像を含めて投稿ができる
5)携帯からアクセスすると携帯用の画面になる

3ができたら嬉しいなぁ。

4、5もできるという情報あり。
便利な機能に私がついていけないのが、一番問題(^^;


2007年7月13日(金曜日)

ロボット・ファンでMyブログ

カテゴリー: - @ 12時52分32秒

Myブログページの設定テストを始めたら、
早速ブログにコメントをいただきました。
応援メッセージ嬉しいです。ありがとうございます(^^)


昨日いただいたコメントが非表示になっているのは、
削除したからではなくて、コメントシステムを切り替えたら、
表示されなくなっちゃったのです・・・ :(
こういう点も含めて、現在、設定の確認中です〜〜。
ご了承ください。

登録ユーザーさんに公開できるようにいたしますが、
そんなに高機能なことはできないと思います。
システム的には可能かも?? なんですが、
私の能力が、、、

ブログは掲示板とは違いますので、
事前にできるだけのチェックをして、可能かどうかテストをしたうえで
公開を決めたいと思います。

応援していただくと、気力が沸きます :razz:
よろしくです〜〜


テストしてみます

カテゴリー: - g_test @ 01時00分05秒

テストしてみます。


2007年7月8日(日曜日)

レスキューロボットコンテスト

カテゴリー: - 三月兎 @ 23時43分35秒

レスキューロボットコンテスト
レスキューロボットコンテストを初めて見ました。
面白かったです。

レスコンの見所は、「もどかしい」だと思いました。
ダミヤン(要救助者役の人形の愛称)の傍らまでロボットが行っているのに、救助できそうでできない。
ダミヤンに痛いことをすると、ダミヤンのヒットポイントが減ってしまいます。
ダミヤンにガレキぶつけたり、強く掴んだり逆さづりにしちゃうとHPが減ります。
ロボットがダミヤンを轢いちゃうなんて言語道断です(–;

予選は目視でロボット操作だったけれど、本選ではロボットに搭載されたカメラから送られてくる映像だけで操縦してダミヤンを救わなくてはなりません。
あぁ、考えただけでもどかしい。
とはいうものの、目視だとロボット本体でダミヤンが隠れた時にお手上げになるので、カメラの方が有利な場合も多々あるわけなので、いちがいには言えません。
カメラにしても目視にしても、距離感が掴みづらいのがとてももどかしい・・・

助けたいのに助け出せない、一生懸命ロボットを操縦しているのに思い通りにならない。
そのもどかしさが、レスコン見学の肝だと思いました。
観客は無責任です(^^; すみません。

競技が終わるとチームリーダーにインタビューをする時間があるのだけど、「練習不足でした」という言葉が多かったです。
練習不足で救助できないのは、悲しい・・・ 本気でそう思ってしまうくらい、ダミヤンに感情移入してしまいました。

本選では一人でも多く救助されるといいな と思います。


トランスフォーマー

カテゴリー: - 三月兎 @ 01時19分59秒

この数日、サイトへのアクセスが多い。
夜中のアクセスが急増しているから、海外で何かあったのかな〜〜 と思ってました。

スピルバーグの「Transformers」が8月に公開されるんですね。
納得(^^)

中村博士のHSWR-07は、いまもロボット・ファン.netの一押しコンテンツです☆
YouTubeに転載されている動画には、世界中で230万以上の人が見ていて、コメントも1000件以上ついてます。
ちなみに、転載の転載が繰り返されているので、一体、どれだけ同じ動画が出回っていることやら。
ロボット・ファン.netをやっていて嬉しいことがいくつもある中で、こうして本当に大勢の人達に、みんなが作ったロボットを紹介できる。見た人に驚いてもらえるというのが、一番嬉しいです。

続けてこれて良かったな〜 と思うし。
これからも続けていきたいな(^^) と思うのは、こんな時です。


2007年7月7日(土曜日)

水中ロボット 開発最前線

カテゴリー: - 三月兎 @ 00時18分04秒

NHK教育のサイエンスZERO で、「水中ロボット」をやりますよ〜。

海の中は有人探索が難しくて、ロボットの活躍が期待されるジャンルです。
でもなかなか水中ロボットを見る機会は少ないです。
昨年、取材に伺った時に「実験できる環境が少ない」という悩みを聞きました。

今回、TVでどんな水中ロボットが拝見できるのか、とても楽しみです。

放送日:7月 7日(土)午後11:45〜 教育
再放送:7月 12日(木)午前 2:30〜 BS2
再放送:7月 13日(金)午後 7:00〜 教育


2007年7月4日(水曜日)

ロボットイベント告知

カテゴリー: - 三月兎 @ 00時43分13秒

もうすぐ夏休み!! とゆーことで。
今年も各地でロボットイベントがたくさん企画されていますね(^^)

ロボット・ファン.netでも、イベント告知ができたらいいなー と思い、
トップページにイベントポスターを表示しました。
5分間隔くらいにランダムで表示されます。

ロボット関係のイベントを企画してらっしゃる方は、
ぜひポスター画像をサイトへ送ってください。表示します(^^)


2007年6月29日(金曜日)

R2-D2がプロジェクターになった!

カテゴリー: - 三月兎 @ 13時38分12秒

「スターウォーズ」の人気キャラクタ「R2-D2」がDVD内蔵プロジェクタになって登場。
商品名は「R2-D2 DVDプロジェクター(770000A)」。株式会社ニッコーが今秋より発売するらしい。
価格は388,500円。1,000台入荷予定。家電量販店やネットショップなどで販売予定。

1/2スケールで、プロジェクタ、DVDプレーヤー、スピーカー、メモリーカードスロット、iPod接続Dockなどの機能があるらしい。

欲しい人、いるだろうなー。

http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20070628/nikko.htm


2007年6月10日(日曜日)

ETロボコン2007 関西地区予選大会

カテゴリー: - 三月兎 @ 22時32分02秒

ETロボコン 関西地区予選大会を見てきました。
一言でゆーと、ライントレース競技です。
他のライントレースのロボコンと大きく違う点は、ETロボコンは同じハードをつかっているので、ソフトウェアだけで勝敗が決まります。

見た目一緒だと、地味な大会なんじゃないか? と思っていたのですが、
面白かったです。
ロボットってソフトで動いているんだよね、、、という、至極当然のことを改めて見る機会でした。

そうそう。ETロボコンは、第1走行と第2走行のタイムを合計したポイントが得点になるんですよ。
「2回トライして、よい記録が持ち点となります」という競技会の方が多いんじゃないかと思うんですが、、、。
合計ポイントで競うということは、1回リタイアしたら上位入賞は無理です。
点線やZクランクのような高得点を狙えるポイントにチャレンジして、リタイアになるよりも、無難に完走する方が安全です。
実際、難関コースにチャレンジするチームは少なかったです。
よい記録の方を持ち点としたら、チャレンジするチームも増えるだろうに。なんだか、競技の面白みが目減りしてもったいないな〜〜 なんて思って競技をみていました。

が。

ETロボコンって、企業エンジニアをメイン対象とした競技会なんですよね。
実際の組込システムで、2回に1回しか動作しないプログラムなんて、システムとして価値がない。
だから、よい記録を持ち点とするのではなく、合計点で勝負するという厳しい採点方式なんだろうと気づきました。そう考えると、さすが企業エンジニアの方々が集う競技会だけに志しが高いなぁ と感服した次第です。
(大会主催者の方に確認とったわけじゃないですけど。)


2007年6月9日(土曜日)

ET×ロボット2007

カテゴリー: - 三月兎 @ 23時03分26秒

大阪電気通信大学 四條畷キャンパスで開催されている「ET×ロボット2007」に行ってきました。
ロボット教室やロボット展示をみて来ました。

PLENがMacのアプリケーションができてWillで操縦できるようになってました。
サンリツオートメイションの1/10スケールの模型自動車にカメラを搭載して、無線LANで遠隔操縦するのも面白かったですねー。
他には、三菱メカトロニクスソフトウェア(株)のジャイロを使わずに傾きを検知するヘリコプターとか。熱いお話がとても楽しかったです。理解できなくてごめんなさい・・・。

久しぶりの友達にも会えて、楽しい1日でした。

明日は、ETロボコン関西地区予選です。
初めて見る競技なので、とても楽しみにしています。


2007年6月4日(月曜日)

第5回KONDO CUP

カテゴリー: - 三月兎 @ 01時40分40秒

KHR3rdアニバーサリーで、第5回KONDO CUPが開催されました。
初日のプレス対抗トーナメントには、私も出場〜。
楽しい2日間でした。

KHR3rdアニバーサリーのレポート

第5回KONDO CUP レポート&リーグ結果

6/4追記:
KONDO CUPの学生対抗 Bリーグの写真が間違っていたので、修正しました。
ONOさん、ありがとうございます。


2007年6月2日(土曜日)

KHRのお誕生日

カテゴリー: - 三月兎 @ 23時10分38秒

今日は、KHRのお誕生会。3歳おめでとう。

38体のKHRが集まって、みんなでお祝いしました。

私は、散財さんと組んで、サッカーに挑戦しました。
面白かったです〜〜


2007年5月20日(日曜日)

第10回組み込みシステム開発技術展

カテゴリー: - 三月兎 @ 23時22分09秒

東京ビッグサイトで開催されていた「第10回組込システム開発技術展(ESEC)」に行ってきました。

ロボットにはもちろん、日常使っている家電製品にも入っている技術なのに、普段、意識していないので、改めて展示会に行ってみて出展ブースの数や来場者数の多さに驚きました。
技術ってほんとに大勢の人に支えられているんだなー と感心したり。
これだけあっても、まだまだ不足しているんだー と、理工科離れを不安に思ってみたり。

ロボット展示しているブースを、じーーーっと眺めていると、担当の方がとっても親切に説明してくださるのが、嬉しかったです。

いつもと違う視点から、ロボットを見たり考えるというのがとても楽しかったので、第10回組込システム開発技術展のレポート書きました。


2007年5月18日(金曜日)

チロルチョコロボット大会

カテゴリー: - 三月兎 @ 08時12分46秒

まさゆきさんから、イベントカレンダーにチロルチョコロボット大会の告知をいただきました!!

チロルチョコロボット大会 イベント詳細はコチラです。

チロルチョコロボットを見た時に、
「チロルチョコ協賛で、ロボット大会やればいいのにー」
とゆったような記憶があります。

実現するとは!! 嬉しい☆

この告知だけでは、もひとつ、チロルチョコロボットの可愛らしさが伝わってこないのが、残念〜。
今日、RTさんに遊びに行くから、チロルチョコロボを拝見してこよう。
レポートのネタを仕入れられたら嬉しいなー(^^)


2007年5月8日(火曜日)

ツクモ王国 なんば店

カテゴリー: - 三月兎 @ 20時22分16秒

ツクモ王国なんば店に久しぶりに行ってきましたー。

「いーなー、これ!」と思ったのが、
市販ロボットキットのマニュアルが、印刷されてファイリングされていること。
もちろん、閲覧自由です。

これから、ロボットを購入検討する時に、スペック情報だけじゃ最後の一歩を踏み切れない! とゆー方は、ぜひお店に足を運んで、じっくりしっかりマニュアル見比べてほしいです。
もちろん実機も展示してあるし。

ネットで得られる以上の情報があることは間違いないです。

ツクモ なんば店はこちらです。


2007年5月4日(金曜日)

ロボプロ in 私のしごと館

カテゴリー: - 三月兎 @ 00時30分03秒

ロボプロ in 私のしごと館の初日に行ってきました。
楽しかったです。久しぶりにレポート書いちゃいました。

結果は、ダウトさんのヨゴローザが、スプリントとファイトの2冠を制して優勝。
おめでとうございます>>ダウトさん。
明日(5/4)に2日目があって、第12回ROBO-ONE大会の出場認定権は、両日の総合優勝から決まるわけですが、厳しい状態になりましたねー。
明日の優勝者が、同じく2冠制した上で、ダウトさんのスプリント記録(6秒77)を上回った場合に、出場認定権はその人の頭上に輝くわけです。

目標が高いと気合いが入りますね!
頑張ってください>>2日目の参加者の皆様。

ダウトさんも明日の出場者だから、防衛戦ですね。

2日目も楽しみです。


2007年4月17日(火曜日)

ロボファイトの発射体

カテゴリー: - 三月兎 @ 00時21分48秒

ロボファイトでは、発射体の使用が許可されています。
この独自ルールが面白いのも、ロボファイトの魅力です。

んで。
武器や動力(?)として、輪ゴムを使用しているロボットがあります。
が、輪ゴムは細いので、試合中に審判がチェックするのは、難しいだろうなー と思うワケです。
審判に判定していただかないと、ポイントも取れないし。

とゆーことで。三月兎的アドバイス(^-^)
100均ショップのヘアアクセサリーコーナーに、カラフルで太いゴムがあります。
輪ゴムのかわりにコレを使うと、目立ちやすくなるのでよいと思います。


2007年3月30日(金曜日)

予選結果の傾向

カテゴリー: - 三月兎 @ 07時35分47秒
大会 予選1位 予選2位 予選3位
第1回 R-BlueIII 468 YRCドム 432 TA-17 428
第2回 R-Blue IV 379 Adamant 2nd 357 A-Do 350
第3回 R-Blue-4.1 475 Metallic Fighter 468 Brownie02 419
第4回 A-Do 459 OMNIHEAD 454 HSWR-03 431
第5回 OmniStriker 406 Metallic Fighter 397 ヨコヅナグレート不知火 384
第6回 A-Do 322 OmniCovered 307 HSWR-05 262
第7回 DYNAMIZER2 429 OmniZero 388 Arichyon 386
第8回 ARIUS 413 Dynamizer 408 R-Blue 388
第9回 OmniZero.2 437 アリキオン 416 ダイナマイザー 415
第10回 AFURO(A-Do Type10) 414 トコトコ丸 405 Neutrino X 396
第11回 OmniZero.4 453 マジンガア 432 キングカイザー 409

過去大会の予選上位を集計してみました。
Omniが予選1位3回目だったのは、判っていたけれど。会話している中で、A-Doって3回だっけ? 4回? とちょっと自信がなくなりました。
これだけたくさんのロボットが出場していて、11回開催中1位をR-Blue、A-Do、Omniの3名で独占しているとゆーのは、すごいですね。
それだけ、予選は得手不得手が出やすいということでは? と思います。
1位のみで語れば、3名がタイ記録ですが。
Omniは上位率が非常に高い。ちなみに8回大会は4位。10回大会は19位でした(<センサーがうまく働かなかった)。

今回の予選は、規定演技に「ぞうきんがけ」選んだ人多かったです。
ばっさり言っちゃいますが、誰もが思いつくようなことをやっていては、予選を通過するのは難しい。とゆーレベルになっている。
予選に求められているのは、ロボットの性能+デザイン+プレゼンテーション。
Robo-One大会の予選は技術者としてのスキルだけではなく、人間力も試されているのです。
“人間力”は観客席でネタになったキーワードだったり。

私はRobo-One大会の一番の見所は予選だ! と思っているので。
次回のテクニカルカンファレンスには、この3名様に予選をテーマに語っていただきたい。
などと思っちゃいます。


2007年3月29日(木曜日)

66キロを動かすロボット登場

カテゴリー: - 三月兎 @ 10時36分04秒

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070328-00000124-mai-soci
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070329-00000007-maip-soci.view-000

[記事引用]
 30キロの荷物を抱え上げたり、横になった66キロの人体模型を抱き寄せる人型ロボットが28日、東京都文京区の東京大で公開された。腕や腹など全身の人工皮膚に約1800個の触覚センサーを埋め込んだ世界初のロボットで、物をわずかに浮かせ、「せーの」と一息で引き寄せる、人と同じような動きが特徴だ。
 ロボットは国吉康夫教授(知能機械情報学)と大学院生の大村吉幸さん(27)が開発した。身長155センチ、体重70キロ。人体模型を引き寄せる場合、ベッドにひざを押し当ててテコの原理を使い、瞬発力で動かす。この方法で、ロボット本体の重量の約10分の1が持てる重さの限界という従来の常識を破った。
 「モーターを大きくすると家庭では危険。一つの関節は小さな力しか出ないが、触覚で持ち方を制御し、重い物を動かすことに成功した」と国吉教授。引っ越しシーズン真っただ中だが、いずれは「プロ並みの技能」で荷物運びや介護の現場に役立たせたいという。
[–引用終了]

すごいー。
「動かす」と「持ち上げる」、「持って歩く」の壁は大きいだろうけども。
またひとつロボットが進化したのね。

動いているところを見たい!
ロボット・ウォッチに動画掲載されるかなー。わくわく


2007年3月28日(水曜日)

どきどき ばくばく

カテゴリー: - 三月兎 @ 07時20分27秒

朝起きて、吉日日記を読みました。

石川さんがビッグボスに直談判したそーです。
「有志がDVDを作るのはかまわない。作って配布するなら委員会に「こんなの作ったんですが・・・」と一言連絡が欲しい。」
ほんと? ほんと?

私もその場にいたかったよー(><)

勇気を出してボスにメールをしたら、道が開けるのでしょうか?
誰か私に勇気のタネをください。


2007年3月27日(火曜日)

第11回Robo-One大会 予選動画

カテゴリー: - 三月兎 @ 22時42分16秒

ロボットウォッチに第11回Robo-One大会の予選レポートが掲載されています。
by 森山さん

動画も盛りだくさんです。

次回本戦出場を目指すためには、ライバルの予選デモンストレーションのチェックは超重要。
「人の役にたつ」という規定課題は、参加者にとっては漠然としすぎていて、内容を考えるのが難しいかもしれないけれど、いろんなアイデアが出ると観客は楽しいです。
次回も同じ規定があるとしたら、ここに紹介されてないものをガンバって考えて、観客(&審査員)を楽しませてほしいなー と思います。


2007年3月25日(日曜日)

第11回Robo-One予選

カテゴリー: - 三月兎 @ 00時44分38秒

第11回Robo-One大会予選を見てきました。
100体のロボットのデモンストレーションは見ごたえありました〜〜。

早速、第11回Robo-One大会予選リザルトをアップしています。
もひとつ、好き勝手〜〜〜に観客席で呟いている兎のRobo-Oneレポート

いやぁ、先日人前でロボット動かそうとして、(^^;;な思いしたばっかりなんで。
ロボットをちゃんと動かすのって、すっごくすっごくタイヘンなんだよねっ
って思ったうえで、それでも好き勝手ゆっちゃう〜〜〜、、、のでした。

今回もほんと楽しかったです。明日の本戦も期待しています(^^)/


2007年3月24日(土曜日)

待機中

カテゴリー: - 三月兎 @ 07時13分53秒

おはよーございます。三月兎です。

夜行バスで朝イチに東京着。
東京駅から水道橋に出るのに、御茶ノ水で総武線に乗り換えなきゃいけないと思って、電車を30分待ちました(;_;)
中央線の快速は、水道橋に停車します・・・しくしく

とゆーことで、今は、ネットカフェで待機中。
みなさんが到着するのを待ってまーす(^^)/

では、のちほどお会いしましょう☆


2007年3月20日(火曜日)

OmniZero.4

カテゴリー: - 三月兎 @ 17時26分08秒

先週、土曜日にロボプロステーションがオープンしたのは、お伝えしたとおり。

控え室では前田さんのOmniZero.4が注目浴びまくっていたです。
「ロボプロステーションに前田さんが常駐していたら、ユーザー数増えますよー」って、私は思うんだけど、難しいでしょーかねー(笑)

ロボットウォッチに、ロボプロステーションの記事が掲載されました。
OmniZero.4の動画も掲載されてますよ〜〜。

私のお気に入りはRB2000の2on2サッカーです。
効果音ってほんとに効果ありますね。
見ている時の面白さが全然違います。


2007年3月17日(土曜日)

ロボプロステーション

カテゴリー: - 三月兎 @ 19時55分48秒

今日、関西にロボプロステーションがオープンしました。
早速、見に行ってきました。

広さも十分。
家庭にはなかなか置けないような、工具の貸出もあって、
ロボット製作者の方達には、よい集会場になりそうです。
最初の3ヶ月は無料。それ以降は、ユーザーさんの意見も聞いて検討するらしい。
まぁ、月1回の公開なんだけど。
大勢の方が活用して、要望だしたら、公開日が増えるかもって話だし。

なんかねー、
早速控え室で、最近ロボットはじめた方が、パワーユーザーさんにいろいろ質問していたりして。すっごくいい雰囲気でした。

前田さんのOmni4の盗撮会とか(笑)

関東や九州に続いて、関西にもこーゆー場所ができたのは、本当に喜ばしいことです。
みんなで大切に活用していってほしいなー と思いました。


2007年3月4日(日曜日)

オタクが世界に広がる

カテゴリー: - 三月兎 @ 22時30分57秒

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070304-00000612-reu-ent

政府が、外国人観光客向けにに日本のアニメや漫画のサブカルチャーの中心地である東京の秋葉原の無料ツアーを提供しているらしい。
多国籍の旅行者が、ガイドに先導されて、アキバの裏道にあるアニメ系ショップやフィギュア、コスプレショップに行くそうだ。

ぜひ、ロボットショップにも案内してもらって、日本のロボットの魅力を伝えてほしいなぁ。。。。


2007年3月1日(木曜日)

今夜 Weird-7とかづひさんが NHKに登場!!

カテゴリー: - 三月兎 @ 09時56分32秒

NHK総合テレビ 22:00〜

プロフェッショナル =仕事の流儀=

シリコンバレー、疾風怒濤(しっぷうどとう)
〜技術者・渡辺誠一郎〜

世界中から超一流のエンジニアが集うハイテク産業の聖地・シリコンバレー。その中で生き抜く日本人技術者・渡辺誠一郎(56)の仕事を追う。
もともと、日本で働いていた渡辺だが、一念発起し46歳のとき、この地にベンチャー企業を立ち上げた。世界初の高速無限連写機能を誇るデジタルカメラの心臓部や、ハードディスク・ムービーカメラのコア技術を生み出すなど、高い評価を得てきた渡辺。現在、ベンチャー企業のCTO(最高技術責任者)として、競争が熾烈(しれつ)な半導体業界の荒海をこぎ続ける。
シリコンバレーでよく使われる言葉は、「ブレイクスルー」ならぬ「マドルスルー」。出口が見えない泥の中をもがき続けながら、解決策を見つけるという意味だ。
今、渡辺は“破壊分子”と呼ぶ個性的な部下たちと、デジタルカメラの新しい楽しみかたを提案した、ある新規機能開発の「マドルスルー」に挑んでいる。
国際見本市までの1か月に密着し、熾烈な技術開発の裏側を描く。

という渡辺さんの「破壊分子と呼ばれる部下」としてかづひさんがWeird-7 & 72と共に出演します。

再放送
・NHK総合テレビ (月)16:05〜
・BS2 (水)17:15〜
・NHK総合テレビ (木) 1:10〜 (水曜深夜)

3年ぶりにTVのアンテナ接続完了!!
「テレビって映るんだー」と感動した三月兎です。<<以前の部屋はアンテナ繋いでも映らなかった(^^;


2007年2月27日(火曜日)

ロボットサイトランキング

カテゴリー: - 三月兎 @ 10時56分18秒

ロボットサイトランキング

「ロボットサイトランキング」を覗いてみたら、エントリーが全てアニメロボット/ゲームロボットのサイトでした。

いままで、サイトランキングに興味はなかったのだけれども。
これは放っておけないでしょう〜〜。

いまや、ロボットはアニメやゲームだけのものじゃない。
「本物のロボット」が、私たちの手で動かせる時代になったんだーーーっ
と、力強くアピールしなくては!

とゆーことで、ロボット・ファン.netもエントリーしてみました。
このマークを見かけたら、1回ポチっとクリックしてみてね☆
ロボットサイト ランキング


2007年2月21日(水曜日)

100本目の動画

カテゴリー: - 三月兎 @ 22時00分34秒

とりあえず、サンプルがわりとゆーことで、私が初めて作った歩行モーションの動画をアップしました。
見てみてー。

初めて作った二足歩行モーション

このままエントリーがなくて、自分のモーションが100本目になっちゃったらちょっとさみしいなー(^^;

この機会に掲示板書込のマニュアルを作ろうと思って、途中で挫折。
イベントカレンダーのマニュアルとか、
サイトの投稿マニュアルを早くつくって、
訪問者の皆様に気楽に書込していだけるようにしたいなーって、
ずっと思っているのになー。

ぼちぼち頑張るので、それまでは根性で(^^;書込チャレンジしてみてもらえると
嬉しいなー と思うのでした☆

よろしくね。


2007年2月8日(木曜日)

100本目のロボット動画

カテゴリー: - 三月兎 @ 23時49分41秒

前回、アップして気づきました。
次のロボット動画は100本目になります。

そんなになるのかー・・・と思う反面、
毎週月曜日更新していたら、とっくになっているハズー、、、って自主突っ込み(^^;
えへ。

反省は棚上げしておいて。(–)/~

なにわともあれ。
記念すべき100回目の動画です。

何をアップしよう〜〜〜。
ってわくわく考えました。

うーーーーん。
決められません。

と、ゆーことで。
公募することにしました(^^)

ロボット・ファン.net 100本目の記念動画募集。

最新動画でなくてもOK!
ご自慢のロボット動画を、ロボット・ファン.netで公開しませんか。

うーーん。募集方法を決めなくては(^^)
動画を用意して待っててください。

採用された方と、+3名くらいに記念品をプレゼントします。


2007年2月7日(水曜日)

KHRのハルヒ

カテゴリー: - admin @ 19時39分00秒


2007年2月3日(土曜日)

KHRパーフェクトブック

カテゴリー: - 三月兎 @ 15時22分02秒

KHRパーフェクトブック―近藤科学ロボットを遊びつくす本が店頭に並び始めました(^^)
内容が予想以上に濃いです。
著者が石井英男さんと、岩気さんだから、当然(^^)〜 という気もしますが、にしても濃いー。

「KHRとの上手な付き合い方」は、そのまんま「ビギナー向け二足歩行ロボット入門」。
ロボットを動かす以上、メンテナンスは必至。
基本チェックから、パーツ交換まで、工程写真入りで詳細に説明がある。
ギヤの交換ページなんて、バイクのメンテナンス本みたいです。

今どきの玩具は「壊れたらおしまい」だから、メンテナンスっていう発想がないのかもしれない。
ロボットは玩具じゃないんだけど、そういう文化で育ってきた世代だと、こういうのって、誰かに教えてもらえないと、何をどうしていいのか判らないですもんね。
「自分で修理できるんだー」
って、知るだけでも、二足歩行ロボットに対してハードルが低くなるんじゃないかなー。と思います。

あとやっぱり、外装の話が詳しく書かれているのが、とてもよいと思いました。
ヒートプレスについて書かれている本ってあまりないので、ロボットの外装に拘りたい人には参考になる点が多いのではないでしょうか。
100均のレンゲを重ねて型にして、モールドを出すとか。岩気さんのセンスって流石です。

モーションの作り方も、歩行や攻撃モーションだけじゃなく、「観客を楽しませるモーション」まで解説しているあたり、兎ポイントが急上昇。

KHRのオーナーさんや、KHR購入を検討している人だけじゃなくて、二足歩行ロボットにちょこっとでも興味ある方が手にとって、「なるほどーー」って思ってもらえると嬉しいなぁ って本ですね。

あとあと。
近藤社長が、インタビューの中で「パソコンを使わない商品は作らない」とおっしゃっているのが、嬉しかったー。
玩具じゃないもん。ロボットだもん!!


2007年1月29日(月曜日)

面白ロボット動画更新

カテゴリー: - 三月兎 @ 20時13分20秒

ロボット動画に「第10回 Robo-One予選 特選動画」をアップしました。

二足歩行ロボット競技会は、バトルに人気があります。
マスコミの注目度も高いです。

だけど、本戦リングに立つためには、ロボットの性能をPRする予選で高得点を取らないとならないんです。
私は、格闘技に興味がないせいか、予選が面白くて楽しみです。
参加者の方が、どういうところに拘ってロボットを作ったのか・・・というのを、製作者の言葉でアピールしているのが、面白いです。

オリジナルロボットだけじゃなく、市販キットロボットもたくさん出場しているから、これからロボット作ってみたいな、、、と思う方は、予選動画をたくさん見ると、
「へぇ〜 こんなことができるんだー」
と、参考になるのではないでしょうか。


2007年1月17日(水曜日)

面白ロボット動画更新

カテゴリー: - 三月兎 @ 22時55分11秒

すっかり間が空いてしまいました(^^;

久しぶりにロボット動画を更新しました。
ロボコンマガジン#49に掲載されている「走れ!歯ブラシ」です。

記事を読んで、へぇ〜〜 と思った人は、動画を見たら、可愛くって作りたくなっちゃうと思いますよー。

マイクロマウスの懇親会会場で撮影したので、生バンドのBGMが入ってます。
音楽に合わせて歯ブラシが動いているのが、いい感じ〜。

本題には全く関係ないけど、Over The Rainbowは私が大好きな曲なので、動画を見るのが個人的に倍楽しいです(^^)


2007年1月12日(金曜日)

ロボット・ミュージアム

カテゴリー: - 三月兎 @ 08時07分06秒

昨年、名古屋にオープンしたロボット・ミュージアムに行ってきました。
1Fで産業ロボットが、来館者のシルエットを書いていました。

i-podで解説を聴きながら2Fの展示を一巡り。
ロボットの歴史が判りやすくてよかったです。

ラボラトリーに段ボールで作った家があって「ゆうたの家」って書いてあるから、何かなー と思ったら、AIBOのお家でした(^^)
ロボットふれあいコーナーにいる、スタッフの女性が、ずっとAIBOに話しかけているのが妙に可愛いかった。

1月末までは、冬の夜割りキャンペーン実施中。
17時以降の入館は半額です(^^)


2007年1月8日(月曜日)

VariBoのロボット組立教室

カテゴリー: - 三月兎 @ 18時06分21秒

神戸市立青少年科学館で開催された、VariBoのロボット組立教室に参加してきました。

楽しかったでーす(^^)

VariBoって、マイコンボードだけじゃなくシリアルケーブルまで自作するんですよ。
2年以上ぶりにハンダごてを握ったので、緊張しちゃいました。
ハンダするときに、部品を取り付ける順番やたくさん並んだパーツの取り付けるコツとか。
マニュアルや本には載っていないようなTipsを教えていただけて、嬉しかったです。

組立は、他の参加者さんが17:30に終わったのに、私だけ19:00までかかっちゃって、スタッフの皆様にご迷惑をかけてしまいましたm(..)m ペコリ

2日目は、モーション作成。
やっていて気づいたんだけど、私、ロボットの歩行モーションを作るの、初めてです(@@)
今まで、キットを組む機会があっても、サンプルの歩行モーションでラクしていました(^^;
だって、ロボットを歩かせるのって、難しいんだもん。

教室でモーションのポイントをひとつずつステップを踏んで教えていただいたら、カンタンに歩きました。
VariBoはモーションに合わせておしゃべりすることもできるので、

「あそぼ〜」ってゆって歩くようにプログラミングしました。

自分で作ったロボットが、「あそぼう〜」って言いながら歩いて、私を探すみたいに首をキョロキョロするのって、すっごく可愛いです。
楽しい2日間でした。


2007年1月3日(水曜日)

動画配布サービス

カテゴリー: - 三月兎 @ 20時47分31秒

お待たせいたしましたm(..)m
ロボット動画配布ページができあがったので、お知らせします。

配布趣旨については、動画配布サービスについてを御一読ください。

以前から申し上げているように、私が動画配布をしているのは「大会に出ている友達のサポート」です。
チームで参加している人達は、ビデオ記録担当がいて撮影しているでしょう。
でも、一人で参加していると自分のロボットの動きも、ほかの人のロボットも見ることができない。それはつまらないから、私が友達のサポートとして撮影係をしています。
友達が大勢できて、嬉しいです(^^)

なので、動画配布はロボット・ファン.netにユーザー登録してくださってる方に限定です。

ユーザー登録後、ログインすると、メニューに「ロボット動画DVD配布」が表示されます。
ロボットdvd
ここから、動画配布サービスページにアクセスできます。

ロボット・ファン.net 動画配布サービスページ
ロボット動画配布サービス

カートになって、以前より使いやすくなったと思います。

「細く・長く・誠実に」続けてゆきたいと思っています。今後もよろしくお願いします。


2006年12月22日(金曜日)

「今年のロボット」大賞2006

カテゴリー: - 三月兎 @ 10時48分26秒

KHR-2HV(近藤科学株式会社 )が、「今年のロボット」大賞2006 中小企業特別賞に選ばれました。
おめでとうございます。

KHR-1が発売される半年・・・か、もっと以前に、Robo-One会場で、「二足歩行ロボットキットが10万円台で発売される」というウワサを聞いた時のことを思い出しました。
Robo-Oneがなかったら、KHRシリーズも、他の二足歩行ロボットキットも今のような状況ではなかっただろうけれど。
KHR-1がなければ、今のRobo-Oneも追随するキットも発売されなかった。

先駆性、独創性が評価された受賞、本当におめでとうございます。


2006年12月10日(日曜日)

第3回姫路ロボ・チャレンジ

カテゴリー: - 三月兎 @ 21時19分21秒

12月9日、10日に姫路科学館で行われた姫路ロボ・チャレンジ第3回大会を見てきました。
楽しかったです〜〜。

参加者も増えて、エントリークラスとスタンダートクラスに別れて2日間の開催でした。
エントリークラスは、9月に行われた二足歩行ロボット製作講座の受講生や、高校の生徒さん他、ロボットを始めたばかりの人たちの参加がありました。
年齢も5歳〜シニアの方まで。

親子やおじいちゃん&お孫さんのコンビなど、家族で参加しているチームも多かったです。

Variboがたくさん出場していたのも、見ていて楽しかったです。
Variboは、パーツを組み合わせてオリジナルロボットを作るというコンセプトが楽しいキットです。
音声再生するVariboや、センサーで敵を認識するVariboなど、組立部分だけじゃなく、機能的にもオリジナルになっているVariboがいて、こんなこともできるんだー というのが判って面白かったです。

他には3軸ロボットのRobovie-iや、5軸のスイカロボも出場していました。

スタンダードクラスは、レベルの高いバトルをやっていました。
スリップ3回で1ダウンというのは、試合のテンポもよくなるし、全身攻撃の抑制にもなるから、バトルの内容が面白くなります。
いいですねー。

総合優勝で、第11回Robo-One大会出場権をゲットしたのは、KZR-4でした。
おめでとうございます!>KAZさん

バトルは、すっごいいい試合が多かったですよ。

今大会の目玉シーン。
二足歩行ロボット 振武改 投げ一本

今回は、動画だけじゃなくて写真もたくさん撮影したので、ダウンロードできるようにするつもりです。
数日お待ちくださいませませ(^^)


2006年12月1日(金曜日)

ボールですか・・・

カテゴリー: - 三月兎 @ 11時35分25秒

引越しましたー(^^)
お部屋は足の踏み場がちょっとあります・・・

荷物の梱包は引越しのお兄さんがやってくれました。
ダンボールにはちゃんと、「場所」「内容」がメモってあります。

場所:押入れ
内容:かばん、ボール2個

?? 押入れにボールってなに? ボールなんて持ってないけど?

箱の中から出てきたのは、

ピンクのハロと、緑のハロでした〜〜(^O^)

ボールかぁ・・・


2006年11月29日(水曜日)

マイクロマウスの動画

カテゴリー: - 三月兎 @ 00時48分21秒

今年は、マイクロマウスだけじゃなくて、マイクロトレーサーやクリッパーも見ることができて楽しかったです。
全競技、優勝したのが、外国勢っていうのは、ちょっと寂しい気がする。
日本の選手の人たちも、みんな頑張ってるのにな。

マイクロマウスエキスパートで、優勝したシンガポールの先生に、いろいろと、お話を聞くことができて、楽しかったです。
シンガポールでも、マイクロマウス以外に、たくさんのロボット競技があって、大勢の参加者がいるみたい。
そういえば会場で、シンガポールの選手から、「ロボット・ファン.net?」と話しかけられました。すごく、うれしかったです。
だけど、私は英語がしゃべれないから、お話ができなくて、すごく残念だった。
韓国の選手は、日本語が話せたのでとてもうれしかったです。

マイクロマウス大会inながいのサイトに、エキスパートクラスの、すべての動画が公開されてます。
天井から撮影しているから、マウスの動きが、俯瞰で見れます。
いつもと違う視点で、見ることができるから、すごくおもしろいと思う。
マウサーの人達が見たら、この動画から、どんな情報を読み取るんだろう。
そういうのってロボットを作らない私には、わからない感想だから、ぜひ聞いてみたいなと思います。
よかったら掲示板等に、動画を見た感想を書き込みしてください。


2006年11月23日(木曜日)

アニソンでロボット

カテゴリー: - 三月兎 @ 06時27分37秒

どもども。三月です。
ロボファイト4の懇親会終了後は、アニソンカラオケでした。
わーいわーい。カラオケ久しぶりー。

歌うぞ〜〜っ

私が歌うと、アニメのテーマやエピソードを解説始める人がいる。
えーー。
ボルテス5を知らないの?
コンバトラーVは? ダイターン3って最高に面白かったのにー。

ジェネレーションギャップを埋めてくれる中川電気さん、ありがとー。


2006年11月19日(日曜日)

ロボファイト4を見てきました。

カテゴリー: - 三月兎 @ 11時15分40秒

ロボファイト4を見てきました。
楽しかったで〜〜〜す(^^)

ロボファイトの楽しさとゆーのは、理屈ぬきに1日中、ロボットで遊べること!
だと思います。
朝から、夜の懇親会まで、バトル三昧ですから〜。

ふつー、トーナメントとゆーのは、負けちゃうとそれまでです。
1回戦で負けると、そこでおしまい。参加者の半分は、1回戦で負けちゃうわけです。
でもロボファイトは、みんなが1日中、ロボットで楽しめるように気配りして、大会運営しています。

初心者が多いSRCクラスでは、1、2回戦で敗退しちゃった人を主催者がペアを組んで、2×2トーナメントへの出場権が与えられます。
これは、初対面の人同士がチームを組んでファイトすることで、ロボットを通じたコミュニケーションの輪が広がるように……という、目論見があります。

ORCクラスにも、敗者復活戦があります。こちらは1対1のままですが、敗者復活戦の決勝は、3位と認定されます。柔道の大会と同じやりかたです。

最強ロボットを決定する! ことよりも、ロボットをホビーとする人が集まって、大きくみんなで楽しく遊ぼうよ。
が一番の目的になっているイベントなんですよね。

だから、ロボットをイベント参加するために改造しなくても市販のロボットを組み立てた直後のノーマル状態、あるいはROBO-ONE参加用の機体のままで、参加できるように配慮されているんです。

イベントは、見学歓迎! だけど。ぶっちゃけた話、見学者のことは二の次に置かれています。
3つのリングで同時進行で競技が行われるから、全部のロボットを見たいというのは、無理な話。
あくまでも、「参加者が主体」「参加して楽しもう」が目的です。
見に来た人には、「楽しそうだなー」「次は自分も出てみよう」と思ってもらえれば、OK。そういうスタンスがはっきりしてます。

発射体ルールだとか、外装で遊んでいるロボットが多いのも、ロボファイトの特長。
全く効果がなさそうなハリセン攻撃をバシバシバシバシ続けるロボットとか。
「勝つため」じゃなくて、楽しむロボットがたくさんいます。

そーゆー雰囲気の中で、ファイトの経験積んで、勝ちを狙うスキルを掴む人たちもいる。

今大会は、第11回ROBO-ONE決勝出場権がかかっていることもあって、ORCクラスは準決勝からがらりと雰囲気が変りました。
それまでのどちらかというとゆったり楽しむイベントから、びりびりする緊張感。
あぁいう空気が一箇所あると、イベント内容が締まりますねーーー。
盛り上がりました。

ロボットの動きやオペレーターのテンションから、勝手に決勝の組み合わせ予想、優勝予想していたんだけど。
完璧に外れちゃいましたー。
兎的決勝出場予想のオペレータは、二人ともガッチガチに気合入りまくり。
今までで、一番ってくらい、肩に力がはいっていたんじゃないんですか? (^^;

そういう緊張感って、経験したくてもできないから。
一度、体感しておくと次回には経験が生きますよねー。次が楽しみです。

とゆーことで、ORCで優勝し、見事に第11回ROBO-ONE決勝出場権は、決勝戦もいつものノリで楽しそう〜〜〜にバトルっていた、ダウト氏が獲得。


2006年11月14日(火曜日)

マイクロマウスと私 思い出写真 コンテスト情報!!

カテゴリー: - 三月兎 @ 18時36分53秒

マイクロマウス公式サイトで、「マイクロマウスと私 一枚の写真」とゆーコンテストをしています。

1980年に開催されて以来、今年で27回目を迎えるマイクロマウス競技会。
これまでの歴史を振り返りたいと、マイクロマウスの写真にこめたあなたの思い出を大募集。
これまで参加された大会や制作されたマイクロマウスのとっておきの写真を選び、その時の思い出話をエッセイにして送って下さい。

■応募締切 2006年11月15日

・・・明日だよーー。

優秀賞者には、米沢牛3万円相当分 プレゼント。
ぎゅー ぎゅー 牛ーーー。たーべーたーーいっ!

コンテスト詳細ページ

■応募資格
マイクロマウスに思い出のある方ならどなたでも

■応募内容 あたなが選んだマイクロマウスの思い出写真一枚(デジタルデータ)と
その時のあなたの気持ちを400字以内のエッセイにして送ってください
※俳句や詩など表現方法は問いません。
※写真が紙焼きしかない場合は下記宛てに返却先を明記の上、写真をご送付下さい。
 こちらでデジタルデータ化した後ご返却差し上げます。

〒146-8656
東京都大田区多摩川2-8-5
財団法人ニューテクノロジー振興財団
「マイクロマウス思い出の写真」係

■応募方法 下記応募フォーマットに必要事項を書き込み送ってください。
■発表と表彰 応募参加者には全員に「参加賞」を贈呈します。
また、優秀作品には、11月25日(予定)の全国大会で発表し、記念品を贈ります。


2006年10月27日(金曜日)

RB2000カスタムバージョン

カテゴリー: - 三月兎 @ 21時12分18秒

まだ発売前のRB2000のカスタム動画が届きました。

あちこち(?)からのリクエストに応えて、鉄棒から、後方宙返りで飛び降りています。
最近の二足歩行ロボットは、運動神経いいですねー。

他にも、思わず(^o^)な動画が届いているのです。
公開は後日。お楽しみに〜〜☆


2006年10月24日(火曜日)

第1回水中ロボコンの記事

カテゴリー: - 三月兎 @ 10時28分14秒

ロボットウォッチさんに、第1回水中ロボコンの記事が掲載されました。

動画も載っているから、見てみてー。
鯉が可愛いのーー。
私の一押しお気に入りです(*^^*)


2006年10月23日(月曜日)

LAWSON TICKETでRobovie-iをゲット!

カテゴリー: - 三月兎 @ 21時50分43秒

関東・甲信越のローソンで配布されている無料冊子「LAWSON TICKET」の懸賞コーナーで、Robovie-iのプレゼント告知が載っています。

限定1名様! に
Robovie-i ゴールドが当たります。

Robovie-i工作教室参加券もついてるから、初心者も安心(^^)

当選者は、SISOさん発案のRobovie-2000 i に改造してほしいなぁ〜〜☆
ぜひっ!


2006年10月21日(土曜日)

第1回水中ロボットフェスティバル

カテゴリー: - 三月兎 @ 23時18分19秒

神戸で開催された第1回水中ロボットフェスティバルを見てきました。

水の中をぐんぐんすいすい進むラジコン潜水艦、魚そっくりの新鯉やGrowFish、ヒレをはためかせて泳ぐイカロボット。
たくさんの水中ロボットを見てきました。

ホームページで動画を見たことはあったけれど、実際に水の中で泳ぐ(?)様子は見ているだけで楽しかったです。

今回は技術交流会がメインということで、すごくアットフォームな会でした。
水の中をゆらゆら泳ぐロボットと重なって、ゆったりした気分で1日、ロボット見学ができました。

ロボット製作者の方は、ロマンティストが多いなぁ〜 と常々思っていますが、+海になると、果てしなくロマンが広がりますね。

来年以降、コンテストも企画しているということです。
難しいジャンルだけに、今回のような交流会やコンテストを通じて、多くの方に水中ロボットの意義や重要性を伝えて、若い方がどんどん参加できるようになるといいなぁ と思います。


2006年10月18日(水曜日)

RB2000の動画をアップ

カテゴリー: - 三月兎 @ 08時17分45秒

RB2000が派手に大車輪を決めて、早速ニュース等で話題になっています。
見せ方がうまいですねー。

鉄棒は、手で握っているわけではなくて、RB2000のフレームに棒を通しているわけです。
これはもぉ、「やったもん勝ち!!」ですよー。
派手だし格好いいし、動画映えするから、メディアさん大喜び。
ただし、新聞社系の方は、「速すぎて写真取れないー(><)」と言っていたけど(笑)
いや〜〜〜、ほんとくるくる回転が速いんだもん。

けど。RB2000のウリは大車輪ができること、じゃなくて。
やっぱり基本性能だと思う。

バッテリー搭載時、1.1kgという軽量ボディ。
13軸という自由度で、歩行〜前転、後転、側転までこなす運動性能。
共通フレームで19軸のRB1000を始め、2軸単位で拡張可能。

最大30軸まで制御できるCPUボードは、USB接続可能で通信速度向上。
プレステのゲームパッド変換コネクタが標準で付属していて、操縦がカンタン。

動画で紹介したように、音声出力機能を搭載してあって、ロボットの動きに同期して音声再生が可能なのねー。最大2WのD級アンプ内蔵で、スピーカを接続するだけで音が出るらしい。

拡張基板が抱負で、ジャイロ/加速度センサ基板、LED基板、アナログ入力基板、デジタル入出力基板などの販売が予定されている、と。

ここらへんの情報は、ロボットウォッチやロボコンマガジンに詳細記事が出るのではないかと。楽しみ楽しみ。

RBシリーズの「初心者がカンタンに始められて、スキルを積んだらどんどん拡張していける」というコンセプトは嬉しい。
RB300なら、小学生から始められるものね。

発売は11月下旬〜12上旬。
今は、ヴイストンで予約受付中。
たぶん初期ロットはあっという間に、売り切れちゃうでしょうねー。
欲しいなー って人は、早めに予約しないとお正月に遊べないです。

こちらで予約受付中。
RB2000詳細ページ&予約受付

動画は、RB2000 鉄棒競技 大車輪で10点満点

歩行のモーションはちょっとしか紹介していないけど、どうやって歩いているかは要チェック!

そうそう。
「取説はとても判りやすくなった」というコメントをいただきました。
期待したいところですね(^^)


2006年10月10日(火曜日)

国際ロボット・ファン.net

カテゴリー: - 三月兎 @ 06時49分12秒

掲示板に、国際ロボット展の紹介をいただきました。

リンク先を拝見したら、海外サイト〜。
英語じゃないとゆーのは、わかるけど、何語? というのが判らない・・・
せっかく情報くださったのに、ごめんなさい>>roboticsさん

どうやら、ロシア語らしいです。

なんだか、サイトが国際ロボット・ファン.net って感じで嬉しい〜〜(^^)


2006年9月25日(月曜日)

実在ロボット辞典

カテゴリー: - 三月兎 @ 20時17分32秒

ロボット辞典で検索すると、スーパーロボット大戦のロボット辞典がヒットするんですよ。各キャラについての、詳細データが辞典になっているの。

いーなー〜〜〜。

学天則から、ASIMOはもちろん、各企業・研究機関、ベンチャーが作った実在ロボットの辞典があればいいのに!!
もちろん、その中には、ホビーストの製作したロボットもちゃんと掲載されているの。

二足歩行ロボットだけじゃなくて、マイクロマウスやロボット相撲や川崎ロボット、レスキューとか。
誰かが作って実在したロボットの辞典が、欲しい!!

学天則やキュリオと一緒に、自分の作ったロボットが辞典に掲載されていたら、嬉しいじゃん(笑)
とゆー、コンセプトな企画なんですよ。
実在ロボット辞典

まずは、ホビーストが製作した二足歩行ロボットの名前・身長/重量と、製作者名/サイトなどを登録してみました。
んで。力尽きております(^^;

・ロボット名
・製作者名(個人/研究室/会社)
・製作年
・製作コンセプト
・製作歴
1 概要
2 開発史
3 関連項目
4 外部リンク

・戦歴

なんかが充実すると、楽しいな〜〜〜。
とゆーことで。
登録ユーザーさんが、自由に編集できるように設定してあります。
執筆ボランティア募集中です☆☆☆☆

現在、マニュアル製作中です。
しばしお待ちくださいませ☆


2006年9月23日(土曜日)

LEGOロボット関西競技大会の開催

カテゴリー: - 三月兎 @ 10時57分40秒

LEGOロボット関西競技大会の開催が開催されていたらしい。
うっそぉ。聞いてなーい。

競技内容は、コース上にひかれている黒線をたどって2周走破するタイムトライアル形式。スタートスイッチを押した後、ロボットはあらかじめ組み込まれたプログラムによって自律的に走行する。
コース上には、いくつかの難所(坂道、点線近道、Zクランク)が用意されていて、難易度の高いZクランクはクリアするとボーナスポイントが与えられる。
今回、Zクランクを2周とも走破できたチームはなく、11月のチャンピオンシップ大会では、各チームともにどれだけ精度をあげてくるかが見所。

・・・らしい。

面白そう〜。行きたかった〜 見たかったっ(><)

9/17(日)って、私、何してたんだっけー?
・・・って、Robo-One本戦じゃん。もう、忘れてるし(爆)

2006年11月17日(金) には、パシフィコ横浜でチャンピオンシップが開催される。
いーなー。いーなー。


2006年9月18日(月曜日)

闘いすんで日が暮れて。

カテゴリー: - 三月兎 @ 23時59分14秒

第10回Robo-One大会終了日。

吉日ツアーの面々は、お宿ですき焼き大パーティーでした。
とらやさんのすき焼きは美味しかった〜〜〜(^^)/
お肉・おにくーーー。幸せ〜〜☆

お肉で幸せを満喫した後は、1/4リングを2枚並べて飲み会バトル。
中村博士が優勝賞品にバリボを提供。2位にはRTより、RTショップ・ギフト券1万円を進呈。
とゆーことで、全員参加の本気バトルなのでした。
負けると呪いシールが貼られちゃうので、恐ろしいのです(><)
一番の好カードは、ゴーレム君 VS アニメイダー かなー。やっぱり。

歩くことができるようになったゴーレム君に対して、アニメーダーは、歩行ができない。
「近寄って体当たりすれば、勝てるのよね(^^)」と、初勝利に向けて意気込む人形つかいさん。
それに対して、アニメーダーは、ゴーレム君がにじりよってきたのを見計らい、電源を落として前に倒れこむとゆー荒業でゴーレム君を撃破したのであった。
むごい・・・

その次に、アニメーダーの対戦相手は、OmniZero.3ですよ(笑)
なんて、美味しい。宴会バトルでなきゃ決してみられない対戦カードでしょ。
もぉ〜〜〜、私は本気でアニメーダーを応援しちゃいました。
勝ったら自慢できるよぉー。がんばれ、アニメーダー!!
・・・闘う前から、トラぶって棄権しちゃうし。もったいないなぁ。。。

旅館の方々が観戦したり、子供さんがオペレーターしたり。
将来、長井のロボットビルダーとなるべく子供を洗脳してみたり。
わきゃわきゃと楽しく遊んだのでした。

負けると貼られる呪シールは、敗者復活戦で勝つと相手に移すことができる。
負け続けると呪シールが溜まっちゃうので、とても怖い(><)

その後、幹事部屋にてだらだら飲みつつ阿呆ネタで盛り上がりつつ夜は更けてゆくのでありました。

今回は遠方だったけど、ツアーのおかげでとってもラクさせていただきました。
旅館の方もとても親切だったし。お風呂はいつでも入れるし。上げ膳据え膳(^-^)
おにく美味しいしーーー。
ふにゃぁ〜〜〜〜。楽しかったー!!

石川さん、うじさん、ありがとうございました(^^)


2006年9月17日(日曜日)

第10回Robo-One大会 結果速報

カテゴリー: - 三月兎 @ 16時36分45秒

第10回Robo-One大会 結果速報は、三月兎のおたわごと?に、逐次更新しております。

優勝したマルファミリーおめでとうございます!!

参加者の皆様お疲れ様でした〜。


第10回Robo-One大会 1回戦経過

カテゴリー: - 三月兎 @ 13時31分02秒

午前中の1回戦が終了しました。
Robo-One リザルト

けっこう、番狂わせありって感じです。
ルールが変わったのが、微妙に影響しているのかな。
GIYさんの、捨て身技に頼らずダウンをとりに行く姿勢に感動。
1回戦は、総じてみんな固くなってますねー。
Black−Bladeがいい動きしてたなー。

さて。後半戦に期待(^^)

上のリンクで写真が見られないときは、
三月兎のおたわごとを見てください。
クリックすると、トーナメント表が大きくなります。


2006年9月16日(土曜日)

みーん(;_;)

カテゴリー: - 三月兎 @ 23時29分54秒

レポートや予選リザルトを即日アップしているのにっ!!

サーバーがキャッシュを読みにいっていて、表示されない・・・・
あぁ〜〜〜、意味なぁ〜〜。
表示が高速になっても、データ更新が反映されないんじゃ、全くもって意味ないじゃん??
私は悲しい・・・
三月兎の予選感想
予選リザルト
です。

明日の本戦は熱戦が予想されます。楽しみで〜す(^^)


2006年9月15日(金曜日)

実物大 ポニーのロボット

カテゴリー: - 三月兎 @ 11時01分33秒

 12月にセガトイズから、実物大のポニーのロボット「夢こうま」が発売されるんだって。
歩かないけど、体重が約36キロまでの子供なら、背中にまたがって乗馬気分を味わえる。
う〜〜〜ん。
子どもの頃、遊園地や、デパートの屋上で100円入れて乗った、アレ?
けどけど。
首や腰をなでると、頭を振ったり耳や尻尾を動かして、生きているポニーのようになつくし。
センサー内蔵で、光や音に反応して暗くなれば不安そうな声を出したり、大きな音を立てればふり返ったりする。
付属のプラスチックのにんじんを顔の前に持っていくと食べるしぐさもする。
って、100円乗り物より高機能〜〜。
これが、乾電池6本で動くって聞くとすごーい・・・って思うけど、これっくらいのモーションだったら、そんなに電力使わないのかな。

これが、6万8000円。

すっごくリアルな等身大ぬいぐるみって、実はとても高い。
写真からじゃどの位のクオリティなのかわかんないけど、私的には、妥当なお値段なんじゃないかなー って思う。

私のぬいぐるみ価格帯が、ふつーと違うかもしんないけど(爆)
実物、見てみたいなー。


2006年9月8日(金曜日)

本当におもしろいもの。

カテゴリー: - 三月兎 @ 20時04分51秒

こーやって、ロボット・ファン.netをやっているから、「三月兎 = ロボット マニア」とゆー風に見られることが多いんだけど。
ちゃいます。
私は、ロボットアニメはほとんど見てないし、機械には弱いから現実のロボットもよく判らない。

じゃー、なんで、ロボット・ファン.netをやっているかってゆーと。
友達がロボット作っているから(^^)
私の周りにはロボット好きな人がとっても多いんです。

絵に興味がなくても、友達が絵を描いて展覧会に出したって聞いたら見にいくでしょ?
劇団に入ってる友達がいたら、友達が出る劇は見に行くし。
バンドをやってる子がいたら、ライブを聞きにいく。

私の場合、友達がロボット好きでロボット大会に参加した。
じゃー見に行くねーって、くっついてった。
友達がどんどんどんどんロボットにハマっていって。
私もハマって。
そのうち、出場者の方々とも仲良くなって。
友達が大会に出ていなくても一人で観戦にいくようになった。

前にね、ロボット作ってる人に聞かれたことあるんですよ。
「ロボット作るのってすごく面白いけど、見ていて何が面白いの?」って。

いや〜〜。私、ロボット見てるわけじゃないし。
もちろん、ロボットも見てるけど。
でも、ほんとは、みんな楽しそうだなー。ガンバってるなー って。
友達が集まって楽しくやっているのを見ているの(^^)

もし私が、Robo-Oneやマイクロマウスやロボット相撲を、動画だけで見ていたら、「ふ〜ん。すごいなー」って思って、それでおしまいだったと思う。

みんなが夢中になって、楽しくてたまらない〜〜!! ってやっているのを、肌で実感しているから、私はとってもおもしろい。

んーとね。
ディズニーランドの紹介をTVで見ていて、「楽しそうだなー」って思うのと、実際にディズニーランドであの雰囲気の中に入った時の感じって、「楽しい!!」のボリュームが全然違うでしょ。
そんな感じ。

動画を見て、「へぇ〜(^^)」「おもしろいなー」と思ったら、イベント会場に行ってみてみて。
もっとおもしろいものに出会えるから。


2006年9月7日(木曜日)

miuro(ミューロ)

カテゴリー: - 三月兎 @ 10時37分41秒

ちゃんとしたオーディオ機器をもってないです。

ちょっといいやつ買っちゃおうかな〜〜 なんて思った矢先に、「miuro」のニュースでしょ。

「あ、買っちゃおうかなー」 わくわく。ネタになるし(^^)

最先端ロボット技術が搭載された、世界初の自律移動ミューニックプレイヤー

って、全く意味なさそーなところが、ぷりてぃ(笑)

んで。ちょっとサイトを見てみた。
朝、miuroが寝室にやってきて音楽で起こしてくれるって。
あのーリモコンでスイッチ入れるんじゃ、意味ないじゃん・・・
朝、決まった時間に起こしに来てよー。

んで。
miuroは、CDの再生はできないのね・・・
私がやってほしいのはCDの再生だけなんだけどな。


2006年9月5日(火曜日)

マウス大会写真追加(^^)/

カテゴリー: - 三月兎 @ 13時22分57秒

第4実験室の中島さんから、第21回マイクロマウス中部地区初級者大会の写真をたくさんいただきました。
サイトに公開してOK〜(^^)とゆーことなので、ロボット写真に登録しました。

ロボット写真は、登録者限定コンテンツです。
実は、見るだけではなく、写真の投稿もできるんです。

ただ管理者権限がないと、1枚ずつアップしなくちゃならなくて、ちょっと面倒です。
たくさんの写真を掲載したいときは、私宛にご連絡くださいませ(^^)

中島さんの写真は、会場風景やロボットがちゃんと撮影されていて、競技会の雰囲気が伝わってきます。
ぜひ見てくださいね。
写真の感想などは、マイクロマウス掲示板へお願いします(^^)/


2006年9月4日(月曜日)

マイクロマウスのリザルトとアルバム

カテゴリー: - 三月兎 @ 18時04分51秒

昨日見てきた、第21回マイクロマウス中部地区初級者大会のリザルトをアップしました。
ロボット写真にも撮影した写真を全部アップしています。
走行中のマウスを撮影するのは、無理なので、数枚しかありません。あと、表彰式の写真や、リザルト写真等。
写真は、肖像権とかややこしいので、登録者限定コンテンツとなっております。ご了承下さいませ。

レポートも書きたいのだけど、あれこれバタバタ〜〜〜。
参加者の方、投稿してください〜☆


2006年8月31日(木曜日)

親しみを感じる機械

カテゴリー: - 三月兎 @ 23時55分14秒

どうしていいかわからなくなると、困っちゃうロボットとゆーのは、可愛いと思う。

ロボットと人との共存を考えたとき、ロボットが完全無欠じゃなくてもいーじゃん?
ロボットができないことは、人間がフォローすればいいじゃん?
そうすればロボット開発/製造のコスト下げられるしー・・・
というのは、最近の傾向なのかなー。

何でもできる賢くて働き者って、傍にいてくれたら、便利だろうけど、
あんまり嬉しくはないかも。なんか、楽しくないってゆーか。
多少こっちが構ってあげたりできるくらいでないと、親しみ持てない気がする。

すぐに壊れる機械とか、使うのに癖がある道具って、使いながらつい話しかけちゃう。
動くのがあたり前の家電には、話しかけたりしないもんね。
話しかけたりご機嫌とりたくなるような機械って、賢くて便利だけど、ちょっと手が掛かるってタイプかな。

昔はPCによく話しかけていたけど、最近は話掛けないなぁ。
PCも動いて当然の機械になっちゃったのかなー。


2006年8月29日(火曜日)

アイがあるから(笑)

カテゴリー: - 三月兎 @ 07時55分38秒

予定より遅れること2週間。
ようやく動画の編集が1本終わった。

・・・遅い。遅すぎる。
もう夏休みは終わるぞーーーー。

私は動画編集の中で、チャプタメニューを作るとこが一番好きです。
1試合ずつ秒送りやコマ送りでシーンをチェックして、動きのある場面をメニューに表示するの。

・・・一番、面倒で手間が掛かるんですけどー。
しょもないことで失敗してやり直しすることも多いし。
ぶっちゃけ、これをやらなければ、もうちょっと早くDVDを配布できるんじゃん?? と正直ゆって思う。
完全自己満足の作業で、DVDを待っている方からしたら、「そんなんいらないから、早く〜」が本音かも。

でも、私はやりたいのーーー(><)

なんかね、このちまちまちまちました作業をやっているとね、つくづく「好きでなきゃやってらんないわよっ」って気がしてきて、そっかー、やっぱり好きなんだなー と自分で納得して。完成すると達成感があるので、とても嬉しい(笑)

この勢いで残りも片づけたいです。
できることなら、第10回大会前に終わらせたい・・・ (切実)


2006年8月28日(月曜日)

みゅー(><)

カテゴリー: - 三月兎 @ 11時04分44秒

じみーに、スペシャルリンクページを作ったり、初めての方へサイト紹介ページを作成したり。
じみーにコツコツ頑張っているのにー。

兎的ニュースが壊れた・・・。

自分がテーブル消したにもかかわらず、「やられたー(><)」と思ってしまうのは、なぜ(^^;
バックアップツールが動かないのは、何故・・・。
修行中だから仕方がないとはいえ、みゅーO-O O-O


2006年8月25日(金曜日)

Robo-One大会予選通過のプレゼンテクニック

カテゴリー: - 三月兎 @ 08時48分40秒

第9回Robo-One大会、第6回Robo-One J-Class大会後、関西の打上宴会で、私は惜しくも本戦に残れなかった方に、酔っぱの勢いで一席ぶちました(笑)
お題は、Robo-One大会予選通過のプレゼンテクニック。
酔っぱの無責任な発言なのに、メモを取りながら話聞かれてしまいました(^^;;

んで、その時に、そっかー、参加者の方と私は視点が違うんだなー って、思ったんです。
だってねー、予選33位〜4X位の方はプレゼン次第で順位ひっくり返して本戦に残れるのに!! って思うもの。
酔った勢いでゆっちゃったけど、その方のロボット、私がマイク握っていたら本戦に残ったのに〜〜 ってほんと、思うもん。

という、酔っぱらいのおたわごとをレポートにまとめて、前回、DVD配布時におまけにつけたのでした。
書いてることは私の視点と主観だし。なんの根拠もありません〜〜〜。
「私はこう思う」というだけの話です。
けど、そんなに的ハズレじゃないと思います。
常連さんはともかく、Robo-One歴の浅い方には参考になるんじゃないかな?

レポート添付した時に、「みんなが情報を得たら、次回も予選順位が変わらない〜」という声もありました。
大丈夫でしょ。言われたからって、全員がすぐ実践できるわけじゃないし。

それに、私は誰か特定の個人が順位上がればいいな〜〜 と思ってるわけじゃないんだもん。
参加者みんながプレゼン上手になって、観客席から見ていて、今よりもっと判りやすくて面白い予選になったら嬉しいんだもーん。

と、ゆーことで。
せっかくダウンロードページができたから、三月兎的予選通過のプレゼンテクニック「本戦まであと一歩」をアップしました。
文章だけ読んでもピンとこないところあるだろうから、いくつか動画を添付してます
第10回Robo-One大会まで残り少ないけど、何か参考になったら嬉しいです。

※ダウンロードページのコンテンツは、ユーザー登録しないとアクセスできないのです。ご了承くださいませ。


動画編集中

カテゴリー: - 三月兎 @ 00時14分11秒

夏休みがそろそろ終わるぅー・・・
とゆーことで、宿題を片づけなくては! とあせる私。
この場合、宿題とゆーのは、いうまでもなく、動画編集なのである。

・・・他にもいっぱい宿題あるなー( ゚゚)

そうそう。DVカメラは修理から戻りました。
やっぱり初期不良だったようです。
購入して2年、しかも1年前にメーカー修理に出しているのに、初期不良かー とちょっと脱力。

だってさー。けっこう手ひどくモザイク入っているんだもんっ。

よりによって第4回Robo-One J-Class大会で、「わーい。これ、サイトに掲載しよう わくわく」って思っていた分身三号(YAZ-03J)が全滅なのよ〜。
そーゆーのってめちゃ凹む・・・(><)

モザイクかかってしまったシーン。
●予選
出走順 ロボット名(チーム名)
23 Willish (shima)
43 アサルト (芝浦工業大学ロボット技術研究サークル)
44 分身三号(YAZ-03J) (ZakLab)
45 コヴァ専用かじろうJr. (ナベ☆ケン)

●サッカー
キワモノチーム:アフロ、ペント、メタちゃん、トコトコ
すげえチーム:プティ、マジンガアJr、R-Blue、

ひゅるるる〜〜〜・・・
動画手配中なので、編集はちょっと時間かかるかも。
提供できるよ〜〜という方がいたら、助けてください。
よろしくお願いします。


2006年8月23日(水曜日)

ケロロロボ

カテゴリー: - 三月兎 @ 01時58分54秒

バンダイさんが、ケロロロボを8/26に発売するそうです。

実は私、ケロロ軍曹を見たことがないのよねー。
絶対、オススメ!! と力説されたんだけど。ウチ相変わらず、TVが映らないんだもーん(^^;
(続き…)


ブログのテスト中

カテゴリー: - admin @ 01時46分26秒

サイト内にブログをいれるためにテスト中です。

・・・・うーーん???


16 queries. 0.313 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

ロボット・ファン.net