ロボット ファン コミュニティサイト = ロボット製作者 と ロボット愛好者 =

ホーム 最新ニュース 初めての方へ コンテンツ紹介 FAQ 掲示板の使い方 お問い合わせ
 
月別過去ログ
楽しむ
読む
知る
学ぶ
買う
サイト情報
三月兎
オンライン状況

13 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが WordPress を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 13

ロボットサイトランキングにエントリーしています。(^^)
ポチっとクリックしてみてね☆
ロボットサイト ランキング
サーバーは、 ここをつかってます。

2011年6月3日(金曜日)

テスト

カテゴリー: - admin @ 10時16分56秒

テストです。


2009年10月25日(日曜日)

電通大杯 ヒト型レスキューロボットコンテスト2009

カテゴリー: - admin @ 19時35分04秒

11月1日(日)に、大阪電気通信大学で「電通大杯 ヒト型レスキューロボットコンテスト2009」が開催されます。

ヒト型レスキューロボットコンテストは、遠隔操縦のヒト型ロボットによる災害救助をテーマにしたロボットコンテストです。全国から18体のロボットが参加し、「トンネルくぐり」「段差乗り越え」「ガレキ除去」「要救助者搬送」のタスクを競います。

先日、ロボファイトで参加者のdautoさんが、練習を行いました。そのようすをUSTEAMで披露しています。
初の競技会なので、動画データは参加者の皆さんの参考になると思います。
dautoさん、情報ありがとうございました。

dautoさんの練習風景
動画の最初は、ロボットが動いていません。

各タスクは、次の時間に行っています。
「トンネルくぐり」20:38〜 、22:30〜 
「段差乗り越え」21:20〜、 23:15〜
「要救助者搬送」24:00〜、24:50〜、26:50〜

大阪電通大 自由工房の出場者によるモーションも、ブログで公開されています。
大阪電通大自由工房 活動日誌:レスコン 乗り越えモーション

「電通大杯 ヒト型レスキューロボットコンテスト2009」
日時:2009年11月1日(日)12:00〜17:00
場所:大阪電気通信大学 寝屋川キャンパス 実験センター5階
(大阪府寝屋川市初町1-8) →アクセス
観覧料:無料


2009年5月7日(木曜日)

第15回ROBO-ONE大会

カテゴリー: - admin @ 22時56分17秒

第15回ROBO-ONE大会に行ってきました。

ROBO-ONE史上初の予選なし!
認定大会選抜のトーナメントということで、
どんな風に雰囲気が変わるかな?
というのが、個人的に楽しみにしていました。

個性的なロボットが多くて、面白かったです。
選抜の基準が、各イベント主催者に一任されているから、バトル系ロボットばかりが集まったわけでもなくて。
ちっこいロボットや変形ロボットもいたし。

ロボナブルに速報でてます。
http://robonable.typepad.jp/news/2009/05/20090507-robo-o.html


2008年9月7日(日曜日)

マイクロマウス中部地区 初級者大会

カテゴリー: - 三月兎 @ 22時23分42秒

エイプリルフールに宣言したとおり、
マイクロマウス中部地区初級者大会のロボトレース競技に参加してきました〜

すっごく楽しかったです。
どのくらいかとゆーと、
朝、会場に一番のりして、調整を始めて他の競技を全く見ずに、ずーっとずーっとお昼ご飯も食べずに調整しちゃうくらい楽しかったです。

それくらい、楽しかったんです。
調整不足だったわけじゃ、・・・ありますけど(^^;

だってだって、ロボトレースのコース、自宅じゃ用意できないもの。

久しぶりに、「真剣に遊んだっ!!」 という充実感があります。

残念ながら、制限時間内にゴールすることはできなかったけれども。
ちゃんと周回できました。
とゆーか、ゴールに辿り着くまで待ってていただきましたm(..)m

主催者の皆様、観客の皆様に感謝なのです。
ありがとうございました。


2008年8月12日(火曜日)

レスキューについて考える

カテゴリー: - 三月兎 @ 07時42分35秒

レスコン本選ファイナルを見てきました。
昨日行われた1stの結果から、1ヶ月前の予選と比べて、各チーム共、格段にレベルアップしていることを想像していましたが、予想以上でした。

ファイナルのフィールドには、端から見てても「もーやだ」と言いたくなるくらい、大量のガレキが散乱。(私が“やだ”って思うのは、撮影しにくくなるからですが・・・)
いくらなんでも、これでは救助活動しづらいだろうに と思ったのですが、素晴らしい結果がでていました。

競技に関しては、別途、記事にします。

競技中にひとつの問題提起がありました。

救助したダミヤン(要救助者)を搬送中に、路上へ落としてしまうというアクシデントが発生。ロボットはトラブルがあったようで、ダミヤンを置いてベースに戻りました。

同時に活動している別チームのロボットが、自チームのダミヤンの救助に向うためには、その地点を通るのが最短距離です。実際、ロボットはそのルートをとり、路上に横たわるダミヤンを発見しました。
ところが、レスコンルールでは、相手チームのダミヤンに触れてはいけないというルールが明文化されています。

もし、あなたがレスコン参加者で、路上に倒れている自分が助けることが許可されていないダミヤンを発見したら、どうしますか?


2008年8月9日(土曜日)

レスコン本選

カテゴリー: - 三月兎 @ 22時36分33秒

8月9日(土)〜10日(日)、神戸市の神戸サンボーホールで、「第8回レスキューロボットコンテスト」競技会が開催されています。

今日の本選には7月の予選で優秀な成績だった12チームが出場。上位6チームが、明日のファイナルで競います。
なんと、6チーム全てが今年から3体に増えたダミヤンを見事に救助しています。

明日は、各チームがどのようなレスキュー活動を行うのか、とても楽しみです。

大阪日日新聞 澪標コラム
↑クリックで本文が読めます。


2008年6月26日(木曜日)

組込みZine ムラタセイサク君の記事

カテゴリー: - 三月兎 @ 13時39分42秒

先日、インテックス大阪でET WEST 2008が開催されました。
基調講演「自転車型ロボット「ムラタセイサク君」の開発とその活用」のレポートが、
翔泳社の組込みZineに掲載されました。

最初、編集の方から「何か記事を書きませんか?」とお話をいただいた時に、
う〜ん・・・組込みって分からないなぁ・・・ と思ったのですが、
考えてみたら、ロボットって組込システムなんですね!!

これからシステムやソフトにも、もっと興味を持ちながら
ロボットを見ていくことができればいいな と思っています。


2008年6月5日(木曜日)

ET WEST 2008 ムラタセイサク君

カテゴリー: - 三月兎 @ 21時33分17秒

ET WEST 2008の基調講演「自転車型ロボット“ムラタセイサク君”の開発とその活用」 を聞いてきました。
楽しかったです。

ムラタセイサク君は、いつ見ても可愛いのですが、
開発中の自転車特訓中の映像が、めっちゃ可愛かったです。
一生懸命で。
あ、この場合、頑張っているのは、ムラタセイサク君じゃなくて、開発メンバーの方々なんですよね。でも、なんだか、ムラタセイサク君も一緒に頑張ってるように見えました。

小学校の出前授業などで、子ども達に「どうして転ばないんだと思う?」と質問すると、
ませた子が、
「コンピュータで制御してるから当然!」なんて言うことがあるんだそーです。

いやいや、その制御するためには人が苦労してプログラムを組んでいるんだよ、大変なんだよーーー と伝えたくても、子どもは、コンピュータは何でもできる魔法の機械と思っているのでしょうか? できるのが当たり前じゃん? というところから抜けられないそうです。

そんな風に思ってしまう子どもの気持ちも、なんとなく分かるなー って思いました。

だって、ムラタセイサク君はいつも上手に自転車に乗っているし、他のコンピュータ制御されているロボット達も、失敗してテレ笑いしている様子は見せてくれません。
成功しているところしか見たことがなかったら、「できる」ことに感動するのは、難しいかも。

「カンタンにやっているように見えること」が実はすごいことで。
それができるようになるまでには、大勢の人が、一生懸命頑張ったんだよ。
その頑張る過程が、すっごく楽しいんだよー というのが、子ども達に伝わればいいなぁ と思います。


2008年6月2日(月曜日)

ロボットアームで抱きしめて(仮題)

カテゴリー: - 三月兎 @ 08時28分01秒

星出さんが、ディスカバリーで宇宙に旅立ちました。

星出さん同級生の方々が、応援歌「ロボットアームで抱きしめて(仮題)」を歌ったと記事にあったので、どんな曲なんだろう? と興味があって、調べたら、YouTubeに掲載されてました。

暖かくて可愛い曲です。

作詞/梅村太郎・松本零士 作曲(唄)/塙裕介


2008年5月28日(水曜日)

お掃除ロボットバトル

カテゴリー: - 三月兎 @ 17時52分26秒

先日、大阪日本橋のJ&Pテクノランドで、「家庭用お掃除ロボットバトル」が開催されました。
前日にイベントのご案内をいただき、わくわくして見てきました。

面白かったです〜〜。

同じ価格(29,800円)のロボット(3メーカー)を店頭に並べて、
メーカーの社長さん自ら製品PRを行い、
実際に3分間でお掃除能力を競っちゃうと。

お店に伺うまでは、そこまでシビアなバトルをするとは思っていなかったので、
驚いてしまいました。

家庭にロボットが入ってくる過程では、こうやって、ロボット同士の性能比較が行われていくのが普通なんだろうなぁ〜 と、大阪らしいチャレンジを見ることができて嬉しかったです。

「家庭用お掃除ロボットバトル」の様子は、ロボットウォッチにレポートを掲載していただきました。
読んでいただけたら嬉しいです。


2008年5月25日(日曜日)

笑っていいとも! ロボカップ

カテゴリー: - 三月兎 @ 17時26分07秒

TVの前でスタンバイして、見ちゃいました。
笑っていいとも! 増刊号 ロボカップ。

京商MANOIと、HPIのG-Robot、KONDOのKHR-2HV、ヴイストンのRobovie-Xが競演してました。

TVってすごいメディアですねー。
さすがに、見せ方が上手いなぁ〜 と思いました。
二足歩行ロボットというと、すぐにバトルしたがるけど、ちゃんとオリジナルで競技をやって、ロボットの性能をしっかり見せて観客を楽しませているところがよいなぁ と思いました。

あぁ、でも、これって各メーカーのロボットの水準が高いからできることかも。

少し前までは、二足歩行ロボットって、まだまだ“歩くこと”は得意じゃなかったんですよね。
バトルだと、ぶつかりあって転んでいてもスリップしても、バトルしているように見えるからOKだったけど。
歩行競技をやると、「まだまだだな〜〜〜」って感が強かったもの。

こうして二足歩行ロボットの歩行競技で、オペレータも観客も楽しめるくらい、ロボットの性能は上がったんだなぁ…… と、改めてロボットの進化を感じました。

初めましての方とおしゃべりする機会があると、ホビー用に二足歩行ロボットが発売されていることを知らない方の方が、世の中多い!! と知って、愕然とします。
だって、私の周囲は、みんな圧倒的にロボット好きな人が多いんだもの(^^;

かつて、日テレのワールドレコーズでロボットバトルをやっていたころ、
あの番組を見て、二足歩行ロボットに興味を持った方が大勢いました。
ただ、ワールドレコーズでは、ROBO-ONE大会最高レベルの自作機が出演していたから、
一般初心者の方には、いかんせん、ハードルが高すぎたんですよね。

あれから4年たって、二足歩行ロボットは市販キットで、誰でも始められるホビーになりました。
各地のイベントや交流会も増えたし、新しくロボットを始める人が増えたら嬉しいな〜〜 と思っています。

ロボットについて、判らないことや知りたいことがある方は、気軽に掲示板で質問してくださいね!


笑っていいとも!

カテゴリー: - 三月兎 @ 01時12分19秒

J&Pテクノランドで、ロボットイベントをしていたので、出かけてきました。
MANOIがお客さんとじゃんけんして、
G-Dogが元気に動いてました。

今日(25日)の笑っていいとも増刊号には、MANOIとHPIが出演するということです。
MANOIは、25日もJ&Pテクノランド4階でデモをしているので、
TVで見て、すごいなーーー と思ったら、
ぜひ、動いているMANOIを見に行ってください♪


2008年5月20日(火曜日)

大阪日日新聞 コラム掲載

カテゴリー: - 三月兎 @ 09時03分23秒

大阪日日新聞 「澪つくし」5/16 掲載分
ロボファイト7の開催にあわせて、掲載日を調整していただきました。
(見本誌が届いたのが、昨日なので、サイトには事前掲載できなかったです。残念〜〜)

澪つくし2008年5月16日 ロボット・ファンを増やしたい
写真はキャプテンPECO VS ガーディアンです。

ネット上でも読むことができます。ご一読いただけたら嬉しいです。
大阪日日新聞 「澪つくし」


2008年5月18日(日曜日)

ロボファイト7

カテゴリー: - 三月兎 @ 23時33分52秒

今日は、ロボファイトORCでした。参加者の皆様、お疲れ様です!!

昨日、会場に到着した私が一番最初に言った言葉は、
「なんでここにいるんですかーーー」>>散財さんっ
ほんと、びっくりしちゃいましたよ。
ロボファイトは2つのリングで同時進行だから、
いつもの実況中継はタイヘンだろうなぁ・・・ と思っていたのだけど、
ちゃんと両リングのレポートをアップされています。
さすがに2×2はスルーされておりますが。
素晴らしいです。見事な職人技です。>>散財さん

今大会は、参加ロボットがSRCもORCもユニークな機体が多くて楽しかったです。


2008年5月17日(土曜日)

ロボファイト7

カテゴリー: - 三月兎 @ 21時54分02秒

今日は、ロボットフォース主催のロボファイト7が、大阪産業創造館で開催されました。

昨日の大阪日日新聞のコラム「澪標 ―みおつくし―」には、
ロボファイトのことを書きました。 掲載誌はまだ手元に来てないので、後日(^^)

今日は、午後から観戦者がとても多かったのですが、澪つくしを読んで来てくださったかたもいるのかなぁ?? と、気になりました。

明日は、第14回ROBO-ONE大会決勝出場権を巡って本気のORC(オーバーレギュレーションクラス)のトーナメントが行われます。
会場に出展されている企業ブースで「澪つくしを読みました」と申し出ていただくと、ロボットの体験操縦ができます(^^)

ぜひ、見に来てくださいね。


2008年5月5日(月曜日)

ロボカップジャパンオープン

カテゴリー: - 三月兎 @ 22時41分05秒

“盛り上がりはジュビロとエスパルスによる「シズオカダービー」に迫るかもしれない”
と、静岡新聞の大自在(朝日の天声人語にあたるコラム)に書かれていました。

さすが、静岡新聞!!

サッカーとなると熱いです。

ロボカップジュニアは、ほんと、すごい熱気でした。
参加者たちは、ゴールが決まるとガッツポーズだし、勝てば喜び、負けると泣いて悔しがっていました。
みんな、本気です。

本気でガンバって、悔しい思いをするのは、優勝して喜ぶのと同じくらいの価値があると、参加者を見ていて思いました。

表彰式後、世界選抜チームからもれてひときしり泣いていた選手が、入賞チームのメンバーのところへいって、涙をこらえて「世界大会出場おめでとう。よかったね」と声をかけているシーンを見ました。

ロボカップジュニア大会の技術だけではなく、心を育てるという大会のポリシーがちゃんと参加者たちに伝わっているなぁ と感じました。
来年、またがんばる彼らに会いたいです。


2008年5月2日(金曜日)

RB2000 自律キャッチボールモーション

カテゴリー: - 三月兎 @ 10時56分17秒

ロボコンマガジン#57 のRB2000 キャッチボールモーションの参考動画をアップしました。
記事だけではイメージできなかったことが、動画で判る部分もあると思うので、ぜひご覧ください。

それと記事では写真が小さくて、読めなくなってしまったものがあるので、こちらに掲載いたします。(クリックで拡大します)

RB2000自律キャッチボールモーション解説
写真1 キャッチボールモーションの作例

・本文内では説明できませんでしたが、モーションとモーションの間に「待機」を入れることで、動きに緩急がうまれます。

RB2000自律キャッチボールモーション解説
写真2 Rovovie Maker2の初期画面

・コメントが読めなくなるので、誌面では省いてしまいました。参考になれば嬉しいです。

RB2000のモーション作成で、「こんなことが知りたい」「こんなことができるようになりたい」というご意見やアイデアがあったら、掲示板やメールでご連絡ください。


2008年4月25日(金曜日)

バリアフリー2008

カテゴリー: - 三月兎 @ 23時15分56秒

インテックス大阪で開催されている「バリアフリー2008」に行ってきました。
福祉関係はロボット化が期待されるジャンルだと思うのですが、
あまりRT関連製品は見えませんでした。私のアンテナが感度低いのかな・・・

会場ではHONDAの歩行アシストを体験することができます。
これは、お勧めします。


2008年4月24日(木曜日)

学天則 復元

カテゴリー: - 三月兎 @ 22時41分18秒

大阪市立科学館が「学天則」を復元。
記者発表があったので、取材に行ってきました。

取材がすごく多かったです。

動いた瞬間、隣でカメラ構えていた男性が、「わほほ〜〜」という感じで笑ってらして。
あ、この方はマニアだわ・・・と。

思ったら、やっぱりでした。

7/18に科学館がリニューアルされる時に、一般公開開始なので、
ぜひ、夏休みは大阪へ学天則を見に来てください。


2008年4月13日(日曜日)

大阪日日新聞 コラム掲載

カテゴリー: - 三月兎 @ 23時21分15秒

大阪の地元紙、大阪日日新聞のコラム「澪標〜みおつくし〜」に半年ほど連載することになりました。
友達から、リアルバトンが回ってきたのです。

「明るく元気な大阪のまちづくりに寄与できるような・・・」という依頼でした。
他に持ちネタもないので、私の身の回りに大勢いるロボットで元気な方々の活躍ぶりをPRできたらいいなぁ〜〜 と思っています。

大阪日日新聞 2008/04/13

せっかくなので、あまりロボット情報をキャッチする機会がない方々に、ロボットを身近に感じてもらえたら嬉しいなぁ と思います。


12 queries. 0.052 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

ロボット・ファン.net