ロボット ファン コミュニティサイト = ロボット製作者 と ロボット愛好者 =

ホーム 最新ニュース 初めての方へ コンテンツ紹介 FAQ 掲示板の使い方 お問い合わせ
 
楽しむ
読む
知る
学ぶ
買う
サイト情報
三月兎
オンライン状況

22 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが レポート を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 22

ロボットサイトランキングにエントリーしています。(^^)
ポチっとクリックしてみてね☆
ロボットサイト ランキング
サーバーは、 ここをつかってます。
トップ  >  2006年  >  3月  > 

GREEN EYESの第6回ROBO-ONE J-class参戦レポート

準備編
 GREEN EYESと言うロボットは第8回ROBO-ONE大会からデビューしたロボットです。
前回大会が終わってから反省点を洗い出し、地道に改良を加えてきました。
胴体の作り直しや、配線の束線方法の変更、頭部の再製作などを行い自分で言うのもなんですがうまく改良ができたと思います。
 ただ一つ方針を変更して、本大会ではなくJ-class大会へターゲットを移しました。
J-classもレベルがどんどん上がってきているので、自分のロボットがどれぐらい通用するのか試してみたかったのです。
 J-class用にロボットを仕上げる中で一番苦労したのは、1.5kg以下というロボットの重量制限です。
配線を数cm短くしたり、頭部を軽いバルサ材で製作したりといろいろ軽量化対策を実施し、ぎりぎりですが1.49kgという重さになんとか収める事ができ、J-classにエントリーする事ができました。

▲top

予選
 第8回ROBO-ONEでも予選は経験していましたが、やはり今回も予想通りすご〜く緊張しました。
でも、これも想定内でした。というのもロボットの見せたいところはしっかり演技の中に取り入れておいたので、ロボットの動きを見ればアピールしたかったことを思い出して喋ることができるというようにしていました。
 今回は予選演技中に頭をつかった一点倒立を披露した時、会場の方々から拍手が聞こえてきました。
この時は本当に「ロボットをやっていて良かった。」と感じました。自己満足ではなく観客と一緒に楽しい時間を過ごせたなぁと思いました。
 結局予選の結果、24位と微妙な順位でしたが決勝トーナメントに進出する事になり、思わず一人でニンマリしてしまいました。

▲top

決勝トーナメント
 いよいよライトを浴びたリングで戦えると思うと、自然に気合いが入ってきます。
しかし「相手が強かったらどうしよう。」とか頭の中には不安も結構ありました。
 試合の順番が近付き、リング裏の待機場所で対戦相手の方から「ロボットにシールを貼らせて下さい。」と言われ、理由を聞くとなんとびっくり、完全自立で戦うというのです。
 緑色の蛍光シールをGREEN EYESの胸部分に貼り、それに向かって相手を見つけ戦うというのです。
J-classの大会で完全自立で戦うロボットがいたことに驚きました。J-classもどんどん技術レベルが高くなってきているんだなぁと感じました。

 肝心の試合の方は、GREEN EYESに貼ったシールをうまく認識できず、相手ロボットは自由奔放にあっちへ行ったりこっちへ行ったりと会場の笑いを取った変な試合となってしまいましたが、延長戦でGREEN EYESが繰り出したパンチが効き、なんとか勝つ事ができました。
「やった〜、ベスト16だ〜。」と心の中で思い、ガッツポーズ。

 次は2回戦。この時にはもうさすがに簡単には勝てないだろうと弱気に思っていました。
何故かと言うとGREEN EYESは歩行動作の詰めがあまく、フットワークがのっそりとした遅さのため相手に近付くだけでも一苦労するからです。
それに加えて緊張のせいか、コントローラーの操作ミスもかなりあった為、思いどおりに戦えずあっさりと負けてしまいました。
「やっぱり負けたか。」とは思いましたが、1回戦目だけでも勝てたので以前よりは自信が付きました。

 こうしてGREEN EYESはベスト16という予想以上の結果を残す事ができ、自分としては上出来だったと思います。
今回は予選と決勝トーナメントを1日でこなすというハードなスケジュールでしたので、終わった時にはもう、ぐったりと疲れが出ました。でも、ひどい疲れとは違って心は晴々とした心地よい疲れです。

終わりに
 今回の第6回ROBO-ONE J-classに出場して、とても充実した1日を過ごせたと思います。
他のロボットビルダーの方々との交流や、観客の方々と一緒に楽しむという事ができたのは自分にとってとても大切な事だと感じ、これからもロボットの趣味を続けて行くともっともっと楽しさが広がって行くものだと確信しています。
 最後に、お世話になったロボットビルダーの方々、そしてROBO-ONEを観にきて下さった観客の皆さんに感謝いたします。
ありがとうございました。

▲top


前
第9回Robo-One大会 予選リザルト
カテゴリートップ
3月
次
マルファミリーの挑戦!
投票数:73 平均点:6.99

ロボット・ファン.net