ロボット ファン コミュニティサイト = ロボット製作者 と ロボット愛好者 =

ホーム 最新ニュース 初めての方へ コンテンツ紹介 FAQ 掲示板の使い方 お問い合わせ
 
楽しむ
読む
知る
学ぶ
買う
サイト情報
三月兎
オンライン状況

22 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが レポート を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 22

ロボットサイトランキングにエントリーしています。(^^)
ポチっとクリックしてみてね☆
ロボットサイト ランキング
サーバーは、 ここをつかってます。
トップ  >  2008年  >  6月  > 

鬼丸3:TV東京「世界の趣味キング」より2008.6/27

6月27日(金)テレビ東京 PM7:00〜8:48「天下無敵!コリない世界の趣味キング」を見ていましたら、「人気うどん屋台主人 驚きの趣味とは!?」(高知県のうどん屋さん)の趣味キングが始まりました。まさか!!と、焦りながら録画開始!やはり山口様(人型ロボットの鬼丸)でした。(TVコメントは、「TVチャンピオン」の高い声の方のアナウンサーでした。)
放送した内容を紹介します。再放送があると良いのですが。


以前から気になっていた「ロボコップ(コップ専用の自動洗浄器)」が紹介され、さらに自動で麦茶を入れてくれる「茶―ミネーター(高速道路のパーキングでお茶を入れる機械の様なロボット)」も紹介されました。お店ではロボットがフル稼働!とTV。お客が多く、本当に人気うどん屋台だと分かります。

後日TVスタッフが自宅へ訪問すると、玄関で二足歩行ロボット「鬼丸3」がお出迎え。
奥さんも紹介されましたが、スタッフが「すごいですね。」と言うと「そうですか。私はあんまり」と。
その後、今まで作ってきたロボットの紹介「キングザウルス(恐竜型ロボット:4足歩行ロボット)、人型ロボットの鬼丸1、鬼丸2、「このロボットは何と、すべて独学」とTVアナウンス。

ここで、山口様の生い立ちを紹介。

中学校卒で料理人になり、母親から「うちの子は知恵が無い」とよく言われた。「生まれながらにして 知恵の有無が決まるのだろうか」と本人はずーと疑問に思っていました。

修行時代に21歳で結婚。独立し、屋台のうどん屋が大繁盛!忙しい店を助ける何か便利な機械が作れないかと考えます。
しかし待ち受けていたのは専門知識の壁。そこで高校の物理や数学から始めた猛勉強。
そして1987年「ロボコップ」完成。
さらに「もっと出来るんやないか」「本当にやりたいことは何かある」。
それ以来ロボットの魅力にはまり続けて20年。「制作費総計500万」と画面に出る。(月に直すと2万円。店の投資もあるので無難な数字と思うが、TV局は500万も使ったと言いたかった様子です。)

「山口さんがたどり着いたのが、この「鬼丸3」なのです。」(TVアナウンス)。

「人間に近いほど愛らしく、ひょうきんなんですよ」と山口さん。「鬼丸3」のバックドロップを披露。これをやると腰が壊れると。  ここで御孫さん(4歳)登場。

奥さんはゴルフの練習。
その頃、旦那さんはロボットの練習中。
「実はある大会に向けて。もう特訓中なんです。」(TVアナウンス)。
「ロボファイト7(2008.5月)」への参加が紹介されます。
「それは最強のロボットを決める大会」(TVアナウンス)。
(「ロボファイト」が長時間TVで紹介されるのを私は、はじめて見ました。)
「このバックドロップで悲願の優勝なるか。」(TVアナウンス)。

― 大会当日 −
「ロボファイト」の参加者たちが、ロボットを整備している所が映し出されます。
「鬼丸3」の対戦相手「アドバンス・ラゴウ」。「こりゃ強そうだ、いきなりの強敵です。」(TVアナウンス)。
大会スタート。まず、レッグホーンとクロムキッドの試合。レッグホーンの突きが決まると、スタジオにいる柴田理恵さん、坂下千里子さんが「すごい!すごい!」。
番組の提供がテロップで流れている間、数試合が画面に登場します。

TV画面に「このあと!趣味王山口さん大ピンチ」と出ました。
「鬼丸3」VS「アドバンス・ラゴウ」の試合が始まりました。
「ところが、まさかのハプニング「鬼丸3」が動きません。山口さん大ピンチ。」(TVアナウンス)。
原因は電池交換を忘れていた様です。
電池交換をしてから試合開始。開始早々「鬼丸3」横に転び、自滅。その後もスリップを繰り返し「鬼丸3」KO負け。
「そしていよいよ決勝戦。ステージ上では熱い戦いが繰り広げられます。」(TVアナウンス)。
ivre-VIN VS Cavalier 「そして優勝したのはこちらのロボット」TVアナウンス)。
Cavalierのアップ。

山口さんにとってロボット作りとは。
「鬼丸3」が「七転八起」と書いた色紙を持ち上げます。「はい、七転び八起きです。七転び八転びですけどね。七転八倒してますけど、まあロボット自身も立ち上がるように、自分ももちろんこれからね、立ち上がって行けるような。」

おしまい

カテゴリートップ
6月
投票数:222 平均点:4.77

ロボット・ファン.net