ロボット ファン コミュニティサイト = ロボット製作者 と ロボット愛好者 =

ホーム 最新ニュース 初めての方へ コンテンツ紹介 FAQ 掲示板の使い方 お問い合わせ
 
楽しむ
読む
知る
学ぶ
買う
サイト情報
三月兎
オンライン状況

22 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが レポート を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 22

ロボットサイトランキングにエントリーしています。(^^)
ポチっとクリックしてみてね☆
ロボットサイト ランキング
サーバーは、 ここをつかってます。
トップ  >  2007年  >  6月  > 

第5回KONDO CUP

アニバーサリー初日には、プレス対抗サッカーがありました。 KONDOさんから、「兎さんも参加しませんか?」と声を掛けていただいたので、喜んで参加〜(^^) チームを組むのは、ROBO-ONE等の二足歩行ロボット大会で詳細な実況レポートを誰よりも早くアップする散財さん。 私はKHRを操作するのは未経験。散財さんもちょっと体験したことがある程度。 キーパーは慣れている方にお願いしないと、サッカーにならないので、KONDOスタッフの方にお願いしました。 KHR-2HVを操縦するのは初めてです。 すっごい安定して歩くな〜〜 というのが、実感。 歩行の安定度はKHR-1とはレベルが違います。 転んだときも、ボタンは共通で、ロボットが転んだ方向を自分で判断して、うつぶせからも仰向けからも起き上がってくれる。競技中って焦るから、こういう風になっていると私でも間違わずにロボットに指令を出すことができるので嬉しい。 プレス対抗は4チーム出場のトーナメント戦です。 1回戦第一試合は、毎日コミュニケーションズ vs うさぎさんチーム とてもぬるく試合しちゃいました(^^; 実は私は過去に、ホビーロボットでサッカー大会とゆーのを企画してやったことがあるのです。ロボスクエアの大会に第1回〜3回まで携わっていたのです。 そのときの経験から、「ボールにロボットが集まると、団子になってゲームにならない」とゆーのは知っていたので、「スペースをとってボールが流れてきたところに動いてプレイに参加しよう」とゆースタンスでした。 が、何しろ初めてなもので、ロボットの移動速度と操縦技術と、空間認識が追いつきません(笑) 傍から見ていると、私のロボットは、競技とは関係のないところで、一人離れてポツーんと立ち往生しているようにしか見えない。オフサイドルールがないのをいいことに、相手ゴールの前に立って、「ここにボールが来たら、シュート決めよう(^^)」って。 一度、散財さんからいいパスがあったのに。 わたわたしちゃってボールに追いつけなかったです _no 散財さんと、キーパーの奮闘があったものの試合は、2−1で毎日コミュニケーションズの勝利。うさぎさんチームの1点は、散財さんのロングシュートでした。 私はお客さん状態の参加だったけれども、すごく楽しかったです。 ジタバタしながら、ロボット操縦していました。 優勝したのはロボットウォッチ&ロボコンマガジンチーム。 ライターの石井さん、森山さん、白根さんが見事なチームワークを披露していました。 この日のために、KONDO ROBOSPOTで2時間の猛特訓をしたそうです。声を出し合って、パスやドリブルをして、ちゃんと連係プレイしていました。 で。KHR 3rd アニバーサリー2日目は、サッカー大会でした。 学生対抗と、オープンクラス、KHRクラスがそれぞれ2リーグに分かれてリーグ戦を行い、トップが決勝戦で優勝を競います。 私はAコートで、オープンクラスとKHRクラスの試合を中心に見ていました。 ざっくり言うと、オープンクラスはKONDOのサーボを使ったオリジナル機体。 KHRクラスはKHRをベースとした機体です。 サッカーは機体性能以上にチームワークが重要なのは、昨日のプレス対抗で体験したとおり。 今回の出場チームは、個人参加で来て当日チーム編成したところもあるけれど、日頃から、KONDOロボスポットで練習を積んでいるチームも多く、上位にあがったのはそういう研鑽を重ねたチームでした。 ロボットサッカーは、やればやるほど、面白くなるだろうなぁ と思いました。 個々のロボット技術やチームワークでどんどんサッカーらしくなるし。 歩行や旋回というロボットの基本性能が大きく試されるし。 バトルの大会は、機体をチューンナップしモーションを作りこまないと勝てないレベルになっているけれども、サッカーはキットを組み立ててサンプルモーションだけでも参加できるというのがいいな と思いました。 KONDOさんのサイトでは、サッカー用のバンブーモーションが配布されているので、これをダウンロードして使うことができます。 KHRは学校が教材として購入している例も多いのだから、もっと多くのユーザーさんが、ロボットサッカーを楽しんで、楽しみながらロボットの性能アップするようになったらいいな〜と思いました。 試合のレベルは、Bコートの学生対抗よりもAコートの方が上だったようですが、観客の盛り上がりは、圧倒的に学生対抗が上でした。これは、MCさんの盛り上げ効果がとても大きかったような気がします。 決勝戦のMCは、BコートのMCさんがおこなったのですが、なるほどなー という感じ。 ロボットの解説を交えながら、試合の実況を熱くしてくれるので観客として面白かったです。 第5回 KONDO CUP リーグ戦結果。 ●KHRクラス 学校対抗Aリーグ ロボット
●KHRクラス 学校対抗Bリーグ ロボット
●オープンクラス Aリーグ ロボット
●オープンクラス Bリーグ ロボット
●KHRクラス Aリーグ ロボット
●KHRクラス Bリーグ ロボット
●学校対抗決勝戦 WMMC VS 日本工学院八王子専門学校 1-0で WMMCの勝利。 ●オープンクラス決勝戦 エスプレッソスギウラ VS ●KHRクラス決勝戦 ストッパー3 VS RFCバンブーブリッジ 1-0でバンブーブリッジの勝利。

前
KHR3rdアニバーサリー
カテゴリートップ
6月
次
ロボザック7〜22巻(のり長野)
投票数:187 平均点:5.24

ロボット・ファン.net