ロボット ファン コミュニティサイト = ロボット製作者 と ロボット愛好者 =

ホーム 最新ニュース 初めての方へ コンテンツ紹介 FAQ 掲示板の使い方 お問い合わせ
 
楽しむ
読む
知る
学ぶ
買う
サイト情報
三月兎
オンライン状況

23 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが レポート を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 23

ロボットサイトランキングにエントリーしています。(^^)
ポチっとクリックしてみてね☆
ロボットサイト ランキング
サーバーは、 ここをつかってます。
トップ  >  2007年  >  5月  > 

ロボプロ in 私のしごと館

ロボプロ in 私のしごと館(第12回Robo-One認定大会)に行ってきました。 楽しかったです。 私、ロボスプリントって好きなんです。 ロボットが3m走るだけなんで、競技としては地味なんですけどね。 MCさんも観客盛り上げるのがタイヘンそう(笑) 一見のお客さんが楽しむには、ちょっと辛い競技だなって思います。 オリンピックの50m走は見ていて興奮するけれど、小学校の運動会を見ても、応援に力が入るのは、出場している子どもの親と身内、クラスメイトだけでしょう。 それとおんなじで、一般観客にロボプロスプリントで興奮と感動を与えようってゆーのは、ちょっと無理があります。 それでも私は、この競技が一番好きです。 私の場合は、身内じゃないけど、クラスメイト?みたいな立場かなー。 やっぱり友達(が作ったロボット)が、頑張っていると応援に力が入るです。 バトルだと、勝つ人と負けちゃう人がいる。 スプリントも大会ごとに優勝タイムが出るという意味では、最終的には勝者は一人。 でも、ロボプロスプリントのいいところは、各人のタイムがずっと公式に記録されているということです。 レースの一番の目標は、いつも「前回の記録」。 自分の努力が、タイムというとてもわかりやすいカタチで蓄積されていくというのは、ロボットを育てていく上で、とても重要なのだと思います。 高いモチベーションを保ち続けることができるんじゃないかな って思うんです。 今日、優勝タイムを出したのは、ダウトさんのヨゴローザでした。 3mを6秒77で走って見事優勝です。 ダウトさんは、2005年の秋にロボプロスプリントが始まった当時のタイムは、30秒2でした。 2年間、何度も競技にチャレンジして、コツコツ記録を刻んできたのよね。 ダウトさんだけじゃなくて、参加者みんなが前回よりタイムを縮めていたり走行距離が伸びています。 バトルや予選デモンストレーションももちろん面白いけれど、定点観測している立場からすると、ロボプロスプリントは、「XXさん、頑張ったねー」「**さん、速くなった〜」「直進性能アップしたねー」というのがとても判りやすいです。 誰かと比較しての頑張りじゃなくて、個々人の頑張りを楽しむことができるから、私はすごくロボプロスプリントが好きです。 そして、ロボプロスプリトで上位に入るロボットは、やっぱりバトルでもいい成績を残すんです。 今回のダウトさんは、スプリントとバトルの両種目を制して完全優勝です。 おめでと〜〜☆ 3mの距離を曲がらず転ばずに直進する安定性は、ロボットにとって一番大切な性能なんですよね。 ロボットが完璧に直進するのはコースの状況によっても難しいから、どうラインどりするか? オペレーターには、その判断力とロボット操縦技術が必要。 そうしたノウハウは、もちろんバトルにも活かされるわけです。 というわけで、タイヘン地味ではありますが、スプリントはロボット性能&オペレーティング技能の基礎となる奥の深い競技なんです。 ロボット初心者で、バトル大会はハードルが高いと躊躇ってしまう人も、まずはスプリントからチャレンジしてほしいなー って思います。 挑戦するたびに、ロボットの性能がアップしているのを実感できるのって、すっごく楽しいと思います。

カテゴリートップ
5月
次
静岡ホビーショーに行こう!!
投票数:58 平均点:3.62

ロボット・ファン.net