ロボット ファン コミュニティサイト = ロボット製作者 と ロボット愛好者 =

ホーム 最新ニュース 初めての方へ コンテンツ紹介 FAQ 掲示板の使い方 お問い合わせ
 
楽しむ
読む
知る
学ぶ
買う
サイト情報
三月兎
オンライン状況

30 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが レポート を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 30

ロボットサイトランキングにエントリーしています。(^^)
ポチっとクリックしてみてね☆
ロボットサイト ランキング
サーバーは、 ここをつかってます。
トップ  >  2006年  >  8月  > 

読書感想文 すすめ!ロボットボーイ

「すすめ!ロボットボーイ」は、大阪に住む小学6年生の男の子、未来(みらい)君が、初めて二足歩行ロボットを作って、ロボットバトル大会に出場するお話です。

さいしょ、未来君は、友達にミエをはって、もっていないのに、「ぼく、ロボットを持ってる」とウソをついたのは、いけないと思いました。
だけど、それがきっかけで商店街のおじさんにロボットを貸してもらえることになったので、よかったなと思いました。
でも、ロボットは自分で組立なくてはならなかったので、さいしょ、未来君はすごく苦労しました。
知らない言葉がいっぱいでてくる、むつかしいマニュアルを読んで、わけわからなくなって、すぐに作るのをあきらめたときには、なぜかひとごとには思えない気がして、読んでいて、ハラハラしました。
商店街のおじさんも、お父さんも未来君を手伝ってくれませんでした。
だけど、未来君はクラスで一番頭のいい子にアドバイスをもらって、自分の力でロボットを組立たので、すごくエライと思います。
この本には、
・マニュアルはちゃんと読むこと
・はじめはむづかしくても、あきらめずに最後まで読むこと
という、すごく基本的だけど、大切なことが書いてあると思います。
ただ、未来君が、床に座ってロボットを組み立てていたのは、あまりよくないと思います。
そういうことをすると、無理な姿勢になって腰が痛くなるからです。
やっぱり、ロボットを組み立てるときは、机の上を片付けて椅子に座ってやるほうがいいと思います。ネジもちゃんと管理しないとダメだよ って思いました。
苦労して組み立てたロボットが、動いたときは、読んでいて感動しました。
まるで、アルプスの少女ハイジに出てくる足の悪い女の子、クララが車イスから立ったときのように感動します。

キットのロボットは、サンプルモーションが入っているから、すぐに動きます。
だけど、未来君は「それじゃバトルで勝てない」と気づいて、自分で必殺技を考えてガンバってモーションを作ります。
未来君が作ったモーションがどんな必殺技なのか、バトル当日までわからないので、読んでいてドキドキしました。

このお話のいいところは、ただ未来君がロボットを作って、バトルに出るだけじゃなくて、ロボットを作る間に、それまであまり仲良くなかった友達と、だんだん親友になっていくことです。
それだけじゃなくて、ロボットの勉強会や、ロボットバトルに出場して、大学生の人や大人の人とも友達になります。
他の人がロボットを操縦しているのを見て、人の工夫に驚いたり、バトルで対戦した人の技術に対する工夫を尊敬しているのがいいです。
大人の人たちも、ガンバっている未来君のことを、子ども扱いしないでほめています。
未来君は、バトル大会では優勝できなかったけど、ロボットをつうじて、クラスメイトとも大人の人とも仲良くなれてよかったなと思いました。

さいごに、未来君が商店街のおじさんから、ロボットをプレゼントしてもらったときには、「未来君、いいなぁ〜〜〜」って思いました。
私も、K子ちゃんが欲しかったです。

前
キングカイザー vs 繭 ロボアスリート3000での決戦
カテゴリートップ
8月
次
ゲーム THE ロボットつくろうぜっ!
投票数:134 平均点:5.75

ロボット・ファン.net