ロボット ファン コミュニティサイト = ロボット製作者 と ロボット愛好者 =

ホーム 最新ニュース 初めての方へ コンテンツ紹介 FAQ 掲示板の使い方 お問い合わせ
 
楽しむ
読む
知る
学ぶ
買う
サイト情報
三月兎
オンライン状況

23 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが レポート を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 23

ロボットサイトランキングにエントリーしています。(^^)
ポチっとクリックしてみてね☆
ロボットサイト ランキング
サーバーは、 ここをつかってます。
トップ  >  2005年  >  7月  > 

ロボフィーVS-1

【 ロボフィーVS-1 とは 】
・完全自律二足歩行型ロボット
・サイズ:全高300mm 重量1kg
・自由度:16軸
・バッテリー耐久時間:15〜20分
・外装:樹脂製
・形態:組立式キット
・コントローラー:三和 ロボット専用プロボ
・電磁吸着歩行
・10〜20のサンプルモーション付

キットには未塗装の外装がついていて、自分で塗装してオリジナルのロボットを仕上げます。
後述のようにオリジナルオプションパーツも充実する予定。

残念ながら、現状ではドルフィーを外装にはできません。

ぶっちゃけ、現在のRoboOne参加者とは、ターゲットが違うロボットだと思います。
もうちょっとフィギュア系の方をユーザー対象としたロボットだと思いました。

▲top

【 レポート 】
ほりさんの熱い期待を受けてロボフィーVS-1のプレスリリースに行ってきました。
ごめん。やっぱり朝が弱くて遅刻しました(__;

私が行く前に、デモンストレーションはほぼ終了してました。
大和社長のお話によると
・階段登り
・モノを落とす
・壁を割る(?)
・階段を降りる
・大きなサイコロを後ろへ放り投げる<=これは見ることができました。
というモーションが披露されたということです。
ロボットを見慣れている大和社長が
「あれはすごかったよ」と絶賛していたので、ホンモノでしょう。
見られなかったのがとても残念です。
後日、公式サイトに動画が順次UPされるそうなので楽しみです。
それまでは、今週のSpotロボット No.31 フィギュアファン待望ロボット ロボフィー誕生で我慢してください。

ロボフィーはロボガレージの高橋さん製作のNeonをベースにしたロボットでした。
歩行は電磁吸着です。
正直、最初は「電磁吸着じゃぁなぁ〜〜〜」と思いつつ出かけたんです。
だけど、実物を見たら、すっごく面白かったんですよ。
私は、Neonを今まで何度も実物を見ているにも関わらず、このロボフィーは別格の面白さと期待感を持ちました。

●ロボフィーの中身はコレです。
[img]./images/img/rf01.jpg[/img]

●デフォルトの外装を付けてカラーリングするとこうなる。
[img]./images/img/rf02.jpg[/img]

●ロボフィーVS-1戦隊。
[img]./images/img/rf03.jpg[/img]

●私の一押しお気に入りはこれです。
[img]./images/img/rf04.jpg[/img]

これも最初は他のと同じ頭部を用意していたそうです。
何気に手近にあった人形の頭を装着してみたら、「いいじゃん!!」と。
私も、最高だと思います。
ロボフィーの外装は、順次オプションパーツとして発売予定。
世界観としては、ボトムズに近いのではないでしょうか。
量産型の「ロボフィーVS-1」があって、部品やオプションパーツが豊富にあり、オリジナルにカスタマイズできるロボット。
なんといったって、発売元がドルフィーを作ってるボークスですから。
「ロボフィー」のオプションパーツ、カスタマイズパーツには期待できます。

キットとは別売で、Neonタイプの外装もあります。
これがねー、5色並ぶと可愛いんですよー。
単体の時と楽しさが全く違います。
私は、会見・写真撮影終了後に「ロボットを並び替えていいですか?」とお願いして遊ばせていただきました。

Neon隊長から指示を受けるロボフィー・Neon隊。
[img]./images/img/rf05.jpg[/img]
Neon隊のカラーリングは左から
・3倍速シャー仕様
・ガルフ仕様
・Neon仕様
・Choino仕様
・セピア仕様
というテーマです。
指示を出しているのは、もちろんオリジナルNeonです。
オリジナルの方が、ちょっぴり背が高い。他にも細部がちょっと違う。
にしても、このオリジナルをよくここまで再現したなぁ と感動しました。

●円陣を組んで結束を誓うロボフィー・Neon隊。
[img]./images/img/rf06.jpg[/img]

なんというか、ちょっとしたポーズから物語性が生まれます。
これは、クレイアニメのようなコンテンツが作れるんじゃないでしょうか。
可愛いストーリーを作ってネット配信したら、女の子受けすると思います。

私が、「さすが、ボークス!」と思ったのは、ロボフィーVS-1の出来以上にコンセプトの練り込みでした。

私は今まで事ある毎に、
「市販キットでロボット組み立てるのは楽しいよね」
「モーション作るの面白いよね」
「で? その後は何して遊ぶの?」
と言ってきました。

RoboOne開催以降、ヒューマノイドロボットが注目を浴びている。
だからウチもキットを作ろう!
だけじゃ、ダメでしょ。
キットを売るだけだったら、すぐに飽きられてしまう。
ユーザー同士のコミュニケーションの場や、遊び方の提供をしていかなくては、ロボットがホビーとして定着しない。

ボークスさんは、ロボフィー発売と同時に常設専用ステージを用意し、ユーザーコミュニティの場を提供するとおっしゃいました。
今は大阪だけですが、順次、名古屋、秋葉原と開いていくということです。
発売と同時にコミュニティの場を提供するというのが素晴らしい。
ホビーストのツボを押さえているなぁ と感心しました。

私は常々、ロボットユーザー同士が気軽に集まってオフ競技ができたらいいのにな と思っていました。
その時、ネックとなるのが電源の確保とステージの水平性です。
ロボフィーはコントローラーが三和さんのプロボを使用しています。
だから、遊びに行く時にはPCを持参する必要がない。
電源は予備バッテリーを十分に用意しておけばいい。
電磁吸着歩行だから、ステージが多少水平出てなくても、問題ないでしょ。
だったら、どこでも遊べますよね。
キットに付属している鉄板は40cm四方位の大きさだったけど、オーナー同士が持ち寄れば遊べるサイズのステージができる。
「週末、駿府公園でロボフィー・オフ開催するよ!」ってネットで呼びかければ、ロボフィー・オフができる。
それはすっごい魅力で画期的なことだと思います。
モーションや競技のオフだけでなく、フィギュアとしてコンクールドエレガンスを競うこともできる。

これまでのRoboOneから始まった二足歩行ロボットのユーザーとは明らかに違う層が、このロボフィーVS-1に興味を示すと思う。
それがすごく楽しみです。

気になるお値段は、完全組立キット プロボ付で178,000円。
それが本日、2005/7/11〜8/31までに限って158,000円。
モーター・外装・CPUにプロボもついてこの価格は、安っ。
別売のNeon外装は6,800円です。

私の希望としては、付属の鉄板は両面黒塗装でしたが、裏を青・灰・緑・深緑等に塗り分けて欲しいなぁ。
鉄板をつなげて大きなステージを作成したら、ロボフィーでウォーゲームができる!
リアルに二足歩行ロボットでウォーゲームをしたら、絶対に面白いと思います。

▲top

【 追記 2005/07/30】
2005/7/17 キャラホビで行われたボークスさんのロボフィーのデモンストレーションを見てきました。
ロボフィー in キャラホビ レポートと、動画、今週のSpotロボット No.36 ロボフィー in キャラロボをアップしました。
こちらも見ていただけたら嬉しいです。

▲top


前
KHR-1ファーストアニバーサリー
カテゴリートップ
7月
次
ロボフィー in キャラロボ
投票数:134 平均点:5.30

ロボット・ファン.net