ロボット ファン コミュニティサイト = ロボット製作者 と ロボット愛好者 =

ホーム 最新ニュース 初めての方へ コンテンツ紹介 FAQ 掲示板の使い方 お問い合わせ
 
楽しむ
読む
知る
学ぶ
買う
サイト情報
三月兎
オンライン状況

26 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが レポート を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 26

ロボットサイトランキングにエントリーしています。(^^)
ポチっとクリックしてみてね☆
ロボットサイト ランキング
サーバーは、 ここをつかってます。
トップ  >  2006年  >  1月  > 

初心者向け二足歩行ロボット交流大会

【 ロボゴングの魅力 】
ロボットフォースさん主催のロボゴング3に行ってきました。
ネタ満載で、めっちゃ楽しかったです。

ロボゴングは、「ロボット初心者のための大会」というのが、一番の魅力だと思います。
今回がデビューという方が6名。11月に行われたロボファイト2のデビューも6名。
関西圏でロボットユーザーが着実に増えて、かつレベルアップしているのは、ロボットフォースさんの活動があってこそだと思います。
 小学1年生のRyoma君からシニアの方まで、幅広い年齢層が競技と交流会を楽しんでいました。
 1、2回戦で敗退した人は、別リングで行われる2x2大会(ロボット2体がタッグを組んで戦う)へ参加権が与えられるなど、参加者全員が1日中、楽しめる工夫をしている点もポイントが高いです。
 KHR-1ベースの機体が多く、ROBONOVA-気癸佳痢Weird-7が1体参加していました。
 最年長者は65歳。2005年7月に大阪で開講した「シニアの夢工房」のKHR-1教室を受講者した方です。週1×8回の講習でロボットを完成させて、その後も自分で作りこんできています。デビュー戦だったロボファイト2は初戦敗退だったけど、今回は、ベスト8まで進んでいました。教え子の初勝利にインストラクターの方がガッツポーズで喜んでいたのが微笑ましかったです。
 ROBONOVA-気皺造されて出場しました。2軸追加し大きな手をつけて参加したのは、ひろ研さん。初参加で準優勝と健闘していました。
ひろ研さんののばさんは、両手をついて後ろキックで攻撃するモーションが独特でした。
 ROBONOVA-気凌Г鯏匹蠡悗┐討い燭里、sakiaさん。紹介されるまでROBONOVA-気世箸狼い鼎ませんでした。カラーリングを変えるだけで、雰囲気がすごく変わりますね〜〜。ブラック仕様で格好よかったです。
ROBONOVA-気蓮▲螢皀灰鵑砲茲訐岾粟通信なので操作するのがちょっと辛そうでした。
sakiaさんは、コントローラーを自作して出場していました。「サイトで自作コントローラーの情報を流してよ〜」とリクエストしておいたので、ROBONOVA-汽罅璽供爾気鵑蓮▲船Д奪チェック。
 優勝したのは、小学1年生のRoyoma君が操縦する「King Kizer Jr」でした。
史上最年少で初出場の優勝。「毎日、お家でお兄ちゃんとロボットの練習をしているの?」と聞いたら、昨日1日操縦練習をしただけだということでした。子どもの順応力って高いですねー。今年もMaru family(旧NeoJapan。今年からチーム名を変更しました)の活躍が楽しみです(^^)

▲top

【 キャリア組の活躍 】
キャリア組と言っても、ほとんどが昨年の「ロボゴング1」でデビューした方達です。
KHR-1をベースにしていますが、既にKHR-1の面影がない機体が多いです。
ロボットの成長ぶりを見ると、彼らが1年間どっぷりロボットしてきたんだなー というのが分かって面白いです(笑) 徹夜でロボットやっているということでした(^^;
KHR-1の取説に「肉体的精神的に健康な状態で行う」って書いてあるのに。(本当)
ちゃんと使用上の注意は守りましょう。>>All

ロボットフォース出身のロボットは、技が多彩なのが特徴です。
ロボットがユニークな動きや攻撃をする。だから、バトルを見ていてとても面白いです。

りりあとGUARDIANは、バトル前に寸劇をしました。バトルの結果で、試合後のストーリーが変わるといった凝った趣向です。
私は内心、GUARDIANに「あんたの姫はK子姫じゃなかったの!?」と突っ込みを入れてしまいました。GUARDIANの浮気者〜〜〜っ(笑)
これはすごく面白かったです。ロールプレイングブックのようにシナリオを作成して、トーナメント大会全編に寸劇をつけて欲しい。
実現したら面白いよなーーーーー。
参加数が多いと無理だから、キャラが立ってるロボットを選出して、4体か6体で。
ロールプレイング・ロボットバトルストーリー。
バトル結果でストーリーが変わっていくんだから、一度シナリオを作れば、しばらくネタはしばらく使いまわせる。
熱望します。

▲top

【 Roppoバトル 他 】
 6軸ロボット「Roppo」のプレ大会もありました。
 丸頭の正統派Roppoあり、賽銭箱、獅子舞ロッポ、King Kizer プチにハロ操縦Roppo。
 Roppoは遊べます!!
 直径45cmの円形リングでの「Roppoバトル」は、紙相撲ののりでした。
 ちょ〜っと狭いかな? 60cm位あってもいいかもしんないって思いました。
 あのちょこまか、ジタバタって動きでバトルしている様、可愛いです。

 他には、ロッポサッカー、エキシビションロボットによるサッカー、本戦出場者によるサッカー、バトルカオスなど新しい試みが盛りだくさん。
 サッカーやバトルカオスのわきゃわきゃした面白さは、ビデオのモニタだとちょっとわからないですねー。

▲top

【 場外バトル 】
打ち上げはいつもの「食い倒れ」。お店の方も慣れています。
大広間の奥にお膳を用意してくれて、手前はバトルように広く空けておいてくれました。
しかも、「早くリング来ないかなー」とみんなが言っていたら、久美子さんが機転を利かせて台を用意してくれました。
次回からは、場外用リングは久美子さんが用意してくださるので、持参する必要がなくなりました。素晴らしい。

「食い倒れ」のお姉さん達に、ロボットが大人気。
特に受けたのが、のむむさんが、Roppoで作った賽銭箱「ごえん」。
「お金を入れると踊るんですよ」というと、お姉さん達が次々とお賽銭を入れました。
ちゃりんちゃりん言わせながら、踊るごえん。
お腹が重くなると、「僕、稼いできたよぉー」とAMATERASのところへ帰っていきました。AMATERAS、商売上手です。
RoboOne会場に賽銭箱を置いておいて、AMATERASが御祓いしてあげるというのは、商売になるんじゃないだろうか?
というのが、私の意見ですが、却下されました(笑)

リングが用意されてから、みんなご飯も食べずにバトル三昧。
時々、久美子さんから場内マイクで「てんぷらが冷めますよ〜」「ご飯の用意できましたよ〜」とアナウンスが流れていました(笑)

▲top


カテゴリートップ
1月
投票数:315 平均点:5.97

ロボット・ファン.net