ロボット ファン コミュニティサイト = ロボット製作者 と ロボット愛好者 =

ホーム 最新ニュース 初めての方へ コンテンツ紹介 FAQ 掲示板の使い方 お問い合わせ
 
楽しむ
読む
知る
学ぶ
買う
サイト情報
三月兎
オンライン状況

22 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが レポート を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 22

ロボットサイトランキングにエントリーしています。(^^)
ポチっとクリックしてみてね☆
ロボットサイト ランキング
サーバーは、 ここをつかってます。
トップ  >  2004年  >  11月  > 

ロボットバトル世界一決定戦 第3弾

2004/11/21(日)
【ロボットバトル世界一決定戦とは】
日本テレビ ワールド★レコーズの1コーナーとして行われているロボットバトルです。
第1弾でHAJIMEROBOT11に惜しくも敗れたA-Doがバージョンアップ(?)して第3弾に挑みました。

▲top

【試合ルール】
・試合時間無制限。
・有効な攻撃を受けてダウンし10カウント以内に立てないとKO負け。
・3回ダウンするとTKO負け。
・攻撃を受けてリングアウトも1ダウン。
・他詳細はレフリー判断とする。

レフリー:ニコラス・ペタス氏

▲top

【対戦カード】
2325RX九武
身長:45cm
体重:2.1kg
得意技:ラジオ体操パンチ、ローキック

A-Do Type6(通称:アフロ)
身長:40cm
体重:2.6kg
得意技:頭突き、バブルスリップ

▲top


【前哨戦】
現役優勝チーム、最強ロボットと紹介された九武。
九大の開発室がいかにも「研究室」という雰囲気でよかったです。
「ラジオ体操パンチ」というのはぴったりなネーミングですが、名前からはあのすごい威力を感じられないのがちょっと残念。
素早い歩きといきなりの側転で登場して会場から驚きの声があがりました。
ローキックもポーズが決まって格好いいです。
最後にテレて頭をかくところが可愛い〜〜〜。
持久戦に弱いという先川原さんのコメントありました。
バトル前にバラしちゃってよいのでしょうか・・・

対するA-Do type6は可愛く愛嬌を振りまきながら入場。
攻撃技としてモンキーダンスと捨て身攻撃の頭突きを披露しました。
会場の観客に拍手を要求し、ノッてくるとどんどんご機嫌がよくなってモンキーダンスがますますリズムにのりシャボン玉を吹くというパフォーマンス。
「バブル・スリップ」という技名がついてました。
Robo-One本戦では禁じ手ですが、ワールド★レコーズでは公認のようです。
菅原さんはアフロ開発時点に、この日がくることを予想していたのでしょうか?
内村氏の「前より弱くなってません?」という突っ込みをするどく感じたのは私だけじゃないと思います。。。

▲top

【バトル】
互いに礼をして試合開始しました。
礼のタイミングが綺麗に決まって、会場からどよめきが起こってました。
やはりこういうのが決まると盛り上がっていいですよね〜。

九武は最初から回転蹴りを繰り出すもヒットせず。自身がスリップダウンを取られたと思ったところ、立ち上がり際にローリングラリアットを放ち見事に1ダウンを奪いました。
続く九武のローキックはぎりぎり届かない。
対抗してアフロもヘッドパットを連発するもこちらも効果なし。もう1度出るかと思いきや、バランスを崩してあお向けに倒れてしまうアフロ・・・

立ち上がり踊りだしたように見えるアフロは、じつは往復ビンタをしているのでした。
その後、アフロは持久戦に持ち込むつもりなのか、敵前逃亡をはじめてしまいました。
が、スピードでは九武に利があります。前に回りこまれてしまいました。
アフロがパンチを放つのですが、またバランスを崩して倒れてしまいました。
大丈夫でしょうか・・・アフロ。

九武の正拳突きが見事に決まって、アフロ2ダウン目。

ここでアフロが会場に応援の拍手を求めると、余裕の九武も一緒になって拍手を要求。
嬉しそうな表情で拍手をはじめる菅原さんの笑顔が素敵でした。とっても嬉しそうでした。
もうダウンが許されないアフロはモンキーダンスを踊りだし、シャボン玉を吹き出しました。
これが伏線になったのでしょうか、投げ技で九武から1ダウンを奪いました。

アフロが電池交換のためタイムを要求。九武も冷却スプレーで入念にクールダウンしていました。

試合再開。回転蹴り、正拳突きと正当な技を繰り出す九武に対し、いきなりバブル攻撃のアフロ。
リングを滑り易くした上で、頭突きでダウンを奪うという頭脳作戦が見事にあたりました。(本当に計算していたんですか・・・?>>菅原さん)
これでカウントは2−2
また敵前逃亡をするアフロ。逃げ方が可愛くて会場の笑いを誘います。
敵が疲れた頃を見計らい往復ビンタを放ちながら九武に近づくアフロ。
それを正拳突きで迎え撃つ九武。

九武が有利に見えたのですが、ラジオ体操パンチの拳がアフロヘアに絡んで両者ダウン。
2度目のラジオ体操パンチを外した九武の隙をついて、アフロが投げ技で3ダウン目を奪い勝利をものにしました。
2−0からの大逆転に文字通り泡を吹いて喜ぶアフロ。両手で頭を抱え込む九武の絵がナイスでした。

「勝っちゃっいましたねぇ」という菅原さんのコメントには実感がこもっていました。
勝因がバブルスリップというのは、、、、たぶん正しいです(と、私は思います)

▲top


【感想】
正統派格闘ロボット九武にアフロを対戦させるワールド★レコーズのセンスに脱帽といった感がありました。
まさか、アフロが勝つとは思いませんでした。
アフロのコミカルなモーションと、武闘派九武のモーションが絶妙に絡み合っていて笑えました。
面白かったです!

▲top


カテゴリートップ
11月
次
ROBO-PRO キックオフイベント
投票数:50 平均点:5.80

ロボット・ファン.net