ロボット ファン コミュニティサイト = ロボット製作者 と ロボット愛好者 =

ホーム 最新ニュース 初めての方へ コンテンツ紹介 FAQ 掲示板の使い方 お問い合わせ
 
楽しむ
読む
知る
学ぶ
買う
サイト情報
三月兎
オンライン状況

26 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが レポート を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 26

ロボットサイトランキングにエントリーしています。(^^)
ポチっとクリックしてみてね☆
ロボットサイト ランキング
サーバーは、 ここをつかってます。
トップ  >  2005年  >  3月  > 

ロボットバトルグランプリ バトルロイヤル

2005/3/6(日)
【ロボットバトルロイヤルとは】
日本テレビ ワールド★レコーズの1コーナーとして行われているロボットバトルです。
これまでは「ロボットバトル世界一決定戦!」として開催してきましたが、反響が大きかったようで、今回から、「真の最強のロボットを決定するため」バトルトーナメントを開催することが決定!
なんと優勝賞金は50万。勝利を手にするのは誰だっ!

トーナメントには9体のロボットがエントリーしています。
うち3体は芸能人が操縦します。(勝った時、賞金を手にするのは操縦者なのかなー?  それとも製作者かなー?)

1回戦の対戦カードは以下の通りです。
第1試合 ガンダムー vs 鉄人2号
第2試合 グレートマジンガア vs ヨコヅナグレート不知火
第3試合 キューティハニー vs メタリックファイター
第4試合 アフロ vs トコトコ丸
シード権 ケンシロウ

・・・濃い組合せだなぁ と思いました。

と、ずっとケンシロウはシード権だと思っていたのですが、対戦相手をバトルロイヤルで決定するという豪華な演出でした。
今までのロボットバトル4試合で敗退したロボット+かつてロボットバトルに出場したロボット8体でバトルロイヤルを行い、勝利したロボットがケンシロウとの対戦権を手にします。

▲top

【試合ルール】
・試合時間無制限。
・8体が同時に戦い、リングアウトしたら負け。
・ダウンは何回してもOK。
・他詳細はレフリー判断とする。

レフリー:大成敦氏(K-1ルールディレクター)

▲top

【出場ロボット】
オムニストライカー
キューティーハニー
鉄人2号
ネオビッグ九武
ARIUS
ヨコヅナグレート不知火
DYNAMIZER2
HAJIMEROBOT11

▲top

【前哨戦】
出場ロボットが8体と多いためか、既に出場しているロボットということがあるのか、いつもの「前哨戦」がありませんでした。
製作裏話は毎回楽しみだったので、ちょっとつまんないです。

胸にダイヤの飾りを付けて可愛くなったARIUSと対照的に、ネオビッグ九武は両手に凶悪な武器を追加して、ヒールに徹してきました。

▲top

【バトル】
ゴングと当時にハニーが前転で中央に陣取りました。
根本さん、はじめて操縦するのに上手い戦略です。
だけど周りが全て敵なので、いきなりタコ殴り状態です。
か、可哀想。

と、なんと混戦の中で、操作を誤ったのかダイナマイザーが回転して自らリングアウトしてしまいました。
続いてARIUSもネオビック九武に払われて、リングアウト。

中央に立つネオビッグ九武の背後から、鉄人が果敢に回転あびせ蹴りで攻撃しますが、ネオビッグ九武はびくともしません。
参加中、最大ロボット対最小ロボットですから無理ないのかもしれません。
巨体のネオビッグ九武に、オムニストライカー、ヨコヅナグレート不知火が前後から攻撃を仕掛けていますが、効果ありません。
全員で一斉に押し掛かれ〜〜 っと声援を送りたくなりました。
キューティーハニーは匍匐前進で、リング上を移動しています。

鉄人が起きあがりかけたところを、ネオビッグ九武が片手でなぎ払いました。
鉄人あえなくリングアウトです。

残るは5体。
キューティーハニーがハニーフラッシュを決めようとしたのですが、バランスを崩して倒れてしまいました。
そこへ容赦なく、両足で蹴りを入れるヨコヅナグレート不知火。
リング中央では、それぞれのロボットがネオビッグ九武にパンチや前転蹴りをいれるのですが、ネオビッグ九武は余裕しゃくしゃくです。

混戦が少しバラけて各機体に間合いができた時、倒れているキューティーハニーに攻撃をしかけようとしているネオビッグ九武に、オムニストライカーが後ろから攻撃。
パンチが見事に膝に決まりました。
なまじ身長が高いネオビッグ九武は、倒れた拍子に左腕がリングからはみ出してしまいました。
起きあがりモーションに入るのですが、片手では起きあがることができずそのままバランスを崩してあえなく落下してしまいました。

リング際ではキューティーハニーは転んでいます。
このまま脱落するのか・・・と心配したのですが、なんとか立ち上がりました。
そこへヨコヅナグレート不知火とHAJIMEROBOTが襲いかかります。
回転キックで迎え撃つキューティーハニーですが、自分の技の反動でリングから落ちてしまいました。

残るは3体は、HAJIMEROBOT、オムニストライカー、ヨコヅナグレート不知火です。
レッドゾーンでHAJIMEROBOTとオムニストライカーがもみ合いになりました。
2体一緒に押しだそうと電車道で突き進むヨコヅナグレート不知火。
倒れたHAJIMEROBOTにオムニストライカーの腕が絡みました。
そのままなぎ払われるのかと思ったのですが、なんとか脱出して起きあがったHAJIMEROBOT。
しかし、オムニストライカーに反撃しようとして返り討ちにあい落下してしまいました。
いよいよ、オムニストライカーとヨコヅナグレート不知火の一騎打ちです。
ヨコヅナグレート不知火は今日のために磨いてきた技「雑巾がけ」で一気にオムニストライカーを押し破ろうとします。
負けじと膝を深くまげて応戦するオムニストライカー。
ヨコヅナグレート不知火の両足がリングから出た時にはこのまま決まるか!!
と思ったのですが、さすがはヨコヅナグレート不知火。堪えます。
その体勢からも押し返しました。
オムニストライカーが仰向けに倒されてしまい、最後の詰めができなかった。
ヨコヅナグレート不知火もまたバランスを崩して、リングから落ちるかっ・・・と思ったもののこれも堪える。

中央からのしきり直しとなりました。
パワーがある2体の真っ向勝負の押し合いです。
両者中央から一歩も引きません。
が、最後には体重差がものをいったのか、ヨコヅナグレート不知火の渾身の突きがが決まりました。
オムニストライカーはリング上を2回転した後に落下してしまいい死闘が終了しました。

▲top

【感想】
勝った瞬間、両手をあげて飛び跳ねて喜ぶGIYさんと抱きしめ合って喜ぶお母さんが印象的でした。
ロボットバトルは燃えますね!
文句なしに面白かったです。

実は、この収録はナマで観戦させていただきました。
実際のバトルは放映されたものより長く白熱した闘いでした。
私が今まで見た中で、一番面白く興奮したバトルでした。
今回、時間の都合で短く編集されてしまったのは、本当に残念で仕方ありません。
きっと、他のバトルでもそういうシーンはいっぱいあるのでしょうね。。。
後日、DVDで発売されないかなー と期待していますっ。

▲top


前
第7回Robo-One大会予選リザルト
カテゴリートップ
3月
次
第4回Robo-One J-Class大会レポート
投票数:107 平均点:5.05

ロボット・ファン.net