ロボット ファン コミュニティサイト = ロボット製作者 と ロボット愛好者 =

ホーム 最新ニュース 初めての方へ コンテンツ紹介 FAQ 掲示板の使い方 お問い合わせ
 
楽しむ
読む
知る
学ぶ
買う
サイト情報
三月兎
オンライン状況

20 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが レポート を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 20

ロボットサイトランキングにエントリーしています。(^^)
ポチっとクリックしてみてね☆
ロボットサイト ランキング
サーバーは、 ここをつかってます。
トップ  >  2007年  >  3月  > 

第11回Robo-One大会 本戦トーナメント速報

第11回Robo-One大会、本戦トーナメント速報と全体の感想。第11回Robo-One大会本戦が終了しました。 とっても面白かったです〜〜。 今回は、ルールが大きく変りました。 ・スリップダウン は2回でダウン。 ・捨て身技は1試合に1回だけ ・タイムは1回だけ(1ダウンとしてカウント) ・片手を突いての攻撃は、復帰できれば決まれば捨て身技にはならない。 細かくいうと他にも変更があるのかもしれないけど、観客として理解してるのは、この辺りです。 ここらへんのルールは、昨年のGPで試して検討されたそうです。 そのときは、参加選手から「このルール、面白くない」という意見もあったとか。 いえいえ。 観客視点で言いますと、とっても面白くなっています。 試合運びがスピーディーで、かつ、転んでばかりいるロボットが負けるというのは、判りやすいです。 スベって転んでばかりいるのに、試合に勝っていると「??」になっちゃうんですよねー。 正直、選手には「スリップしたらポイント取られる」というのは、すごいプレッシャーだっと思います。 その緊張感というのは、試合の中に現れています。 緊迫感ある試合展開になったのは、このプレッシャーがあったからじゃないでしょうか。 そうそう。「動きを止めていると、警告がはいる」とゆールールもあるから、ロボットがみんなよく動いていたし。 昨日の予選は、今ひとつ運動性能のアピールが少なかったので、本戦でロボットがきびきび動いているのを見ることができてとても嬉しかった。 本戦にでてきた32体は、みんなよく動きましたねー。さすがです。 互いに常に移動して手数を多くだしあっているので、変化があります。目が離せないもん。 あと、認定大会からでてきたロボットが上位に来ているのがよかったです。

前
第11回Robo-One大会 予選レポート
カテゴリートップ
3月
次
第11回Robo-One大会 本戦トーナメント速報
投票数:81 平均点:5.80

ロボット・ファン.net