ロボット ファン コミュニティサイト = ロボット製作者 と ロボット愛好者 =

ホーム 最新ニュース 初めての方へ コンテンツ紹介 FAQ 掲示板の使い方 お問い合わせ
 
楽しむ
読む
知る
学ぶ
買う
サイト情報
三月兎
オンライン状況

43 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが レポート を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 43

ロボットサイトランキングにエントリーしています。(^^)
ポチっとクリックしてみてね☆
ロボットサイト ランキング
サーバーは、 ここをつかってます。
トップ  >  2006年  >  9月  > 

第10回ロボワン会長総評(ビデオより)

 「会長総評」をビデオから、文章に起こしてみました。全文になります。
「会長総評」は、大会の最後に「閉会の辞」として行われるものです。
 文章にするとニュアンスが伝わらないかもしれません。また声が小さくなり聞き取れなかった所(特に語尾)もありましたが、今後のロボワンの方向が見えればと思います。
「、」の位置がおかしかったり、空白が入っていたりで読みづらいと思いますが、かんべん。

☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆「 第10回ROBO−ONE 会長総評 」

 えーみなさんお疲れ様でした。
えー今回のロボワンもまた、その新しいヒーローが生まれました。そして、あのーロボットがますます こう進化してきたと、ゆう事が実感できました。で、あのーさらに、えー面白いロボット を の大会を目指してですね あのー今後ともやって行きます。

 で、ひとつはそのー えー重量級のロボットもいる、あるいは えーと、昨日の予選でも1キロクラスのロボットもいる。ま、そういう中でですね、あのー 戦うのは結構厳しいと、ゆうような印象を持っております。えー従いましてですね少し、えーこれからはランク分け、重量 分けをして行こうと言う事で、えーま来年あたりからは、次回の大会からはですね、まずはとりあえず二クラスぐらいからスタートしようかなと、言うことで考えております。
え、そう言ったことを を ま、やりながら、もっとこう皆さんがですね、あのロボワンに参加できる形を取って行きたいと思っています。

 それから えー今日あのー、サッカー。まサッカーて言っても、これ実はこれは戦いも入っているんですから、あの(笑いの入った「あの」)、ロ、ラブ、ランブルボールと言う名前にしようかなと思っているんですけども、これはま来年の 夏ぐらいを目標に、あの大会をやっていきたいと思います。で、あの、こちらの方は どうゆうルールにするかとゆうのは、あー今日の おー試合の結果等を見てですね、決めてゆきますが、あー出来るだけ えー初心者の方も参加できる様にですね 形をとりたいな とゆーふうに考えています。で、そーする事によって ゲーム を広げる すか それからあとはチームプレーと言うのが あー出来るようになってくるとゆうことになってくるかと んですね、そのためまたちょっと。

 で、あのー今その 今日あのー優勝された はぁ(笑いの入った「はぁ」)マルさん ファミリーはですね、Jクラスでも優勝されてますけど、もうそのJクラスも、ロボワンも、もうレベルが同じになってますので、え、これはもう1つにしよう ゆー事で、まJクラス  あー は あーロボワンに吸収してしまう。で、その代わり初心者を、もっともっと育てるとゆう意味で、え地方でやっておられるイベント えーいろんな大会が 最近あります。えーロボワンに出るための練習大会とゆー格好でもいいです。まそーゆー大会 に えーー決勝出場権 を認定してみよう形 を取ろうとしております。これはまた近じか発表しようと思っています。そーゆー風にしてもう少しそのー仲間を増やして行く、え、それから まチームプレーでサッカーをやると、まそう言った事で、もっともっとそのロボットに えー親しんでいただく それからロボット全体の技術を上げて行く。そんな方向に持っていければいいな ゆー風に考えています。

 もちろん、あのー 昨年は飛騨高山で、あのロボワンやりましたけど え、今回も飛騨高山の選手ずいぶん優秀な選手が 出てきてますよね、 まそうゆう意味で長井でもですね、あのーこういった小さな大会でもいいですね、そうゆー事をやって、もっともっと長井市 の物作りの技術であるとかですね、えー若者たちがですね え工学離れとか色々ありますけどもそーゆー事の無いような あー 物作りでもっともっと活性する それを、まロボワンがサポート出来ればいいな ゆー風に考えています。え、もちろん、その北九州とか、いろんなとこから来られてますので、そうゆー所 の えーま日本中の、あるいはま韓国からも来られてることで。世界中のですねあのーそうゆう技術、特にロボット技術が早く進化して、えーこうゆうその 模型の世界じゃなくてもっと、役に立つロボットの世界をね、早く来ること、を ま、われわれロボワン えー委員会 としてですね、あの願っております。

 えーとーその他ですね、宇宙大会とか色んな事を あのー(少し笑いの入いった「あのー」)えー考えておりますのでですね、えーいろんな立場から うん もちろん、もの物作りとかですね、いろんな立場から えー面白く楽しむと言う立場でもけっこう、ぜひあのロボワンに とにかく参加していただきたいて、えー楽しんでいただくと そこから日本の将来が生まれると ゆー事になればいいと、な と思っております。今後とも ま、ロボワンよろしくお願いします。来年は、えー第11回大会は「後楽園ホール」 K−1の聖地「後楽園ホール」でやります。そちらの(「らの」に笑い入り)方にも、ぜひお越し下さい。

 本日は、どうもありがとうございました。(会長おじぎ)(会場拍手)
えー続きまして長井の皆さんどうもありがとうございました。
市長ありがとうございます。
(会長、市長向かい合っておじぎ。市長から両手で、会長へ握手。)
ありがとうございます。

以上

前
第10回ROBO-ONE(観戦者側から)
カテゴリートップ
9月
次
第十回ROBO-ONE観戦記
投票数:86 平均点:5.00

ロボット・ファン.net