ロボット ファン コミュニティサイト = ロボット製作者 と ロボット愛好者 =

ホーム 最新ニュース 初めての方へ コンテンツ紹介 FAQ 掲示板の使い方 お問い合わせ
 
楽しむ
読む
知る
学ぶ
買う
サイト情報
三月兎
オンライン状況

29 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが ロボットキット を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 29

ロボットサイトランキングにエントリーしています。(^^)
ポチっとクリックしてみてね☆
ロボットサイト ランキング
サーバーは、 ここをつかってます。
トップ  >  KHR-1入門講座  >  第4回 組立前に
◆マニュアルの印刷
KHR-1のマニュアルは付属CDにpdfで入っています。
まず、これを印刷しましょう。
「プラモよりカンタンなら、マニュアルなんて読まなくてもヘーキ」とか
「40頁もあるから、印刷するのがもったいない」
「印刷しなくてもモニターで読めば十分」
なんて甘く見ていると、途中でメゲる可能性が高いです。
ハマってから印刷する位なら、最初から印刷してナナメでもいいなら目を通しておく方が結局、近道です。

印刷の際は、両面印刷しようなんて考えずに素直に出力するのが一番カンタンで時間がかかりません。
pdfの両面印刷ってクセがありますから・・・。
分かっていても毎回ハマって紙も時間も無駄にしている私です。
(でも、私は、両面印刷が好きです)

▲top

◆部品の確認
キホン中の基本ですが、部品は必ず確認しましょう。
この時に、完成写真と部品を眺めてなんとなーーーくでもいいからどこのパーツになるのか、考えておくと実際に組み立てる時に楽になります。
私は何も考えずに、マニュアル通り順番に作っていたら、左右対称に作るところで間違えることが多かったです。
最初に頭の中に完成図をイメージしておくだけで、こうしたミスは減ったんじゃないかな? と、今になって思います。

ねじは余分に入っているので、マジメに数えなくても大丈夫です(笑)

▲top

◆バッテリーの充電
組立開始する前に、バッテリーの充電を開始しましょう。
付属のACアダプターでバッテリーを充電時間するためには、約12時間かかります。
最初に充電をはじめておかないと途中で作業が中断してしまい、せっかくのモチベーションが急激にダウンしてしまう可能性があります。

充電をはじめるとランプが点灯します。
このランプは通電中ずっとついています。
充電が完了したときに、消えるわけではありません。
自分で充電開始時間をメモっておいて、大体12時間たったらOKと判断してください。
うっかり12時間を超えて放置しておいても、問題ないと近藤科学さんのサポートから伺いました。

また、KHR-1を楽しむためには予備バッテリーは必須です。
1個のバッテリーでロボットを動かせるのは15分位です。
イベント出場を考える人はもちろん、普通に楽しみたい方も2〜3個の予備バッテリーはあった方が楽しめます。
・ニッカドバッテリ:ROBOパワーセル( 平型)

充電器もあると便利です。便利というより、私は必須だと思います。
モーションを作成したり遊んだり15分使うたびに、12時間かけて充電ではお話になりません(^^;
付属アダプターだと12時間かかるバッテリー充電が、充電器(放電/充電器)を使用すれば、約30分で終了します。
実際にロボットでモーションを作成したり、楽しく遊ぶためには充電器がないとお話になりません。

【充電器】
・放電機能付急速充電器:MULTI CHARGER IV
・AC/DC EXPERT CHARGER
・ABCホビー AC/DCエキスパートチャージャー

ツクモロボット王国には、KHR-1と充電器のセット販売もあるので、最初からそちらを購入するのもお得だと思います。

【ロボットと充電器のセット】
・ロボット本体と充電器のセット
KHR-1&バッテリチャージャーセット 3改

・ロボット本体と充電器+無線コントロールユニットのセット
KHR-1&無線コントロールユニット&チャージャーセット3改

▲top

投票数:198 平均点:5.76
前
第3回 準備編
カテゴリートップ
KHR-1入門講座
次
第5回 組立(1)

ロボット・ファン.net