ロボット ファン コミュニティサイト = ロボット製作者 と ロボット愛好者 =

ホーム 最新ニュース 初めての方へ コンテンツ紹介 FAQ 掲示板の使い方 お問い合わせ
 
楽しむ
読む
知る
学ぶ
買う
サイト情報
三月兎
オンライン状況

27 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが ロボットキット を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 27

ロボットサイトランキングにエントリーしています。(^^)
ポチっとクリックしてみてね☆
ロボットサイト ランキング
サーバーは、 ここをつかってます。
トップ  >  二足歩行ロボットキット  >  電磁吸着ロボット ロボフィーVS-1
ロボフィーVS-1
ロボットキット

メーカー:ボークス
価格:186,900 円(税込)
(ロボット専用プロポ(SANWA製)同梱)
サイズ:高さ300mm、重さ:約1000g
自由度:16個
その他:無塗装のソフビ製外装付

ロボットショップ
ボークス公式サイト

ロボフィーは電磁吸着歩行を採用しているため、鉄板の上でないと歩くことができません。
今まで紹介してきたキットロボットとは、全くコンセプトが異なる商品です。
二足歩行ロボットは、まず研究者が学術的に研究するために生まれ、HONDAやSONYといった大手企業が自社の技術力をPRするために研究製作されてきました。
二足歩行ロボットキットも、まず最初のターゲットとなったのは、「ロボットに興味がある」技術者系の人達です。
プログラムはできるけど、機械加工は自信がない。
または、機械加工はできるけれどもプログラムはちょっと・・・。
上記のキットは、ホビーだけれども、どこかやっぱり技術者向けといった感じです。

その点、ロボフィーは、「ロボットはヴィジュアルだ!」という視点に立って開発されています。
二足歩行ロボットの作成で難しいのは、安定した歩行モーションです。これが要です。
私は、初期位置がどうのこうのと書いてきましたが、正確に言うとこれはとても微妙な問題です。
なぜなら、自分が開発している机の上と同じ条件はあり得ないからです。
開発している環境と、盤面が違う、水平が違う。
そうしたらイベント会場で、自分が作ったモーションが再現するかどうかは、難しい問題です。

ロボフィーは、そうしたホビーロボットがもつ難しさを電磁吸着を採用することで解決しました。
電磁吸着を使った歩行については、賛否両論ありますが、私は、「これはコレでありでしょう!」というスタンスです。
だって、ロボット製作の楽しさってモーションの作り込みだけじゃないと思うもの。
微妙な部分は電磁吸着に助けてもらい、ユーザーは外装に拘って夢のロボットを創る。
そういうホビーロボットの楽しみ方があってもOK〜だと思うのです。

ロボフィーの動画は、
No.031 フィギュアファン待望 ロボフィーVS-1
No.036 ロボフィー in キャラロボ

熱いレポートは、
◆ロボフィーVS-1 誕生
◆ロボフィー in キャラロボ

投票数:417 平均点:6.09
前
ブロックでロボット製作 レゴマインドストーム
カテゴリートップ
二足歩行ロボットキット
次
組み換え自在 Robovie-MS

ロボット・ファン.net