ロボット ファン コミュニティサイト = ロボット製作者 と ロボット愛好者 =

ホーム 最新ニュース 初めての方へ コンテンツ紹介 FAQ 掲示板の使い方 お問い合わせ
 
楽しむ
読む
知る
学ぶ
買う
サイト情報
三月兎
オンライン状況

24 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが ニュース を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 24

ロボットサイトランキングにエントリーしています。(^^)
ポチっとクリックしてみてね☆
ロボットサイト ランキング
サーバーは、 ここをつかってます。
  
投稿日時: 2010-07-08 17:23:30 (1074 ヒット)

七夕の7月7日、青色LEDを光源にしたプラスティック球を約5万個放流し、川面に天の川を演出するイベントが、大阪で開催された。
このLED球は「いのり星」と呼ばれる。昨年、実証実験で2.5万個を放流し、今年からイベントとしてスタートした。放流エリアは、大阪市のビジネス街を流れる大川の八軒家浜〜大阪市中央公会堂までの約1.9km。イベント参加者は、七夕の短冊と絵本がセットになったキットを1000円で購入。短冊をスタッフに託すと、いのり星を放流してもらえる。
水面を青く彩りながらゆらゆらといのり星が流れて行くようすは、幻想的で美しかった。ちなみに、流された球はすべて回収し再利用するという。

ロボットファン.net
■平成OSAKA天の川伝説 http://inoriboshi.jp/


投稿日時: 2010-07-04 17:19:47 (1238 ヒット)

2010年7月2日、共立電子産業が運営する電子パーツ専門店「シリコンハウス」が移転し、店舗規模を拡大しリニューアルオープンした。
新店舗は、日本橋5丁目・堺筋東側。7階建ビルの1〜3階を店舗として利用。シリコンハウスに既存店のテクノベースを統合し、売り場面積を大幅に拡大した。通路が広くなり、ゆったりと買い物が楽しめる店となった。
従来のシリコンハウスでは取り扱いが少なかった中古計測機器コーナーを3階に設置。触って試せる機器もあるという。
8月22日までリニューアルオープンキャンペーンを実施。買い物をされたユーザー全員に週替わりで共立オリジナルグッズがプレゼントされる。今週は、LEDキーホルダーだった。


ロボットファン.net
■シリコンハウス共立
URL:http://www.siliconhouse.jp/
移転先 (上新電機スーパーキッズランド日本橋店 跡)
〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5-8-26 共立本店ビル
シリコンハウス営業所:TEL 06-6644-4446 FAX 06-6644-6666
シリコンハウス移転案内
http://keic.jp/renew/


ロボットファン.net ロボットファン.net


投稿日時: 2010-02-22 22:03:34 (843 ヒット)

レスキューロボットコンテスト実行委員会は、第10回レスキューロボットコンテストの採択チームを発表しました。

レスキューロボットコンテスト(以下、レスコン)は、大規模都市災害における救命救助活動を題材としたロボットコンテストです。1995年の阪神・淡路大震災をきっかけに、スタートしたコンテストです。将来、レスキューロボットが実現するための要素技術(遠隔操縦技術、対象物をやさしく扱う技術、複数のロボットの協調技術等)を1/6スケールの市街地模型の中で競うものです。

阪神・淡路大震災から15周年の節目となる今年は、過去最大の23チームが採択されました。競技会予選は、2010年7月4日(日)に、競技会本選を8月7・8日に、神戸サンボーホールにて開催します。

【採択チーム】

  • アンダス(広島大学教育学部)
  • SLR-Rescue(香川大学 学生ロボット研究所)
  • MS-R(金沢工業大学 夢考房)
  • MCT(松江高専機械工学科)
  • おかQ(岡山大学ロボット研究会)
  • Orange Robotics(愛媛大学ロボット研究会)
  • 救命ゴリラ!S(大阪電気通信大学 自由工房)
  • 救命ゴリラ!B(大阪電気通信大学 自由工房)
  • K.U.R.C.(京大機械研究会)
  • SANZOU(福山大学)
  • SHIRASAGI(兵庫県立大学ロボット研究会)
  • とくふぁい!(徳島大学 ロボコンプロジェクト)
  • 長湫ボーダーズ(愛知工業大学)
  • なだよりあいをこめて(神戸市立科学技術高校)
  • Fukaken(大阪府立高専 福祉科学研究会)
  • 都工機械電気(大阪市立都島工業高校 機械電気科)
  • メヒャ!(岡山県立大学ロボット研究サークル)
  • レスキューHOT君(近畿大学産業理工学部)
  • レスキューやらまいか(静大ロボットファクトリー)
  • 六甲おろし(神戸大学)
  • ROBO+(同志社大学 ROBO+)
※主催者枠
  • がんばろうKOBE(神戸市立高専)
  • 太助隊(産業技術短期大学)
  • ■レスキューロボットコンテスト URL:http://rescue-robot-contest.org/


投稿日時: 2010-02-21 18:08:15 (1497 ヒット)

富士ソフト株式会社(本社:神奈川県横浜市)が、知能化技術を統合させたヒューマノイド・ロボット「PALRO(パルロ)」を開発、3月15日(月)より販売を開始する。

「PALRO」は、身長39.8cm、体重1.6kg のヒューマノイド・ロボット。全身で20軸(腕3軸×2、脚6軸×2、頭部2軸)の構成になっている。名称は、pal=友達、ro=ロボットに由来。自律で移動し、人と自然な会話を行うコミュニケーション能力を有する。

機能拡張を可能にするソフトウェア・プラットフォームを搭載。ユーザーに情報やサービスを提供するパーソナル・ホーム・コンシェルジュとして成長させることが可能となっている。アプリケーション開発には、オープン・アーキテクチャを採用し、専用ライブラリを提供することで機能拡張をサポートする。

教育機関を対象に、教育機関モデルを3月15日から298,000円(税込)で先行販売。コンシューマー向けの一般販売は、2010年度中を予定。初年度の出荷台数は1,000体を予定している。

■ヒューマノイド「PALRO」(パルロ)
http://www.fsi.co.jp/solution/robot/palro/index.html

■プレスリリース
http://www.fsi.co.jp/company/news/100201.html


投稿日時: 2010-02-19 22:13:26 (833 ヒット)

デコラティブシステムは、鏡やウィンドウに貼るだけで映像を投影できる特殊フィルム「Vikuiti(ヴィキュイティ)」を紹介しました。
昨年夏、JR大阪駅のコンコースで行われていた新製品キャンペーンで、人型の薄いモニターに映像が映っているのを見ました。モニターの映像が台詞とともに動き、製品説明をしていて、すごくインパクトがありました。カメラを持っていなかったのが、悔しかったです。
上記写真の映像中央に映っているのが、その時のようなバーチャルマネキンです。

今回の実証実験で、同社の展示を見て「これだったのかぁ」と合点がいきました。「Vikuiti(ヴィキュイティ)」を透明なアクリル板に貼って、人型にカットしてプロジェクターで映像を当社していたわけです。今回の実証実験では、四角のフィルムを窓ガラスに貼っていたので、一見すると普通のモニターとの違いが分かりづらいのですが。アイデア次第で、道行く人が思わず足を止めるほど面白いコンテンツが作れるシステムです。

今回展示されていた宝飾品を彩るアイデアもその1つ。ハーフミラーに投射された幻想的な映像が、アクセサリーをキラキラと彩って、イメージアップしていました。

ロボラボ実証実験

取材記事は、ロボナブルに掲載していただきました。
2010.02.18 デコラティブシステム、リアプロフィルムによるデジサイ披露、ガラス面をモニターに

■デコラティブシステム株式会社 URL:http://www.decora.jp/


« 1 2 3 (4) 5 6 7 8 »
ロボット・ファン.net