ロボット ファン コミュニティサイト = ロボット製作者 と ロボット愛好者 =

ホーム 最新ニュース 初めての方へ コンテンツ紹介 FAQ 掲示板の使い方 お問い合わせ
 
楽しむ
読む
知る
学ぶ
買う
サイト情報
三月兎
オンライン状況

26 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが ニュース を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 26

ロボットサイトランキングにエントリーしています。(^^)
ポチっとクリックしてみてね☆
ロボットサイト ランキング
サーバーは、 ここをつかってます。
ロボットニュース
ロボットニュース : GW、大工大にて「ロボカップジャパンオープン2010」開催
投稿日時: 2010-01-21 22:18:00 (776 ヒット)

1月19日、大阪工業大学において、ロボカップジャパンオープン2010大阪開催委員会が、「ロボカップジャパンオープン2010大阪」の開催を発表した。

今年は、大阪工業大学の大宮キャンパスを会場にして開催する。日程は、5月2日(日)〜4日(火・祝)、10:00〜18:00。入場料は1日1,000円(前売り800円)、中学生以下無料。

ロボカップは、“2050年に人間の世界チャンピオンチームに勝てる自律型ロボットのチームをつくる”という夢を掲げて、1998年にスタートしたランドマーク・プロジェクト。その過程で生み出された技術を社会に還元し、生活に活かされることを目指している。

そのため、サッカー競技だけではなく、災害時に活躍する「レスキューロボット」や日常生活の中でロボットと人のコミュニケーションを課題とした「@ホーム」、未来の技術者を育成するジュニアチャレンジなどのリーグがある。

今年からヒューマノイドリーグに、身長130〜160cmのアダルトサイズクラスが新設。大阪大学と大阪工業大学が合同チームを作り、ロボカップヒューマノイドリーグ5連覇のヴイストン株式会社のアドバイスを得て参戦する。アダルトサイズは、テクニカルチャレンジで、スローイング・障害物回避ドリブル・徒競走の3種目で競う。
また従来のTeenサイズも、今年から2on2の試合形式で競技が行われる。


昨年は京セラドームで開催するなど、ここ数年のロボカップはイベント化する傾向があった。今年は、ロボカップジャパンオープン2010大阪開催委員会と大阪工業大学が主催し、研究・教育・産業という面を強調した形で展開していく。大阪の中小企業と大学研究室で、産学交流プラザ的な情報交換する場を設ける予定だという。


■サイト
ロボカップ日本委員会
http://www.robocup.or.jp/

ロボカップジャパンオープン2010大阪 参加者用開催情報
http://www.robocup.or.jp/2010JP_OPEN_1/



投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
ロボット・ファン.net